アメリカ→官邸→マスコミによる支配
311609 甘利氏はなぜ、失脚させられるのか
 
本田真吾 HP ( 壮年 香川 建築家 ) 16/01/22 PM09 【印刷用へ
驚くほど綺麗にそろった証拠。疑いではなく有罪確定レベルの状況。あきらかに甘利大臣は失脚のターゲットにされている。手口は、米戦争屋CIAジャパンハンドラーのものとまったく同じ。TPPの報道の中でまったく触れられない、金融関係利権が原因か?

/////////////////////////////////////////////////////
新ベンチャー革命(リンク)より転載
 
甘利氏はなぜ、失脚させられるのか
 
 田中角栄、中川昭一、橋本龍太郎、小沢一郎、鳩山由紀夫など、過去に失脚・無力化させられた政治家の大物は、そろって、日本を乗っ取っている米戦争屋CIAジャパンハンドラーに逆らったからであるのは明らかです。
 
 安倍氏も最初、中川氏に近いことから警戒されて、一度は失脚させられましたが、二度目の自民総裁就任オファーのとき、彼らに絶対服従することを約束させられていると思われます。だから少しでも逆らったら、安倍氏もすぐさま、失脚させられます。
 
 さて、今回、失脚ターゲットにされた甘利氏はなぜ、狙われたのでしょうか。やはりTPPと関係があるでしょうか。

 本ブログでは、TPPというのはUSTRという米国寡頭勢力の対日圧力機関がでっち上げたシロモノであると観ています。日本を乗っ取っている米戦争屋は日本を日米太平洋戦争の戦利品と位置づけており、日本から可能な限り国富を奪取しようと狙ってきました。USTRはそのための対日交渉窓口です。そして彼らが掲げているTPPは実質的に対日搾取の取決めです。TPPに日本以外の国が入っているのは、対日搾取の正体をカムフラージュするためと本ブログでは観ています、なぜなら、昔はTPPを日米構造協議とか対日年次改革要望書とか呼んでいたからです。

 米戦争屋の対日搾取作戦に関して、欧米銀行屋も加わっていますから、彼らが構成する米国寡頭勢力は、今後、日本国民の国富を徹底的に奪取するつもりです(注3)。
 
 我らの厚生年金積立金はすでに、20兆円以上、欧米銀行屋に空売りとデリバティブの権利行使で合法的に奪取されましたが、これは序の口です。彼らが狙っているのは、郵貯簡保300兆円、厚生年金積立金130兆円、農協預貯金400兆円という合計830兆円の日本国民資産(民間金融機関以外の国民金融資産)です。
 
 このような米国寡頭勢力の対日戦略を知り過ぎているのが甘利氏なのです。これまで、米国寡頭勢力の思惑通り、TPPが進まなかったのは、意外に、甘利氏(故・中川氏と親しい)が粘ったからという見方もできます。
 
  いずれにしても、米国寡頭勢力にとって、上記、830兆円を合法的に奪取するのに、甘利氏の存在が邪魔になっている可能性があります。
 
 もしそうなら、最悪、故・中川氏のような悲劇が待ち受けている可能性すら否定できません。もしそうなら、マスコミに煽られて単純に、甘利氏を糾弾することはできません。日本のマスコミは小沢氏や鳩山氏の失脚・無力化工作に協力してきた前科があります。みんな、日本の悪徳ペンタゴン・マスコミの扇動には決して乗らないようにすべきです。
 
  List
  この記事は 308529 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311609
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
311975 甘利辞任で支持率上昇というウソのようなウソ 佐藤晴彦 16/02/03 PM10
311677 TPP担当大臣・甘利氏失脚工作の黒幕は依然、不透明:東京地検特捜部がどう動くかに注目すべき 新聞会 16/01/25 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp