アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
308340 TSUTAYAの裏側@−ここまで進んだツタヤとスターバックスによる日本破壊工作
 
す太郎 ( 25 千葉 会社員 ) 15/10/09 AM02 【印刷用へ
TSUTAYAのお世話になっている人は多いのではなかろうか。

1983年:蔦屋書店枚方駅前店(第一号店)を開業
1985年:カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社を設立
1993年:TSUTAYA RECORDS展開
1994年:TSUTAYA BOOKS展開
1997年:GAME TSUTAYA展開
2003年:Tポイント事業
2006年:CCCから株式会社TSUTAYAを分割
2013年:佐賀県で市立図書館運営の指定管理者
(Wikipedia参考)

振り返れば数多くの事業展開を成功させてきており、特にTポイントカードの普及率は著しい。ホームページの情報によると
・認知率:97.8%
・所持率:3人に1人
・提携店数:29万6千店舗(2014年11月)


今回問題に挙げるのは、上の年表の最後に記した市立図書館運営の指定管理者、に関する記事。今や蔦屋といえば、本屋の領域を超えたカルチャーストアとして、その空間の醸し出す雰囲気、人気カフェ「スターバックス」との連携により圧倒的な人気度を誇る。

最近、蔦屋の集客力に便乗するため、図書館→蔦屋化の動きが各地で起きているよう。しかし、民間はあくまで民間。利潤追求のため、貸し出し率の低い郷土資料その他重要書籍を一括処分、児童スペースを廃止しスタバを移設など、パブリックとして求められる図書館の存在意義を排除している。



↓以下引用
リンク

ここまで進んだツタヤとスターバックスによる日本破壊工作

小泉純一郎元総理が、

「民で出来るところは民で」

の言葉通り、日本破壊工作が着々と進んでいます。

10月4日に愛知県小牧市で市議選と同時に行われる、TSUTAYA
提携図書館の是非巡る住民投票。
リンク 

これは大阪の「都構想」に匹敵するほど国民の重大問題だと思います。

いわゆる「官」の思惑による「民」の野望に待った、をかけられるか
どうか、が問われるんですね。

リンク 

市立図書館なのに経営を民間の「TSUTAYA」に任せるというのです。

今、日本のあちこちで「ツタヤ図書館」なるものが増えつつあります。

すでに佐賀県の武雄市図書館が「ツタヤ図書館」に変わっています
が、問題なのは、郷土資料も廃棄され、貴重本でも容赦なく捨てられ、
新聞縮刷版も廃棄されるという驚くべきことが起きているのです。
リンク 

要するに借りる人が少ないという理由で郷土史の資料が全て破棄され
ているんですね。

変わりにCDやDVDを置き、以前は素敵な児童コーナーがあったのに
潰してスターバックスのカフェが入り込み、図書館スペースを占領
しています。

確かに「ツタヤ商法」で集客には成功しているそうですが、しかし
図書館の真の目的は集客だけではないはずです。

防災資料的な意味でも大事なものなのです。

文化継承の場でもあると同時に、古地図や災害文献なんかは不動産
売買時には重要な資料にもなります。

例えば過去の災害の記録とか結構郷土史に詳細が記されているの
で、その資料がなくなるということは、昔は沼や川だった土地を埋め
立てたとか調べる事が難しくなるわけで、今後の災害対策が結構面倒
になります。

そもそも過去の手書きの郷土史等はお金で買えない貴重な資料で、
先祖の古文書の資料も、市町村の図書館だからという安心感で寄贈
しているのに、それを破棄するするとは何事か、ですね。

こうした市立図書館の経営を「ツタヤ」に最初に任せたのが、当時
佐賀県の武雄市長だった樋渡啓祐なんですね。
リンク 

先日佐賀県知事選挙で自公の推薦を受け立候補しましたが落選した
ことは記憶に新しいですね。

それでもちゃっかりツタヤの子会社の社長に就任しています。

樋渡啓祐・前武雄市長、CCC子会社の社長に就任
リンク 

樋渡啓祐は原発事故の起きたときには、東北のがれき処理利権を
欲しがっていた人物の一人でもあります。

そして「ツタヤ」のあるところスターバックス有り、なんですね。

佐賀県武雄市も愛知県小牧市も、有名な渋谷のツタヤビルも1Fは
スタバが入っています。

スタバは言わずと知れたアメリカのシオニスト企業です。

シーシェパードの資金源企業とも言われていますね。

仙台近郊に建設予定のTSUTAYA多賀城市図書館も同じシステムを
取り入れるようです。

多賀城駅前再開発ビル着工 図書館など入居
リンク 

三重県の松阪市も、市長がTSUTAYA図書館を提案し、市議会の反対
にあい、市長が「辞めます」という展開になっています。
リンク 

よほどツタヤとスターバックスには利権という甘い汁がありそう
ですね。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308340
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
308344 TSUTAYAの裏側A−情報流出の罠! Tポイントカードに気をつけよ す太郎 15/10/09 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp