宇宙・地球
306610 驚き!日本列島には富士山より大きい噴火が過去に沢山あった。日本は大火山列島。
 
山田太郎 ( 30代 会社員 ) 15/08/06 PM09 【印刷用へ
日本を襲う地震について語る際、必ずといって登場するのが「富士山の噴火」ではないでしょうか?
確かに関東平野には富士山の噴火によって降り積もったとされる赤土が相当広範囲に存在する事などから、噴火時のエネルギー量は相当なものが伺え、噴火した際は都市に与える影響は甚大なものになるだろうと想定されます。

では、日本の火山の中で富士山の噴火が最大級なのでしょうか?
気になって調べたところ、かなり古い年代も含めると富士山を超える噴火(噴出量)をした火山は日本列島に18箇所もある事がわかりました。
例えば、最近動きを見せている箱根山はなんと富士山の14倍、そしてかなり昔(8.7万年前)になりますが阿蘇山は600倍もの噴火があった事がわかっています。改めて私たちの住む日本列島は大規模な火山列島である事がわかります。

この動画がとてもわかりやすいです⇒リンク
引用サイト⇒リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――――
以下は富士山噴火の規模(層噴出量)を1とした場合の日本の火山の噴火の規模です。


         倍率(富士山を1とする)     年代
富士山          1倍            864年
桜島            2倍            1914年
北海道駒ヶ岳       3倍            1640年
有珠山           3倍            1663年
樽前山           4倍            1667年
浅間山           4倍            2万年前
燧ヶ岳           7倍           35万年前
箱根山          14倍           5.2万年前
摩周湖          19倍            7千年前
大雪山          20倍            3万年前
十和田湖         56倍           1.3万年前
白頭山          96倍            10世紀
霧島山          100倍           12万年前  
鬼界カルデラ        170倍           7.2万年前
洞爺湖(有珠山の本体) 170倍           10万年前 
支笏湖(樽前山の本体) 225倍            4万年前
姶良カルデラ(桜島の本体) 450倍           2.2万年前
阿蘇山          600倍           8.7万年前


以上が日本の火山です。下記は参考までに世界の火山の噴火規模を記載します。

ピナツボ         10倍            1991年
クレーターレイク    150倍           7.6千年前
イエローストーン    2500倍           220万年前
シベリアトラップ   400000倍          2億5千万年前
 (↑地球最大規模の噴火。当時の生物の約95%が絶滅した )





     
 
  List
  この記事は 304913 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_306610
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
307521 拡大し続ける西之島と富士山噴火引き伸ばしの関係 栗田明 15/09/06 AM10
307157 大量絶滅、全生物種が危機的状況に 植田正治 15/08/25 AM02
306682 日本列島の地震の歴史 M8.0以上の地震リスト 山田太郎 15/08/09 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp