健康と食と医
311241 身体が酸性に傾き過ぎると、様々な健康障害が発生する
 
大友公輝 ( 29 京都 会社員 ) 16/01/10 PM08 【印刷用へ
現代の食事は酸性に偏りすぎていて、気をつけなければ、常に酸化した老廃物が体内に溜まっていく。それが様々な健康障害を引き起こし、万病へ繋がっていく。体を弱アルカリ性に保つような生活習慣を心がけたい。

以下リンク先より引用です。
「身体が酸性に傾き過ぎた時の症状」
リンク
---------------------------------------
身体が酸性に傾きすぎると様々な健康障害を生むものです。生活習慣病だけでなく頭痛や咳も出やすくなるそうですから驚きです。
日頃から身体を弱アルカリ性に保ちたいものです。そのためにも肉や穀類を食べるときは必ず野菜や果物を十分に食べるようにしましょう。
ただし、良く分からないのですが、生まれつき酸性の体質があるそうです。その場合はタンパク質を食べるとアルカリ性に傾くそうです。自律神経系が優勢の身体と言う意味が良く分かりませんが。。。その場合は野菜や果物でアルカリ性に傾くそうです。
一般的には青汁や重曹で身体がアルカリ性に傾くのでしょう。
年末年始の暴飲暴食には気を付けましょう!

リンク
(概要)
12月28日付け
毎日、多くの人々が乳製品、肉、穀類、砂糖などの酸性食品をたくさん食べています。体内には常に酸化した老廃物が溜まりますので、これらを中和するか体外に出さなければなりません。そのためにもアルカリ性食品を食べる必要があります。

軽度の酸血症(身体が酸性に傾きすぎた時)によって生じる健康障害:

・歯茎の炎症、虫歯
・免疫欠損
・坐骨神経痛、腰痛、斜頸
・呼吸困難、息切れ、咳
・酵母菌の異常繁殖
・脱力感と慢性疲労
・血管狭窄、酸欠症を含む心血管損傷
・心臓疾患、不整脈、心拍数の増加
・体重増加、肥満、糖尿病
・膀胱炎、腎臓炎
・フリーラジカル(細胞を攻撃する過激分子)によるダメージの加速
・早期老化
・吐き気、嘔吐、下痢
・骨粗しょう症、股関節部の骨折、骨棘
・頭痛、精神錯乱、眠気
・関節痛、筋肉痛、乳酸の蓄積
・アレルギー、ニキビ

身体は自らpHバランスを調整しようとしますが、それには相当の代償を払うことになります。体内(胃腸以外)の細胞組織や体液は全てアルカリ性です。最適なpHレベルは7.354〜7.45です。健康的なpHの範囲は6.75〜7.25です。
身体が酸性に傾きすぎると小腸の消化酵素系からアルカリ性の成分を血液に取り入れます。
つまり、酸性に傾きすぎると小腸の消化が不十分になります。 身体は自らpHレベルを調節出来ますが、その結果、健康障害を生むことになります。
しかし酸性食品の肉、穀類、砂糖などを食べ過ぎたり、アルカリ性食品の野菜や果物を食べ過ぎても、身体はどちらかに偏りすぎますのでよくありません。何事もバランスが重要です。

ただ、酸性食品やアルカリ性食品に身体がどのように反応するかは、身体が生まれつきどのタイプかにもよります。生まれつきの体質が酸性であれば、野菜や果物を食べると酸性に傾き、タンパク質を食べるとアルカリ性に傾きます。しかし自律神経系が優勢の体質(ここは理解不明です)ではタンパク質は身体を酸性に傾け、野菜や果物はアルカリ性に傾けます。

酸性に傾いて身体を弱アルカリ性にするには:

1. pHレベルと定期的にチェック

2. 水をたくさん飲む(できればアルカリ水が良い)

3. 酸性食品を食べるのを止める

4. 昼食にグリーンサラダをたくさん食べる

5. レタスやコラードの若葉で包んで食べる
6. 加工食品は止める

7. ソーダ水、砂糖、コーヒーを止め、ハーブ茶や緑茶を飲む

8. 牛乳の代わりにココナッツミルクやアーモンドミルクを飲む

9. 青汁や野菜ジュースを飲む
 
  List
  この記事は 296087 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311241
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp