試験・身分制度の根深い害
311119 学校教育が生み出す「暗記脳」と言語能力の低下
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 16/01/07 PM01 【印刷用へ
現代人の精神を蝕んでいるのは、近代思想が作り出した「自分脳」と「否定脳」だけではない。学校制度が作り出した「暗記脳」も、現代人の思考力をドン底にまで劣化させてきた。そして、学校制度と近代観念が相俟って、人々を完全なる思考停止の檻に閉じ込めている。これは精神破壊とも言うべき所業であり、人類に対する致命的な犯罪である。

事実、明治以降、日本人の言語能力は低下する一方であるが、その最大の原因は、学校や塾の「教える教育」にある。
他方、例えば職人の世界では、師匠が弟子に教えるということはほとんど行われない。徹底して何も教えず、「どうすればできるか」を弟子自らの頭を使って考えさせる。そのような教育が、追求力を培い、世界でも群を抜くレベルの技(技術力)を生み出してきた。
しかし、学校教育が始まると、教育は答えを教える講義型スタイルに一変した。答えを一方的に教えられると、生徒は分かったつもりになり、そこで思考を停止する。
教える教育が恐いのは、答えを大量に詰め込めば詰め込むほど、追求力が低下してゆくという構造である。その典型が優秀生を集めた中学受験塾の詰め込み型授業だろう。その結果、言語能力を始めとする現代人の思考力は、惨憺たるレベルにまで落ち込んでしまった。

昔の一高生や三高生は、よくデカンショ節などを放吟していたが、デカンショとはデカルト・カント・ショーペンハウエルのことで、試験に出る訳でもないのに、彼らはそれらの難解な哲学書を読みこなしていた。つまり、昔の東大・京大生は余裕を持って入学してきた。だから、優秀な人が多かった。
しかし、’70年、豊かさが実現され、誰でも大学に行けるようになると、受験競争が激化し、中学受験塾が幅を利かすようになる。そこでは、小3の頃から勉強漬けにされ、全く追求力のない「暗記脳」が強固に形成されてしまう。勉強漬けにしないと、合格できなくなって終ったからである。その上、受験勉強を通じて、「自分脳」の極致ともいうべき歪んだエリート意識にも染められてしまう。
しかし、現実の社会でぶつかるのは、答えのない問題ばかりであり、決まりきった答えやパターンを暗記しているだけの暗記脳では、全く答えを出せない。かくして、暗記脳しか持ち合わせていない(かつ、己の利権を維持することしか頭にない)無能な受験エリートに率いられた日本は、わずか20年の間にガタガタになって終った。

受験圧力に押し潰され、生きる意欲を失っているのは、東大・京大生だけではない。大半の学生が、親や先生から「いい生活、いい大学」と言われ続けて来たが、「いい大学」を出た筈の父親を見ても、とても「いい人生」とは思えず、従ってそんな目的では意欲が湧いてこない。それに、教科書や問題集に書かれていることが、何の役に立つのか、よく分からない(実際、実社会では、殆ど役に立たない)。加えて、それらのテキストは大半が今や引力を失って終った近代観念で書かれているので、何の興味も湧かない。今や、志を持って勉強してきた者は殆ど居らず、親に言われて「仕方なく勉強してきた」学生が大半である。
それどころか、勉強だけではなく、部活にも、仲間づきあいにも意欲が湧かず、何の為に生きているのか分からないまま「仕方なく生きている」学生も多い。しかし、それは子供や若者だけではなく、40代の壮年も、同じなのかも知れない。(私見だが、若者が大学に行かなくなれば、それだけでもこの社会は随分と活力を取り戻すに違いない。)
 
  List
  この記事は 311082 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311119
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
335865 「東大卒」の半分が失業する時代 麻丘東出 18/05/22 AM09
330247 遊びの場には勝者も敗者もいません 男と女の職場話 17/10/08 PM08
丸暗記してもろうても後がありませんわな 「男と女の職場話」 16/09/07 PM04
318988 追求への一歩は”なぜなぜ期” 鎌田 華菜 16/08/28 PM08
317445 近代化で日本人の言語能力は低下する一方 山澤貴志 16/07/17 PM10
317075 能力の低下 寺嶋眞一 16/07/07 AM01
313934 高学歴社員により去勢された家電メーカー 石山 巌 16/04/07 PM09
313918 【図解化】「新・追求のススメ  学校教育が生み出す「暗記脳」と言語能力の低下」 千葉大生 16/04/07 AM10
312958 人間関係も暗記脳になっていないか? 匿名希望F 16/03/07 PM03
312938 虚しい勉強はやめよう 彗星 16/03/06 PM09
312140 企業のホンネ「大学院修士卒より学部卒が欲しい。」 今野恵祭 16/02/09 AM10
311168 市場の危機とは、国債経済の破綻であり、金貸し支配の終焉である 岡田淳三郎 16/01/08 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp