生物の起源と歴史
306136 多くの多細胞生物は微生物との共生によって生きている“微生物共同体”
 
稲依小石丸 ( 40代 ) 15/07/18 PM11 【印刷用へ
人間の栄養摂取は、自身の消化器官の働きだけではなく、体内の微生物(腸内細菌)が、吸収しやすいものに分解したり、必要な栄養素に変換したりしてくれることで成立していることがわかってきました。

昆虫のハムシも、餌とする植物が持つ防衛能力を腸内細菌の力によって抑制し、摂食していることが確認されています。

○ハムシは微生物の力を借りて植物の防衛能力に対抗しているリンク
<Science Newsline>より
////////↓↓転載開始↓↓////////
コロラドハムシ(Colorado potato beetles)は植物の葉を食する際に、体内に有している共生細菌を使うことにより植物に対して、食べているのは昆虫ではなく、微生物だと誤認識させることで植物の持っている昆虫に対する免疫能力を無効化していることが、Penn Stateの研究チームの研究成果により明らかとなった。この共生関係により、昆虫とその体内に生きている細菌の両方が健康に、そしてより良く生きることができるのである。

「過去数十年間、私の研究室では植物が持っている誘導防衛機能に焦点を合わせて研究を続けてきた」とprofessor Gary W. Feltonは言う。「私たちは、ハムシの経口分泌が植物の防衛能力を抑制する機能を持っているのではないかと考えてきたが、誰もこのことについて真剣に研究を行ったことはなかったのです。」

昆虫学科の院生のSeung Ho Chungは、Feltonと共に、植物はどのようにして葉を食す昆虫を認識し、そして昆虫の方はどのようにして植物の持っている防衛能力を無効化しているのかを調べることにした。

「私たちは、何が植物の持っている昆虫に対する防衛反応を無効化しているのか、そのメカニズムを特定しようとしたのです。しかし、昆虫が体内に抱えている微生物について知識が及ぶまで、何が植物の防衛反応を無効化しているのかはわからなかったのです」とFeltonは述べる。

Feltonによるとハムシは唾液腺をもっていないため、葉を消化するためにまず、葉の上に口腔分泌物を出す作業を行う。そしてこの分泌物の中に腸内細菌が含まれていたのである。
////////↑↑転載終了↑↑////////
【参考】上記実験の詳細内容紹介
○論文)植食性昆虫の共生者による植物防御応答の制御
リンク
<Laboratory ARA MASA のLab Note>

これまでは、“宿主”たる多細胞生物が存在の主体としてみられ、共生微生物は“寄生存在”として認識されることも多かったのですが、“宿主”の生存に不可欠な役割を果たしているものも少なくありません。むしろ微生物が共同体を形成していて、その恩恵を受けているのが“宿主”なのかもしれません。

微生物との共生関係・協力関係を最重要の適応戦略と捉えて、解明していくことは、外圧への適応力を高めていく可能性であると思います。
 
  List
  この記事は 299636 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_306136
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
333064 細菌との共生は急激な外圧変化に対する重要な適応戦略 稲依小石丸 18/01/29 AM00
329988 ゾウムシの硬い外骨格は共生細菌との協働により形成されている 稲依小石丸 17/09/28 AM00
308757 シロアリは共生関係の多重化によって外圧適応力を高めてきた 稲依小石丸 15/10/23 PM07
306949 チーズの味の違いは「微生物」が決めている 増田貴光 15/08/18 PM08
306465 食品の「乳化剤」が腸炎とメタボ招く〜ここでも腸内細菌の影響を確認 斎藤幸雄 15/07/31 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp