生物の起源と歴史
305782 生命も硫黄排出型光合成菌も海底から生まれた
 
本田真吾 HP ( 壮年 香川 建築家 ) 15/07/10 AM08 【印刷用へ
【概況】
36〜34億年前(生物誕生)
最古の微生物化石は、酸素の無い状態で、硫黄を代謝してエネルギーとした、原核生物。古細菌の一種と推定されているが。この時期に真生細菌も登場したとされる。両者とも0.5〜2μm位のサイズの非常に小さな単細胞生物。

これらが海底の地下深くで、生命前駆体から進化して登場。これは、現在発見されている、ハイパースライムは、この末裔ではないかと推定されている。

34〜32億年前
(ハイパースライムの中から、硫黄発生型光合成菌の登場)

硫化水素の豊富な粘土堆積層の中のスーパースライムから、光合成細菌か登場した。この光合成は現在の植物とは異なり、硫化水素を分解し硫黄を生み出すことでエネルギーを得ている。

またこれは、現在の植物とは異なるクロロフィル、「バクテリオクロロフィル」を持ち、それを用いて、光合成をしている。そして、バクテリオクロロフィルは植物クロロフィルが吸収する可視光よりも少し波長が長い近赤外線を吸収する特徴を持つ。この機能を利用して、海底の地球深くの熱から出る、近赤外線を利用して光合成を行った。

光合成細菌は、熱水に近づきすぎてゆだってしまわないセンサーとして色素を使っていたのではないか。赤外線を遠くから感知するためのセンサーとして使われていた色素が、やがて光合成色素に使われるように進化した可能性もある。生物の起源も、光合成の起源も深海にある可能性が高い。

【根拠理論など】

・深海の熱水噴出口で、「αプロテオバクテリア」の仲間と思われる生物が発見され、「Citromicrobium bathyomarinum」との学名が付けられた。αプロテオバクテリアは、ミトコンドリアの起源となった細菌の仲間で、光合成細菌の多くもこれに含まれる。そして、Citromicrobiumも、バクテリオクロロフィルaを持つ。 それに対して、酸素発生型の光合成(植物・シアノバクテリア)は可視光線を利用している。

熱水噴出口近くの温度は400℃にも達する(地下はもっと熱い)。周囲には、弱いながらも赤外線が放射されている。水には赤外線を吸収する性質がある。このため、その部分の波長が削られ、周囲には800〜950 nmと1,000〜1,050 nmの2カ所でピークを持つ赤外線が放射されている。これは、まさにバクテリオクロロフィルaとバクテリオクロロフィルb色素の吸収波長領域と一致する。

・今までの論理は、光の届く浅海で硫黄排出型光合成菌(初期光合成菌)も登場したとされるが、宇宙線による細胞の破壊や、餌の硫化水素は水中では密度は薄いことなど、矛盾点が多い。

それに対して、海底発生説は、宇宙線から免れ、粘土鉱物に中には硫化水素も濃縮されているため整合する。また、硫黄排出型光合成細菌は、生態的に硫化水素を餌にした化学合成細菌と非常に近いので、進化過程も説明しやすい。
 
  List
  この記事は 305698 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_305782
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-45 〜微生物の起源−27 浅瀬、深海熱水噴出口の双方とも、生命発祥の起源ではないか(仮説)〜 「新しい「農」のかたち」 17/12/30 AM00
329824 地底にはマグマ由来のメタンをエネルギー源とする微生物生態系が存在した 稲依小石丸 17/09/21 PM11
『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-39 〜微生物の起源−21  生命発祥  「海底説」と「浅瀬説」〜 「新しい「農」のかたち」 17/07/26 PM11
『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-30 〜微生物の起源−12 今後の追求ポイント〜  「新しい「農」のかたち」 16/12/20 AM00
317249 電気で生きる微生物を初めて特定 本田真吾 16/07/12 AM00
『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-17 〜微生物の起源-1 海底で生まれた微生物〜 「新しい「農」のかたち」 16/01/05 PM01
307270 海底の熱水噴出口は有機化合物の生成炉だった 稲依小石丸 15/08/28 PM09
306991 動物なのに光合成して生きてゆける不思議な生き物が存在している 瀬部倫一郎 15/08/19 PM11
306236 生命発生 Lamarck.jp 15/07/22 PM05
306228 海底の熱水噴出口には光合成の材料が揃っていた!? 稲依小石丸 15/07/22 AM10
305783 大陸の形成成長に伴う浅海とバンアレンタイによる宇宙線遮蔽で、シアノバクテリアが誕生 本田真吾 15/07/10 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp