宇宙・地球
307921 反モンサント社、反GMOの動きが世界に広がっています
 
花山薫 ( 兵庫 会社員 ) 15/09/22 PM03 【印刷用へ
>モンサント始めとするアメリカとロックフェラー勢力による「遺伝子組み換え作物」攻勢だが、昨今、全世界的に輸入に対して「NO」を突きつけ始めている。特に、EU、ロシア、中国、そして自国アメリカなど先進国での規制強化が進んでいる。299944

>何も知らない日本人−反モンサント・類のない世界一斉デモ306003

反モンサントの動きはさらに世界では広まっているようです。

>日本や世界や宇宙の動向からの引用リンク

>ハンガリー政府って。。。。ひょっとして。。アイスランド政府と同様に、グローバル・エリートと戦っているのでしょうか?テロリストが紛れ込んでいる難民を拒否したり、GMOを使用禁止しています。日本政府もハンガリーのように強い態度に出ないと、グローバル・エリートにやられてしまいます。

リンク

昨日、目に飛び込んだGMO遺伝子組み換え食品に関する記事をご紹介します。どうやら、世界中で反GMO、反モンサント社の動きがあるようです。モンサント社などのGMO企業が世界中の人々によって解体されています。。特に4つ目の記事では、マヤ人による反GMOと反農薬の活動が成功したことが伝えられています。


■記事1:
ハンガリーでモンサント社のGMOトウモロコシを栽培している畑が全て焼き尽くされました。
ハンガリーでは、GMOの種を使って栽培されている1000エーカーのトウモロコシ畑が焼き尽くされました。ハンガリーでは、GMOの種やGMO食品の使用が全て禁止されています。しかし1000エーカーのトウモロコシ畑でGMOの種が使われていたことが判明したため、ハンガリー政府は、GMOトウモロコシの花粉が周辺に飛ばないように、畑からトウモロコシを全て掘り起し、その後、畑全体を焼き払いました。

■記事2:
フランスの裁判所がモンサント社に対し、モンサント社のGMOに含まれる有毒な化学物質により農夫が深刻な被害を受けたとしてモンサント社に罪判決を下しました。

2012年にも、リヨンの法廷控訴審部で農夫がモンサントのGMOに含まれる有毒な化学物質により深刻な被害を受けたとして有罪判決が下されましたが、今回もモンサント社を訴えた農夫が勝訴しました。その結果、モンサント社は原告の農夫に多額の賠償金を払うことになります。


■記事3:
カリフォルニア州政府は、アメリカで最もよく売れているモンサント社の除草剤(Roundup)に発癌性物質が含まれていることを公表しました。


■記事4:
これは昨年の記事ですが。。。グアテマラで、マヤ人の活動がモンサント社のための法律を打倒しました。
2014年8月から9月にかけて、グアテマラのマヤ人が10日間にわたり反モンサント社、反GMOの大規模デモを行っていましたが、グアテマラの国会はついに、6月に議会で承認されたモンサント社に有利な法案を破棄することにしました。
 
  List
  この記事は 299944 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_307921
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
317385 過激化する遺伝子組み換え作物への反対運動〜グリーンピースによる農場襲撃によって危機に瀕するゴールデンライス 匿名希望 16/07/15 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp