否定脳(旧観念)からの脱却
307101 勉強への興味を失いかけた中学生 ⇒突破口は(強制でなく)自考を促す言葉
 
匿名希望 ( 40代男 教育 ) 15/08/23 PM01 【印刷用へ
現在、学習塾で中学生の授業を担当しています。その中でも“中学1年生”には、(2年生や3年生に比べて)勉強への素直な興味を持っている生徒が沢山います。ところが、その中学1年生の中に、いわゆる「優秀生」であっても、勉強への興味を失いかけている生徒が少なからず存在しているのです。

そんな生徒の多くが、小学生の時に「中学受験」を経験しています。つまり、受験のために、小学校で猛勉強した経験があり、その貯金(知識量)のおかげで中学1年生のうちはまだ成績上位にいるのです。ところが彼らは、小学校時代の「詰め込み」期間に、「勉強はつまらないもの」という固定観念(いわば諦観)を植えつけられており、その結果、次第にやる気を失い、成績も下降していきます。

そのような生徒の保護者と話してみると、わが子が家であまり勉強しないことに不満を抱いておられます。勉強への関心を失った子どもは、自宅にいればついゲームやスマホに手を出してしまうので、それを見た保護者が「勉強しなさい」と子どもについ口を出し、子どもはますます(嫌々勉強させられて)勉強への興味とやる気を失っているのです。

この呪縛を解く鍵は、どこにあるのでしょうか?

>実は、1970年に豊かさが実現されて以降、私権圧力はどんどん低下してきている。今や、自然志向や健康志向や節約志向が(つまりは脱市場・脱私権の潮流が)最先端の潮流となり、私権圧力はとことん衰弱してしまっている。つまり、すでに「がんばる」と言っても何の為に頑張っているのか訳が分からなくなっているのが現状である。
ならば、そんなものは捨てれば良い。ここまで私権圧力が衰弱してしまったのなら、もはや諦めと妥協の私権観念など無用の長物である。私権観念を捨てれば、人類本来の本源主体が姿を現す。その本源主体に立脚して、秩序崩壊の危機に瀕しているこの社会を対象化すれば、誰の心にも『社会を守る』⇒その為には『世界を掴む』という志が芽生えてくる。
(『追求のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2) 』294733

まずは、「がんばれ」→「がんばる」という諦めと妥協の私権観念を、親も子も、その弊害を認識して捨て去ることです。その上で、大人達が、子どものやる気を生起させるための(「がんばれ」に代わる)言葉を投げ掛けることです。それは、まず@「本当はどう思う?(どうしたい?)」等と相手の心=潜在思念を開く言葉であり、そしてA「なんで?」→「どうする?」等と物事の背景や意味を問い、相手を実践⇒自考に向かわせるための言葉です。

例えば私達の塾では、授業の前後に、生徒達の日常生活(特に部活など勉強以外に取り組んでいること)をヒアリングしています。授業中には、単に知識を伝えるのでなく、「何のために学ぶのか?」「それを学ぶことで、どんな意味があるのか?」「社会とのつながりは、どうなっているのか?」などと問いかけます。すると、生徒達の目が輝き出し、多くの子が熱心にメモを取り始めます。「本当に学びたかったのは、こういうこと!」と子ども達が目と行動で伝えてくれるのです。

諦めと妥協の私権観念(がんばる)に代わる、このような相手のやる気を引き出す言葉を、もっともっと発掘していきたいと思います。
 
  List
  この記事は 294733 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_307101
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
314483 不毛の議論 寺嶋眞一 16/04/25 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp