マスコミに支配される社会
310288 「スタンレーキューブリックがNASAの『月面着陸の偽シーン撮影』を監督したと告白」
 
惻隠之心 ( 59 大阪 会社員 ) 15/12/18 AM09 【印刷用へ
アポロ8号の月面着陸はやはり映画だった。ついにスタンレーキューブリックがNASAの『月面着陸の偽シーン撮影』を監督したと告白した。
アポロ8号、人類初の月面着陸。

>アームストロング船長の第一歩は、ウソだったようですね。リンク

証明されました

以下引用です
「スタンレーキューブリックがNASAの『月面着陸の偽シーン撮影』を監督したと告白」リンク

T. Patrick Murrayという映画製作者が、キューブリック監督の死ぬ数日前にインタビューをしていて監督は「月面着陸は偽物」と語ったそうです。死後15年は公開するなといわれて、今日、真相の全貌を暴露予定。

 監督出演の映像で、真相を語るのかな?

ま、元からアボロ計画は嘘だと知っていたので、それほど感動もないですが。

 世の中の人は「え?」なんて言うのでしょうか。

 情報感謝。

2015/12/11 13:30

「スタンレーキューブリックがNASAの『月面着陸の偽シーン撮影』を監督したと告白」

Stanley Kubrick Admits He Helped NASA Fake Moon Landings In New Film?

リンク 

キューブリックとの約束で死後15年経ってから公開することを約束していたジャーナリストが、15年後の今、その情報を公開したそうです。

A new film by filmmaker T. Patrick Murray has recently surfaced in which famed director Stanley Kubrick allegedly gives an interview admitting that the moon landings were faked. The interview took place 3 days prior to Kubrick’s death on March 7th 1999, and Murray was told he could not release the footage until 15 years after Kubricks’ death. He was allegedly forced to sign an 88-page NDA to keep the contents of the interview a secret for those years, and Murray states that, in accordance with this ruling, in 48 hours he will release the full edit. This should be Dec 11th 2015.
引用終わり
 
  List
  この記事は 297867 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_310288
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
312026 遂に安倍政権が赤字国債を発行 志水満 16/02/05 PM04
アポロ月面着陸は虚構だった〜撮影したキューブリック監督とロシアが暴露〜 「日本を守るのに右も左もない」 16/01/13 PM05
310630 月面にはためく星条旗と半世紀後のルナー・リコネサンス・オービター(LRO) 蔦宇兵衛 15/12/27 PM07
310431 「スタンリー・キューブリックが、月面着陸映像をねつ造したことを告白」の日本語訳 松重臣 15/12/22 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp