アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
308432 アメリカはいつ内戦が起きてもおかしくない状態にある
 
志水満 ( 59 大阪 会社員 ) 15/10/12 PM04 【印刷用へ
アメリカは内戦が起きるといわれていますが、それは富裕層対貧困層の対立から始まりそうです。
すでに市レベルにおいて裕福な集団と貧困層の集団の格差がはっきり出来ています。古きよきアメリカの田舎に残っていた共同体も完全に破壊されています。これでは国家が持ちません。

以下引用です
アメリカで富裕層が続々と独立!境界線を決め、民間に業務委託!貧困層に税金が使われることを拒否!アメリカの税制が崩壊の危機に!
リンク
アメリカでは数年前から各州が独立の動きを見せていますが、今度は富裕層達が州議会と協力して合法的に独立していることが判明しました。アメリカの富裕層達は自分達の支払った税金が貧困層に使われることを拒否しており、貧困層に税金を使わないシステムとして新しく独立をしたとのことです。これは国家としての独立ではなく、あくまでもアメリカの中の「CITY(市)」としての独立宣言で、「州」の行政区分である「郡」から独立をしています。

簡単に言ってしまうと、お金持ちだけが集まって独自の町を合法的に作ったという感じです。このような富裕層の独立都市は富裕層を対象とした減税政策を実行すると同時に、貧困層への社会保障打ち切り等をしました。業務の大半は公務員から民間委託に変更され、純粋な意味での公務員は殆ど居ない状態になってます。
このような富裕層の町はオバマ大統領の福祉政策に反発する形で全米各地に広がっているようで、将来的にはアメリカという国家の分裂を招く可能性が高いです。

そういえば、「未来から来た」と言っていたジョン・タイターは、「アメリカが内戦状態になってロシアに負ける」とか予言していましたが、それはこの事だったのかもしれませんね。今は内戦ではないですが、これからも独立の動きは活発化すると見られているので、内戦になるのは時間の問題だと私は思います。ジョン・タイターの世界では9.11同時多発テロが無かったらしいので、9.11テロがアメリカの内戦を先送りにしたとも言えるでしょう。

いずれにせよ、今の世界情勢は第二次大戦が起きる数年前と似たような感じがします・・・。
*アメリカ分裂は昔のスペイン内戦?


☆“独立”する富裕層 〜アメリカ 深まる社会の分断〜
URL リンク
引用:
アメリカの自治体で今、異変が起きている。「州」の下の行政区分である「郡」から“独立”するCITY=「市」が相次いでいるのだ。独立運動の中心は高級住宅地に住む富裕層。その動機は「所得の再分配」に対する不満と「効率の悪い政府」への反発だ。彼らは、自分たちで「市」の境界線を決め、州議会を動かし、住民投票を実施。法にのっとり独立を成し遂げている。誕生した「市」では、ほとんどの業務を民間企業に委託。運営コストを半分以下に抑え、減税に向けて動き出している。一方、税収が少なくなった「郡」では、福祉サービスの予算を削減。貧困層が打撃を受けている。
:引用終了

☆テキサス独立運動:政治活動委員会を立ち上げる、有力な候補者は?
URL リンク
引用:
オバマ大統領の再選後、テキサス州の分離独立運動が勢いを増す中、テキサス・ナショナリスト運動(Texas Nationalist Movement, TNP)というグループが、公式の政治活動委員会(political action committee, PAC。米国の選挙において活動する政治資金団体)立ち上げに動いている。
テキサス・ナショナリスト運動のダニエル・ミラー(Daniel Miller )代表は発表声明で、「我々の運動と使命、ビジョン、価値観を共にする候補者をあらゆるレベルで支援し推薦するため」にPACを結成したと述べた。
:引用終了

☆アメリカの29の州の住民がアメリカからの独立を要求
URL リンク
引用:
アメリカの29の州の住民が、インターネット上の請願書により、アメリカからの独立を要求しました。

ロシアの声が22日土曜伝えたところによりますと、アメリカの29州の住民30万人以上がインターネット上の請願書で、アメリカからの分離独立への署名を行ないました。
彼らは1776年のアメリカ独立宣言を参照して、この要求を出しました。
この独立宣言によると、この国では、人々の安全を守る為に、各州の様々な政治的な相互関係が切れる可能性があるということです。
この請願書に署名した人々は、オバマ政権の経済改革は効果がなく、政府は市民の自由の権利を過去2年にわたり侵害していた、と考えています。
およそ7万人のテキサス州の住民は、アメリカ大統領府のウェブサイトで、アメリカからの独立要請に署名しています。
:引用終了
 
  List
  この記事は 302176 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308432
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
309214 雇用の海外移転で凋落するアメリカ 加賀正一 15/11/08 PM08
308675 「安い、うまい、便利」は危険と隣り合わせ〜あなたがコンビニおにぎりがうまいと感じる理由 惻隠之心 15/10/20 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp