市場原理
31014 市場と国家の共犯関係
 
岩井裕介 ( 30 山口 再開発プランナー ) 02/05/15 PM11 【印刷用へ
経済のグローバル化ということが昨今よくいわれます。しかし、よく考えてみれば、そもそもグローバル化とは、国家を越えて貨幣やモノのが移動することであり、これを別の言い方をすれば、国家があるからこそ、グローバリズムが可能であるといえるのではないかと思います。

例えば、金融市場(外国為替市場、債券市場、株式市場)は急速に統合されつつあり、その意味では、明らかに資本の移動はグローバルなものとなっています。しかし、その移動をもたらす誘因は何かといえば、それぞれの場所における経済事情の違いであり、この場合、それぞれの場所とは基本的に国家です。最も高度に統合された外国為替市場においても、資金移動とは結局、各国通貨の「交換」にほかならず、その背後の国家の存在が前提となっています。

つまり、金融グローバリズムによって生み出される「交換利益」(これも本質的には幻想共認によってつくりだされた価格格差によるもの。※参考30709)は、実際は、まさに異質な国家が存在するという国家システムのゆえに可能となっていると言えるはずです。

「市場の論理」と「国家の論理」とは、こんにち、しばしば対立的な様相を見せますが、もっと根本的なところで、「市場」と「国家」はもともと共犯関係にある、もしくは「市場」は「国家」に寄生する存在である、ということが言えるのではないかと思います。

私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である(30709

幻想価値の共認に基づく交換取引の場=「市場」が、「国家」による武力闘争(およびその帰結たる身分制度による私権拡大の封鎖)からの「抜け道」として登場した後、今日に至るまでずっと、「市場」と「国家」の両者は、相互不可分の共犯関係にあるとも言えるのではないでしょうか。

>新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?(29731

『超国家・超市場論1』における最初の問いの意味が、今ようやく分かってきた気がしています。

 
  List
  この記事は 30709 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_31014
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
シリーズ「市場は環境を守れない、社会を統合できない」9 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/08/07 AM03
日本近世と西洋近代の相違 「晴耕雨読」 08/08/22 PM07
「市場」とは“それぞれが利益の極大化をめざす不特定多数ないし特定者間の取り引き活動の場” 「晴耕雨読」 08/08/22 AM02
日本金融史5 〜三菱財閥はどのように誕生したのか?〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/08/17 AM10
日本金融史4 〜明治政府と商人を結びつけたのは、結婚による縁結びだった!〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/08/03 AM10
106011 国際金融市場で『一人相撲』を続ける近代国家 土山惣一郎 06/02/19 PM10
31388 国家と市場の共犯関係について@ 山澤貴志 02/05/19 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp