西洋医療と東洋医療
307904 海水は生命を生かす源ではないか>ルネ・カントン
 
栗田明 15/09/21 PM09 【印刷用へ
カントンは、輸血の変わりに海水を注入するという実験を犬に行い成功しています。にわかには信じがたいものですが、血液の成分は海水の成分と非常に似通っていることは、良く知られており、哺乳類も海から地上に上がった生物であると考えれば、ありえない事はないと思えます。

ルネ・カントンは、この実験の過程で、多くの病気の原因は人体の内部環境のバランスの乱れにある事を発見しますが、現代西洋医学に通じる対処療法を行った細菌学の権威パスツールと対立、パスツールの後ろ盾となっていたロックフェラーにつぶされてしまいます。

以下、
●「海水で病気が治っては儲からない」(EJ第4120号)
リンクより、転載させて頂きます。

 人類のために役立つ貴重な発見をしながら、既得権団体の利益を損うということで、貴重な発見がそのまま闇に葬られようとしているSTAP細胞のようなケースは、千島学説をはじめとしてまだたくさんあるのです。
 1907年にはじめてのクリニックをオープンし、1910年までにフランスに70ものクリニックを開き、50万人以上の命を救ったフランスの偉大な医師兼生理学者がいます。
─────────────────────────────
      ルネ・カントン/1866〜1925
─────────────────────────────
 カントンは「海水は生命を生かす源ではないか」と考えていたのです。そこでカントンは、1897年に、とんでもない実験を行っています。それは、愛犬の血液を海水に入れ替えるという途方もない実験です。

(中略)

 愛犬の体重は5キログラム。その愛犬に同量の海水を犬の血管に注入を開始したのです。そして90分かけて、約3・5リットルの海水を犬に注入したのです。
 実験の結果はどうだったのでしょうか。
 海水の注入中犬は、腹部が膨張し、グッタリして体温も下がり腎臓排泄機能も弱まって、生命活動が低下していったのです。ところが、注入が終わるとすぐに体温が上がり、生理作用は回復、実験5日後には、体力はすっかり回復して元気を取り戻し、体重も元に戻ったのです。そして、むしろ以前よりも元気に、跳ねまわったといいます。海水によって、細胞生命は完全な状態で生きることをカントンは証明したのです。
 続いてカントンは第2の実験を行ったのです。今度は、体重が10キログラムの犬の血液を瀉血法で抜き取り、極限まで血を抜いた後に、前回同様、海水を注入するという実験です。つまり、極限まで血液を抜き取り、次に同量の海水を注入すると、どのようになるかという実験です。これは、大量に出血した患者に、海水で輸血したのと同じです。カントンは、この実験をなんと公開で行ったのです。
 それでも犬は死亡しなかったのです。実験の結果、次の4つのことが観察されたのです。
─────────────────────────────
        1.白血球の増加傾向
        2.感染に対する抵抗
        3.急速な活力の回復
        4.赤血球の急速回復
─────────────────────────────
 この公開実験の成功によってカントンは、次の結論を発表しています。それは自身の仮説を裏づける結果だったのです。
─────────────────────────────
 海水は生体内部の機能に働きかける優れた性質を持っている
                   ──ルネ・カントン
─────────────────────────────
 この公開実験は、世界上のメディアで取り上げられ、「カントンの犬」として、大反響を巻き起こしたのです。自信を深めたカントンは、第3の実験を行ったのです。それは「白血球が海水中でも生きるかどうか」の証明です。
 実験に使われたのは、哺乳類(犬、人、ウサギ)、両生類(カエル)、爬虫類(トカゲ)、魚類(テンチ)、鳥類(ハト)で、多岐にわたっています。
 実験のポイントは、「最も過激な細胞の一つである白血球が海中の中でも機能を保てるか」にあったのです。実験はすべて成功し、カントンは次の結論を得たのです。
─────────────────────────────
        海水こそ生命を生かす源である
           リンク
─────────────────────────────
 このカントンの実験は、千島学説によって十分説明できるのです。「食は血となり肉となる」です。生体のなかから血液がなくなり、海水で水分とミネラルが補給されたものの、肝心の血球成分がないのに体力が急速に回復したのは、生体の危機的状況に反応して、体細胞(肉)が血球細胞に戻ったのです。
 しかし、カントンの実験は当時話題にこそなりましたが、その後、報道が封印され、いまではルネ・カントンの名前を知る人はほとんどいなくなっています。それは、やはり、ロックフェラー医学研究所からの圧力です。初代のジョン・ロックフェラーは、こういったそうです。
─────────────────────────────
 海水だけで病気が治ってしまったら、儲からないじゃないか
               ──ジョン・ロックフェラー
─────────────────────────────
 もうひとつ、カントンは、同時代のフランスの生化学者、ルイ・パスツールと医学の考え方が合わなかったのです。パスツールは、ロックフェラー医学研究所と同じ「対症療法」を主張したのに対し、カントンは「多くの病気の原因は人体の内部環境のバランスの乱れにある」と主張し、対立したのです。パスツールの主張はカントンのそれを圧倒し、カントンは葬り去られたのです。
 聞くところによると、ロックフェラーは、自身の医学研究所の薬品は一切使用せず、ロックフェラーが信頼する主治医は、カントンの「海水療法」を取り入れたそうです。商売のことしか考えない身勝手な人物です。  ── [STAP細胞事件/093]
 
  List
  この記事は 290034 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_307904
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp