私権社会の婚姻制
31070 「地獄の沙汰も金次第」
 
槇原賢二 ( 30代 大阪 塾講師 ) 02/05/16 PM02 【印刷用へ
>そして、いったんお金が万人の共認する最先端価値=評価指標となってしまうと、(国家によって施される場合を除いて)芸能であれ、情報であれ、全てはお金と引き換える事の出来る形に商品化しなければ供給できなくなり(∵メシが喰えない)<(30710)

「地獄の沙汰も金次第」という諺は、室町時代にできたと聞いたことがあります。室町時代以降、「金、金、金」といったお金の哲学は「現世的真理」として貫徹していったようです。その状況を端的に表すものに室町時代の末期に書かれた『人鏡論』という小冊子があります。

それは、道無斎という「くせもの」がいて、神・儒・仏の達人たち三人のお伴をして伊勢参りをし、その道中で金の哲学を展開して、それら既成思想家たちの思想をことごとく粉砕してしまうというお話です。

たとえば、大津の打出の浜に出たとき、みんなで比叡山を眺めて詩歌をつくったとき、道無斎がいうには、
「面白くも有り難きものは金にて侍る。ひえの紅葉も、ながらのみねの錦も、横川の月も、金がなくては更におかしくも面白くもあるまじ。仏も色々口を聞給えども、七宝の最初に先ず金銀と説き給ひ、もろもろの浄土も金銀の荘厳を第一とせり。孔子も老子も今日の禄ゆえに心を苦しめ、あまた道を語り述べられたり。我国の神道も金銀なくては知りがたし。」といった様子です。

いくらお金があっても、賎しい者は高い身分になれまいという儒者の問いには、お金で身分を買った男の話で切り返します。

そして、一行が伊勢に着くと、「ここほどの人らも皆金の神道になり」ており、かつては僧尼の出入りを禁じていたのが、今は金さえ出せば神前まで入りこめたので、一行の中の神道家が怒って神主につめよると、神主は「それはお金が神前近くに参りたるにて、出家は参り申さず」と空うそぶく・・・。

「金は万物の長にして、乾坤のたから、無上如意宝殊にて候也」と道無斎は言い放ちます。

宗教やあらゆる聖人君子主義の類は、非現実であり、いわば現世にサジを投げ、希望を現世でない別のところにかけています。現世的には力が弱いわけで、現世に可能性を求めるには、万人が評価指標とした「お金」に収束することになります。

このような「金の哲学」が広まると同時に、日本でも、ほんとうの意味での私有財産制が出現します。鎌倉期までは、総領制といって、一族による財産共有制がとられていたが、室町時代以降、一族のなかの個々の家族が独立して、家父長による嫁取婚(ヨーロッパでは、既にローマの掌握婚として見られます)を基礎とする家父長式家族が社会の経済単位となってきたようです。

ヨメトリという言葉は、室町時代に書かれた『今川大双紙』が初見のようで、以降、続々と見られるそうです。また、鎌倉期までは、メカケやテカケという言葉は、まだできていなかったようで、室町以後の所産だそうです。鎌倉期までは、特別な言葉ができていなかったが、室町以降は、男が手をかけたもの、目をかけたもの、つまり女は男の所有物という観念が生まれてきたようです。「ツマ」という言葉も元々は、わが片はし、半身という意味で、夫婦がお互いにいいあう言葉だったようです。しだいに女だけを指すようになり、やがて「刺身のツマ」というような意味のツマになってしまいました。

女の地位が、このように変化するといわゆる「働き」のある男、「甲斐性」のある男、金持ちほど多妻的になってきます。いいかえれば、妻の多少がすなわち富の多少を表すことになります。妻・妾なるものが一種の家畜であり、商品であり、富であるという世の中になってきては、その数が多ければ多いほど、それは、所有者である男の甲斐性を表すこととなり、名誉となるわけです。
 
  List
  この記事は 30710 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_31070
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp