政治:右傾化の潮流
306282 山本太郎氏「安保法案の真の目的は経団連の金儲け」武器製造・輸出のため〜昼のNHKニュースでは、見事に“法案の真の目的”がカットされる編集がなされた。
 
惻隠之心 ( 59 大阪 会社員 ) 15/07/23 PM11 【印刷用へ
NHKの日曜討論で1分だけ山本太郎氏の出演(録画)が放映されたが、昼のNHKニュースでは、見事に“法案の真の目的”がカットされる編集がなされた。

 シャンティ・フーラの時事ブログより引用
リンク
 [NHK日曜討論] 山本太郎氏「安保法案の真の目的は経団連の金儲け」武器製造・輸出のため

NHKの日曜討論で1分だけ山本太郎氏の出演(録画)が許され、まさに光が射したような瞬間だったのではないかと思います。しかし、2番目の昼のNHKニュースでは、見事に“法案の真の目的”がカットされる編集がなされています。山本太郎氏の生出演の希望と合わせて、抗議の電話をしておきたいと思います。
  一番下の記事は、日本最大の武器メーカーである三菱重工業の動向を追った記事です。三菱重工の経営戦略が「ここ数年でがらっと変わってきました」とあり、その具体例として客船や商船を建造していた工場が艦艇建造に特化した工場に切り替わったことが紹介されています。日本の軍需産業にとって宿願だった武器輸出三原則の撤廃を果たした安倍政権下で最大の利益を得ている企業ではないでしょうか。
(編集長)
7.19 NHK日曜討論 山本太郎氏「安保法案の真の目的は経団連の金儲け」武器製造・輸出のため
転載元) YouTube 15/7/19 
「今回の法案、明確に憲法違反、全力で反対します。安全は保障されますとか言ってますけど、むしろ危険が高まりますから。
この法案の真の目的っていうのは、安全保障ではなく、経団連の金儲けなんです。国内には武器を製造する企業、たくさん存在しています。
例えば、イージス艦一隻、2500社。戦闘機一機、1100社、国内企業が関わってる。武器輸出の解禁、経団連の提言、リクエストです。これを実現したのが安倍総理。

 選挙の時の組織票、日頃の資金提供への御恩返しなんですね。派遣法も、残業代ゼロ法案も、集団的自衛権も全部、経団連の提言。消費税、25年までに19%にしろっていう提言も経団連は行っている。タチが悪い。
 皆さんが払った税金、安全保障を言い訳に際限なく使われるっていう話なんです。もちろん社会保障は、一番最初にカットされます。許せますか。国会が採決になってしまえば、結果は決まってますからね。
貴方が声を上げて下さい。新国立のように。お願いします」
 
  List
  この記事は 306181 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_306282
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp