アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
304175 露メモ 中露が記録的な経済契約結ぶ
 
志葉楽 15/05/20 PM08 【印刷用へ
中国の習近平主席は5月8日〜10日にかけてモスクワ(露)を公式訪問し、中国の銀行がロシアのプロジェクトへの融資に関する大型契約をいくつも結びました。どの契約にも主にロシアのルーブルと中国の人民元建てであるとロシアの報道は伝えています。プーチン大統領は習主席と会談した後、「(ロシアと中国は)相互決済におけるルーブルと人民元の幅広い活用を含め、金融分野での協力を強化していく」。また、「今年最初の2ヶ月だけでも、両国の契約における国の通貨の割合は7%を超えた」と述べたそう。

今回結ばれた契約はまず、中国銀行によるロシアのプロジェクトへの融資に関するもので、報道によれば対ロシア制裁に関連して、西側の資本市場への扉が閉ざされているロシア企業にとって、これは特に重要なのだとされているようです。またロシア企業には、中国向けの天然ガスの輸出を拡大し、スホイ・スーパージェット100型機を納入する用意があるとされています。

両国の動きが再び活発になってきたようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−

(以下、リンクより引用)

■特別なプロジェクト
ロシアの銀行は主に、中国の銀行から人民元建ての融資を受けることとなった。具体的には、ロシア最大の国営銀行「ズベルバンク」が、「中国開発銀行」に60億元(約1160億円)の信用枠を開設。資金をロシア最大のセメント会社「ユーロセメント」の刷新に向ける。ロシア第2位の国営銀行「VTB」は、「中国輸出入銀行」と、30億元(約580億円)の信用枠開設に関する契約を締結した。ロシアの「対外経済活動発展銀行」は、同じく中国輸出入銀行から、ロシアでの特殊鋼製造のために、39億元(約760億円)の15年融資を受けた。

ロシアの投資会社「UFS」の主任アナリスト、イリヤ・バラキレフ氏は、ロシアと中国のプロジェクトのうち、重要なものとして、鉄道産業および航空機製造産業の協力をあげる。

ロシアの国営天然ガス会社「ガスプロム」のアレクセイ・ミレル社長と「中国石油天然气集団公司(CNPC)」の汪東進総経理助理は、全長2700キロの「アルタイ」ガスパイプライン経由の西ルートでロシアから中国に天然ガスを輸出するための主な条件を定めた契約を締結。30年間で300億立方メートルのガスを輸出することになる。プロジェクトの費用ははっきりとはわからないが、2006年に3630億ルーブル(約8600億円)と試算されている。

ロシアの「統一航空機製造会社(OAK)」は、中国との契約にもとづき、3年でスホイ・スーパージェット100型機100機を中国に輸出する予定である。1機あたり3600万ドル(約43億2000万円)であることを考えると、総額36億ドル(約4320億円)の契約ということになる。

中国政府はまた、3000億ルーブル(約7100億円)をモスクワ−カザンの高速鉄道の建設に投資することを約束した。総延長770キロの高速鉄道は、この区間の所要時間を現在の11時間半から3時間半に大幅に短縮する。新しい高速鉄道を建設するのも、中国企業になる。
 
■対等ではない関係
専門家によると、これらの新しい契約は、ロシア企業の中国資金への依存度を高めるという。「中国はすでに、GDP購買力平価において世界第1位の経済大国であり、ロシアの隣国である。経済規模、需要、資金源の違いを考えると、中国が上になる状態も十分自然に見える」とバラキレフ氏。それでも、場合によっては、ロシアが対等に関係を構築していけるという。

ロシアの大手証券会社「フィナム」のアナリスト、アントン・ソロコ氏はこう話す。「ロシアと中国の協力拡大は、ある程度必要に迫られたものであったが、それでも両国にとって十分に筋道の通った有益なもの」。世界政治の舞台における変化、また世界の動きにもっと影響を与えたいという新興国の希望が、このような接近をある程度後押ししたのだという。特に、このような背景で、非公式機関BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)の統合は加速した。7月、ロシアのバシコルトスタン共和国の首都ウファでは、BRICS首脳会議が開催される。

(引用終わり)

−−−−−−−−−−−−−−−−
 
  List
  この記事は 303044 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_304175
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
304384 露メモ 15年のプーチン大統領 これまでを振り返る特番放送 志葉楽 15/05/27 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp