世界各国の状況
310341 プーチンの2016年,新年のスピーチ - 私はイルミナティを倒すつもりです!
 
惻隠之心 ( 59 大阪 会社員 ) 15/12/19 PM11 【印刷用へ
ジェイコブ・ロスチャイルドは、ロシアがシリアのISISとの闘いに「いたずらっ子, 腕白者.悪漢, ごろつき;不正直者, 詐欺師のように振る舞う」中で、新世界秩序への反逆者である事でプーチン大統領を非難した、その後、プーチンはイルミナティにはっきり敵であることを告げたようだ

以下引用です
◆プーチンの2016年,新年のスピーチ - 私はイルミナティを倒すつもりです!
リンク

◆Putin’s 2016 New Year Speech – I’m Going To Defeat The Illuminati

勇敢なプーチンは、最後の最後にイルミナティと対決する為に第三次世界大戦の勃発を阻止する必死の試みをする事を明らかにした。と、クレムリンの情報源が主張しています。

Brave Vladimir Putin appears set for a face off with the Illuminati in a last minute, desperate attempt to stop the outbreak of World War III, Kremlin sources claim.

ブラック・ラブラドール、ヒグマ、そして150万人のチェチェン人を含むペットを所有するプーチンは、再びバラク・オバマ、トルコ空軍、およびISISよりも2ステップ先にある事を証明し、注目すべき3週間早い彼の2016新年の決議を決定しました。

Putin, whose pets include a black Labrador, brown bear, and 1.5 million Chechans, has decided on his 2016 New Years resolutions a remarkable three weeks early, proving yet again that he is two steps ahead of Barack Obama, the Turkish airforce, and ISIS.

「2016年に私はイルミナティの第三次世界大戦の開始を阻止し、また、喫煙をやめます。」プーチン大統領は、彼のトレードマークの情け容赦のない凝視をしながら、修復する前に、クレムリンのツアーグループに星を撃つように発表しました。

“In 2016 I will stop the Illuminati from starting world war three. And quit smoking,” Putin announced to a star struck Kremlin tour group, before fixing them with his trademark pitiless stare.

「私はこれを行います...私の素手で、 」と彼は続けました。クレムリン筋によるとツアーグループからは、自発的な 拍手喝采(かっさい), 賞賛の拍手が急に起こりました。

“I will do this…with my bare hands,” he continued. According to Kremlin sources the tour group burst into spontaneous applause.

イルミナティのメンバーのジェイコブ・ロスチャイルドは、ロシアがシリアのISISとの闘いに「いたずらっ子, 腕白者.悪漢, ごろつき;不正直者, 詐欺師のように振る舞う」中で、新世界秩序への反逆者である事でプーチン大統領を非難した後、彼プーチンの新しい年の決議の演説は〈イルミナティを〉攻撃し 〈イルミナティ〉に向かっています。

His new year’s resolution speech comes after Illuminati member Jacob Rothschild accused Putin of being a traitor to the New World Order, amid Russia ‘going rogue’ in their fight against ISIS in Syria.

出典:yournewswire

 Source:yournewswire

 リンク
引用終わり
 
  List
  この記事は 309577 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_310341
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp