一次・二次大戦
311617 野党政治家も大手マスコミも学者も有識者も決して言わない日本と世界のタブー:天皇の犯罪@
 
花山薫 ( 兵庫 会社員 ) 16/01/23 AM00 【印刷用へ
リンクからの引用

1.ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィアと米国支配層は、昭和天皇に【大日本帝国建設】を名目にアジア・太平洋侵略戦争を勃発させ5,000 万人の死者と国民経済の全面破壊をさせた!
 
2.ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィアと米国支配層は、ナチス・ヒットラーに【第三帝国建設】名目にユーロッパ・ソ連・北アフリカ・中東侵 略戦争を勃発させ、8,000万人の死者と国民経済の全面破壊をさせた!
 
3.昭和天皇はアジア・太平洋侵略戦争を【負け戦】として戦うよう指令された!
 ユダヤ・ロスチャイルド国際金融マフィアと米国支配層は、【日本最大の秘密】=【明治維新は伊藤博文と田布施マフィアによって二人の天皇を暗殺し 明治天皇を差し替えたクーデターだった】ことを暴露すると昭和天皇を恫喝し【侵略戦争開始】と【負け戦】を指令した!
 
4.山本五十六連合艦隊司令長官は最初から【負け戦】を知っていた!
 彼は真珠湾攻撃を第一波の空爆で切り上げた。【勝つ戦】であれば、第一波→海軍基地占領→ハワイ島占領→米国西海岸空爆→米国東海岸空爆の【勝つ 戦】を仕掛けたはずだが、彼は意図的にやらなかった。彼は愛人と遊んでいたのだ。
 
5.ルーズベルト大統領は、1939年にサンディエゴ海軍基地をハワイ真珠湾に移転させ日本の攻撃を待ち伏せていた!
 ルーズベルト大統領は日本を戦争に引きずり込むために、鉄と石油の対日輸出を禁止し『罠』を仕掛けて待っていたのだ。
 
6.米国による広島、長崎への原爆投下は戦争の早期終結のためではなく、黄色人種を使った原爆の人体実験だった!
 
米国支配層は開発した二種類の異なった原爆、ウラン型とプルトニューム型をそれぞれ個別に人体実験するために、ウラン型原爆を広島に、プルト ニューム型原爆を長崎に投下した。しかも広島では一般市民の被害を最大にするために、学生や労働者が活動を開始する午前8時15分に時間を絞って 爆発させたのだ。広島の犠牲者20万人、長崎での犠牲者14万人は、昭和天皇とトルーマン大統領とスチムソン陸軍長官によって殺されたのだ!
 
7.原爆の広島投下は昭和天皇が指示した!
 昭和天皇は原爆完成直前に米国主導層から原爆投下地の希望を聞かれ広島と指名した。なぜならば、昭和天皇が一番恐れたのは降伏の際に陸軍がクーデ ターを起こすことであった。広島は陸軍の半数が集数する第二総軍の司令部が置かれており昭和天皇は原爆による第二総軍の壊滅を考えたのだ。
 
8.原爆の長崎投下は日本キリスト教の中心地長崎を破壊するためになされた!
 米国では原爆使用を決定する政府と軍部の最高幹部はフリーメーソン員らによって占められていた。そして原爆の投下地点の最終決定権は、フリーメー ソンの最高幹部が秘密裏に団結する【死の血盟団】のスチムソン陸軍長官が握っていた。彼は原爆の投下目標リストから京都を外して密かに長崎に替え た。なぜならば、【フリーメーソン】はルシファー(悪魔・堕天使)を信仰する秘密宗教であり反キリスト教であり、スチムソン陸軍長官は戦後日本の 復興は非キリスト教徒が中心となるべきと考えた。
 
  List
  この記事は 311525 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311617
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
312600 酢と食品原料だけで消火器が作れる〜すでに実用化されている 志水満 16/02/23 PM11
312583 イスラム教の利子を取る商売をしてはいけないと言う戒律こそが、数々の偽旗テロ事件で「犯人はイスラム過激派」とされてきたことの原因 惻隠之心 16/02/23 PM02
312581 「米中に対立関係なし。AIIB設立を持ちかけたのは米国」最新分析 志水満 16/02/23 PM00
312580 中国が恐れる指導者、ヒラリー・クリントン大統領は誕生しないかもしれない 惻隠之心 16/02/23 AM11
312556 間もなく現金は消滅する―犯罪対策か、資金の流通を完全に管理下に置く狙いか? 志水満 16/02/22 PM06
312527 すり傷は消毒せずに○○する 惻隠之心 16/02/21 PM06
312514 ノーベル賞受賞者の論文ですらランクインしない「世界で最も引用された論文トップ100」 志水満 16/02/21 AM03
311618 野党政治家も大手マスコミも学者も有識者も決して言わない日本と世界のタブー:天皇の犯罪A 花山薫 16/01/23 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp