国債経済とその破綻(大破局の予感)
311608 「ドルと原油と中国と、そして株価A」の検証
 
冨田彰男 ( 52 兵庫 経営管理 ) 16/01/22 PM08 【印刷用へ
また「ビジネス知識源」は、「ドルと原油と中国と、そして株価A」311595で、'14年7月からの原油価格の暴落の理由として、次の4点を挙げている。

@中国と新興国の経済成長が'14年から減速し、原油・資源・食品の需要が減った。
A米でシェールオイルの開発が進み、米がサウジアラビアを抜いて世界一の産油国となり、原油が供給過剰になった。
Bサウジアラビアがシェールオイルを赤字にして潰すべく、原油価格を下落させた。
Cヘッジファンドが、原油・資源・商品市場から資金を引き揚げ、米国債の買いに回帰した。

ここにも、いくつかの矛盾点がある。
@中国もBRICSの経済成長率の低下は'14年に始まったものではない。'10年以降、中国・BRICSの経済成長率はインドを除いて年々低下している。「BRICS辞典」リンク
例えば、銅価格一つとっても'11年から下落が始まっている。リンク
従って、経済成長の低下が'14年7月以降の原油価格暴落の主原因とは云い難い。

Aまた、世界の石油生産量と消費量を比べると、'10年以降は常に生産量を消費量が上回っており、需給関係上は原油価格は下がらないはずである。
「BP エネルギー統計 2015 年版解説シリーズ(石油+天然ガス)」リンク
ましてや、今回は'14年7月〜'16年1月までのわずか1.5年で、原油価格が30%以下にまで暴落している。'08年リーマンショックの時の暴落に匹敵する史上最大級の暴落であり、これほどの暴落は需給関係では到底説明できない。

B「シェールオイルがアメリカ経済の救世主」という話は嘘であることを仏ルモンド紙が明らかにしている。275815
実際、米のシェールオイル開発会社は倒産している。300343
つまり、放っておいてもシェールオイルは潰れるのであって、サウジアラビアが、そんなことのために原油価格を下げるはずがない。

このように、'14年7月以降の原油価格の暴落は、需給関係によるものではなく、何らかの投機勢力によるものだとしか考えられない。
かつ、その下落幅から考えて、単にヘッジファンドが原油を売ったというレベルではなく、もっと巨大な勢力が動いているはずである。
 
  List
  この記事は 311607 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311608
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp