学者とマスコミが人類を破滅に導く
305431 危険集団! ついに大学洗脳に乗り出した安倍自民
 
達磨防人 15/06/30 PM00 【印刷用へ
 安倍政権は本当にこういう暴挙を画策しているようです。また、そういう洗脳に陥りやすい下地=テレビ脳やゲーム脳といわれるように既に子供の思考パターンが出来上がってしまっていることが恐ろしい。

 その延長に文科相による式典での国旗掲揚、国歌斉唱の要請につながっているものと想定されます。

 このままでは、すべて御用学者化してしまう恐れがありますね。

リンクより引用です
__________________________________________________________________

 まるでナチスかオウムなどカルト集団のようなことを、安倍自民はやるそうです。

 そしてそれは最後の詰めの段階に差し掛かったようですね。

 自民党青年局は17日、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる改正公選法成立を受け、党の政策に理解を求めるため、各大学に「自民党サークル」を設けることを柱とする対策をまとめた。若年層の支持獲得が狙いだが、大学に政党が関与しすぎれば反発も出そうだ。

 青年局などによると、党所属議員が卒業した大学やOB、現役学生に働き掛け、サークルの設置を促す。学内で党員獲得も図る考えだ。議員には、新たに有権者となる大学生らと積極的に交流するよう要請する。

 党は3〜4月に各都道府県連に対し「学生部」の設置と、学生組織の運営などを担う「学生担当役員」の新設を指示した。

 谷垣禎一幹事長は17日、若年層の支持獲得について「党内の議論
を聞きながら前に進めたい」と記者団に述べた。
リンク

 これはもうヒトラーユーゲントと同じ、若者による安倍晋三親衛隊を作る気満々ですね。

 まず現実にすでにやってることですが、文部科学省の教科書検定があります。小さな子どもへの洗脳ですから操るのは簡単です。

 あとは青年へと拡張して行けばよいのです。

 中年から高齢者にかけては、「チーム世耕」の世耕官房副長官が金で雇ってネトウヨとして現在働かせています。

 ただしこの連中は金で動いているので右と左を行ったりきたりしてあまりあてにならないようです。

 だから純粋に動く若者世代がいつの時代も必要ななんですね。

 祖国への思いや愛国心に似せた「政府愛」を植えつければ、若者は簡単に「国(郷土)」と「国(政府)」を取り違えて、政府に忠誠を誓ってしまうでしょう。中には「安倍ちゃん」に命をかける者も出てくるかもしれません。

 しかし安倍晋三自身はというと、あるテレビ番組で「国のために死ねるか」の問いには、○ではなく△の表示で躊躇してるんですね。

 それでもネトウヨ予備軍の諸君は政府(国)のために死ねますか?
__________________________________________________________________
(引用おわり)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_305431
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
307196 安倍政権による安倍政権のための教科書 蔦宇兵衛 15/08/26 PM03
305866 安倍首相「集団的自衛権を行使し米軍と共に中国を叩かなければならない」と発言していたことが中国に伝わる 匿名希望 15/07/12 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp