企業を共同体化するには?
304911 「あなたは今日何をやるんですか?」 〜自考力・自己決定力を培うための集団内の習慣〜
 
竹村誠一 ( 40代♂ 長野 営業 ) 15/06/13 PM03 【印刷用へ
長野県の北安曇郡小谷村には、大きな一軒家で共同生活を営む人たちがいます。

今年公開の映画「アラヤシキの住人たち」(リンク)の舞台にもなっているこの特定非営利活動法人・共働学舎(リンク)では、自閉症・癲癇・弱視・統合失調症・躁鬱・ひきこもりなど、さまざまな身体的・精神的、或いは境遇上の理由で家庭生活・社会生活が難しい人たち、そしてこの考えに共鳴し、この様な生活を自ら希望する人たちが集まり、農業を中心にした自給自足に近い生活をしています。

決して地域から孤立することもなく、質の高い生産活動を営み(294049)、村民とも共存している彼らですが、この一見して全くまとまるようには見えない人たちが、なぜ集団として統合できているのでしょうか?

その答えが代表・宮嶋望氏の講演(リンク)の中にありましたので、引用(※引用者にて改行)します。

*******************
困難を持ってくるから大変だと思うのは当然なんですが、僕は逆に、この人たちは社会が解 決できなかった問題を伝えにきてくれた「メッセンジャー」だととらえることにしています。

ということは、もしかして僕たちが彼らと一緒に生活して問題を解決できたら、これはものすごく社会に対して、逆にお返しするものがあるだろうと考えるわけです。
(中略)

でもこういった人たちが、どうやってまとまった牧場の生活、生産を上げているかというと、結構意外なことがあります。
(中略)

まず、いろんな悩みを持ってきている人。それに、「あなたは今日何をやるんですか?」というふうに聞きます。戸惑います。朝食のミーティングの後に、全部自分で今日は仕事を何をする、もしくは休む、病院に行くということを自己申告します。

そうすると、片方ではやらなきゃいけないことがたくさんあるわけですね。だけど全部自己申告でいくということは、自分たちで仕事をどうやろうかと自主的に考えなきゃいけないというチャンスを作ります。そうしていくことによって、自分は言ったことはやる、というふうにすると、当人たちのストレスというのは最小限になるんですね。

そうすると言ったことはやるようになります。それをきちっと評価をして、組み合わせて、牧場全体が動いているという形になります。

これで訓練されるのは、自分でものを考えて決定していく力、自己決定力がついていきます。そうするといかに自分の人生を生きていこうかと考えるようになります。

これがその風景です。毎朝、朝食の後に何をやりますというふうに聞いています。そうすると「仕事をやります」と、いろんなことを言います。
*******************

彼らが外圧の高い環境下に置かれた集団に属していること、指導者たちの肯定視、そして農業や自然が持つ都市生活とは違った時間の流れ、といった諸々の条件があると思いますが、それらもひっくるめて周りの状況(期待)を察知し、自らやること(できること)を毎日宣言させることの繰り返しが、自考力・自己決定力の育成、ひいては集団の統合、生産力に繋がっているのでしょう。

これは、彼らだけに限らず一般の企業や学校といった集団にも応用できるものだと思います。
 
  List
  この記事は 294733 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_304911
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp