西洋医療と東洋医療
306664 Wi-Fiの健康被害に関するショッキングな十の事実@
 
紺碧空 ( 33 大阪 社会人 ) 15/08/08 PM09 【印刷用へ
現代は電磁波の飛び交う世界。これまで、電子レンジや携帯電話の危険性が語られてきたことなどから、当然と言えば当然なのかもしれないが、Wi-Fiが人体に危機的な影響を及ぼすという論文が発表されたようです。

以下、その論文を和訳したブログリンクから引用します。
(※尚、参考文献は直接ブログから参照願います)

= = = = = = = = = = =
 「WIFiの健康被害に関するショッキングな十の事実」という記事を見つけたので、紹介しておきます。筆者は-Dr. Edward F. Group III, DC, ND, DACBN, DCBCN, DABFM
いつものように「超訳」なので、詳しくは原文↓を見てね。
リンク 

* * * * *
 Wi-Fiは、それが導入された1997年から、便利な反面、安全性に疑問がつきまとっていた。科学者たちは、特に、子どもに対する影響について精力的に実験を重ねてきた。おそらく最もショッキングなことは、この情報(山本注:危険性が明らかになったこと)は、決して新しいニュースではなく、物議をかもすものでもないということだろう。事実、2008年には著名な学術誌、「サイエンティフィック・アメリカン」誌は、「携帯によるマインド・コントロール」という記事で、Wi-Fiがヒトの脳にどのような危険を及ぼすかを説明していた。
 Wi-Fiがもつ危険性を以下の十の事実からみてゆこう。

1. 不眠症になる
 Wi-Fi使用後に眠るのに苦労している? 不眠の報告は非常に多く、携帯の低周波変調と眠りとの関係を調べた2007年の研究によれば、その訴えは増加している。実験は本物の携帯と偽物の携帯を用いて行われたが、電磁波に晒された被験者は眠るまでに明らかなこんなんを伴い、また、脳はの変化が見られた。 [2]。携帯のそば、あるいは、多数のWiFiシグナルが飛び交っているアパートなどでは、絶え間ない電磁波公害にさらされるため、慢性的な不眠がもたされる。失眠はより大きな問題の引き金にもなるし、うつや躁などにもつながる。 [3]

2.子どもの成長を阻害する
 WiFiの非熱無線電波にさらされると、特に胎児の場合、細胞の普通に発達がかく乱される。2004年の動物実験は肝臓の発達の遅れがみられた[4]。これは2009年のオーストラリアの調査でも確認された。事実、この実験におけるタンパク質合成のかく乱は大きく、著者らはわざわざ、「これは特に発達組織の中の、つまり、子どもや若者の細胞特性だと鑑定される」と述べている。若者は電磁波の影響により過敏であり[5]、リスクも高い。

3.細胞の発達に影響する
 デンマークの9年生の女生徒たちが、頭のそばに携帯を置いて眠った翌日、集中できないのに気づき、水セリ(植物)に対してWi-Fiルーターの影響を試してみた。一部はWI-Fiなしの環境で育て、一部は携帯と同じ量の電波を出しているルーターのそばで栽培したところ、電波を浴びた方は育たなかった [6]。(山本注・有名な実験で,当時ー2013年ーマスコミも報道していました)。

4.脳機能を狂わせる
 科学者たちも4Gの電磁波が脳の機能に影響することに気づいた。MRI技術を用いた実験によると(2014年)、4Gの電磁波に被曝した人は脳のさまざまな部分で、脳機能の低下が見られた [7]。

Aへ続く
 
  List
  この記事は 301445 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_306664
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
306666 Wi-Fiの健康被害に関するショッキングな十の事実A 紺碧空 15/08/08 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp