環境破壊
30696 環境圧力を感じる場A>消費の場に環境問題は圧力として働くのか
 
麻丘東出 ( 40 兵庫 環境コンサルタント ) 02/05/12 AM01 【印刷用へ
まず、はっきりと認識しておかなければならないのは、環境破壊の問題とは、廃棄の量が自然の浄化(復元)能力を超えているという問題です。要するに使いすぎということで、過剰消費の問題です。
ですから、「環境問題とは、消費を対象にする問題である」
そして、その構造を抜本的に変えていくという問題だということです。

とすれば、次のことが考えられます。
そもそも、消費を基盤とする場に、その場を規定している消費構造を抜本的に変えていく内圧を働かせることができるのでしょうか。自ら改善できるといっても、それは小手先で茶を濁す程度のことはあっても、抜本的に変えていくことは無理なのではないでしょうか。
なぜなら、それを自ら行っていくということは、最終的に自分達の存在する場を完全に否定することになるという自己矛盾を抱えており、自己否定に行き着くしかなくなるからです。
つまり、「消費を基盤とする場に、環境問題は圧力として働かない」ということが考えられます。

次に、家庭という場に触れなければならないと思います。
核家族化し仕事と生殖の場を分離している今の家庭は、やはり現実の圧力に対する闘争課題が無く生殖・解脱空間です。
つまり、家庭は消費を基盤とする場です。

であるならば、先ほど述べた、消費を基盤とする場に環境問題は圧力として働かない、と併せて考えるならば、
「家庭という場に、環境問題は圧力として働かない」ということなのではないでしょうか。

確かにそう考えれば、家庭においてゴミの分別やらリサイクルやら節水節電やら色々やることはあっても、どれも小手先感であり、環境問題に対する行動の実感が少ない。それもそのはずで、そもそも本当は、環境圧力を現実の問題=課題として捉えられないからである。
 
  List
  この記事は 30693 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_30696
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
環境問題の捉えなおし 「地球と気象・地震を考える」 09/12/10 PM10
216175 「必要か否か」の判断をするためには「勉強が必要」〜“畳”の事例 向芳孝 09/10/01 AM00
191294 ”騙し”に気づくには? 馬場真一 08/11/02 PM01
191259 ネットワークビジネスは環境問題を解決できるか? 池永英明 08/11/01 PM10
181904 現在の利便性・快適性は作られた架空観念 喜田育樹 08/07/23 AM11
171743 抜本的問題とは? きょん 08/03/01 PM10
142897 ISO14001を取得している企業は世界でたった100,000社!! 志水誠 07/01/20 PM08
141285 消費構造を変えるために 酒井典子 06/12/30 AM00
118016 消費税をうんと引き上げては 岡本誠 06/06/02 PM07
117962 環境問題の複合的要因 加藤俊治 06/06/02 PM01
107017 東京都、「夢の島」について。行政の「環境問題」への取り組みの事実の一端の事例として。 タコ墨。 06/03/09 PM01
106248 新たな外圧で、現実の圧力を顕在化させる たっぴ 06/02/23 PM11
105387 環境問題は生き方の問題 magarimame 06/02/09 AM01
105315 私権衰弱の流れが環境問題を解決に導く 内山竜太郎 06/02/07 PM10
104828 家庭ごみの抑制策 蝦夷穴 06/01/30 PM01
104249 環境問題の本質は統合問題 山田太郎 06/01/19 PM06
消費を基盤としている場に「環境問題」は圧力として働かない!! 「Environmental Online」 05/10/19 AM01
99086 環境配慮で市場延命 大森義也 05/10/14 PM02
97357 人々の意識の変化で環境問題の異相も変っていく 川田宏子 05/09/15 PM01
96829 カシミヤを起因とする地球温暖化現象 田中令三 05/09/04 PM10
96803 まずは事実(=環境の本来の姿)をとことん追求していく 倉橋利弘 05/09/04 AM00
95361 圧力構造が無いから 田中素 05/07/30 PM11
90697 「環境と経済の好循環」ビジョンって? 家村和宏 05/05/14 PM02
90633 環境問題における根本問題 匿名希望 05/05/13 PM02
90523 まずは、現実を直視するところから。 ジャック・ダニエル 05/05/12 AM10
89733 省エネは進んだものの… 石橋創 05/04/29 AM08
86688 「環境」と「みんな」を繋ぐ認識が必要 ゲン 05/03/03 PM02
86677 同類圧力による規範の再生 マー 05/03/03 PM01
85126 森林環境問題までも経済的価値に左右される 蝦夷穴 05/02/04 PM01
82589 何か重苦しいのは・・? 立石裕美 04/12/15 AM01
82554 環境問題を個人的な課題へ転嫁していないか。 今井勝行 04/12/14 PM09
82509 目先・小手先収束から脱却するために 橋本正雄 04/12/13 PM09
82386 環境問題とは共認問題 星埜洋 04/12/11 PM07
82083 環境問題を圧力として捉えるためには? 関谷啓太郎 04/12/04 PM10
82074 消費だけの場の存在自体が、おかしい 馬場真一 04/12/04 PM09
82073 消費発から生産発へ 小松由布樹 04/12/04 PM09
81974 共認社会の統合に求められる資質 小西康雄 04/12/02 PM09
81630 新しい充足期待の顕在化がカギ? 喜田育樹 04/11/27 PM07
81623 相変わらず「ゴミ」は増えつづけるのは何で? 倉橋利弘 04/11/27 PM05
30816 消費の場に環境圧力を掛ける為には? 松本幸二 02/05/14 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp