マスコミに支配される社会
310455 世論調査の捏造値〜全国紙は嘘しか書けない〜
 
匿名希望 15/12/23 PM04 【印刷用へ
世論調査が怪しいことは前々から知っていましたが、ここまではっきりと数字が出されるとは。


リンクより引用


「安倍政権のメディア操作」
「暴露グラフ:新聞」などで明らかになった通り、
世論調査は、どの全国紙も真っ赤な嘘です。
世論調査に真実は、1紙もありません。
 
=地方紙が真実=
政府から圧力を受けていない「地方紙」、
電通に収入源を握られてない「地方紙」が行った調査なら
真実のデータを、やっと知ることが出来ます。
  
安倍内閣            支持  不支持
福島民報6/29         28% 50%
十勝毎日新聞8/15        26%
埼玉新聞8/29         16% 83%
日本農業新聞10/28       18% 59%
MXTVが生放送で世論調査2/14  25% 71%
北海道TVも、生放送で調査10/7 17% 74%

安保法案に        賛成   反対
福島民報6/29         14% 51%
神奈川新聞9/13         5%  94%
静岡市で街頭シール回答9/13   2%  94%
誰も文句が無い、
デモ人数の差なら→       1%  99%
 
この通りまったく違います。全国紙は内閣支持率を
なんと2倍以上も偽っているのです。
安保に賛成なんて4倍も捏造ですよ?
一番正確なデータで誰も異論がない、デモ人数の差なら、
99%:1%ですよ?
世論調査は40倍も誇張していたのです。産経は70倍。

 
=今日のポイント=
内閣支持率は、全国紙の1/2で聞くべし。
政策賛成の世論は、1/4が正しい値です。
  

(注)自己顕示欲が旺盛なカルト総理の場合は、
世論を40倍も偽って発表しています。
=アベノ手口=
国民猛反対の安保を決めたら→支持率UPした?@9/30
国民猛反対のTPPを決めたら→支持率UP?@10/8
やりたい放題です。

外交/自民navi/出世navi
今回のシリーズNAVI

▼アベノ報道弾圧
└報道歪曲の履歴2012〜
└世論調査は4倍ねつ造
└本当の支持率が判明!

※真実の情報源×16個
※リアルタイム情報源×25個
 

日本の報道のカラクリ。
電通に収入の全額を
握られている犬=TV新聞が
真実なんて書ける訳ないのです。

大手は全社が嘘です。
読売新聞、毎日新聞、朝日新聞
産経新聞、共同通信、時事通信、
日本TV、TBS、フジTV、
TV朝日、TV東京、NHK
今後も永久に嘘しか出て来ません。
この構図↑を知れば(根本から)納得でしょう。
今回たまたまでなく今後も一切、真実なんて出て来ません。  
 

いまだに世論調査を信じている国民がいるので
「全部が全部、嘘だ」と教えてあげて下さい。
地方紙!
以外に本当の世論調査は無いのです。
 
支持率は1/2です。
政策賛成は1/4なのです。
 
 
これを全国民の常識にすべきですね。拡散しましょう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_310455
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
TV・全国紙の世論調査は<全部>嘘! 「日本を守るのに右も左もない」 16/03/06 AM11
311545 現代世論を操作する方法 大友公輝 16/01/20 PM07
311497 2年前の自民党選挙公約 328項目中25項目しか実現できず 惻隠之心 16/01/18 PM11
311169 正月再放映のBS朝日「美味でそうろう」は、天保の改革(老中水野忠邦)を捩って、安倍政権とアベノミクスをなじる時代劇。 持国天 16/01/08 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp