日本人と縄文体質
304172 日本人なら誰でも持っている「特殊な才能」を生かして勝つ
 
匿名希望 15/05/20 PM07 【印刷用へ
日本人は「ひたすら改善を繰り返して勝つ」という才能を持っている。あとは、それをどこまで深く突き詰めることができるかにかかっている。
DARKNESSブログより。リンク

〜〜〜〜〜〜(以下、引用)〜〜〜〜〜〜〜
国外に長くいて日本に戻ってくると、日本の製品やサービスが尋常でないほど素晴らしいことに気付く。その安心感と信頼感はずば抜けていると言ってもいい。

どこの国でも何かの製品を買ったら、それが本物なのかどうか、きちんと動くのかどうか、その根本的な部分から心配しなければならない。

そんな心配をしたくなければ、日米欧のブランド品を買う必要があるのだが、そのブランドすらも盗用されたニセモノであったりするので油断できない。

しかし、日本に戻れば様相が一変する。製品・サービスの多くは安心できる。日本で売っている日本製の商品は、「目の前のものを信頼してもいい」という気持ちになれるのだ。

日本人のビジネスの素晴らしいところは、他人を騙したり、陥れたり、ごまかしたりして何かを売るのではないことだ。

きちんと製品やサービスを作り込み、しかもそれを何度も何度も微調整を入れて改善して「良いもの」にしていく姿勢があることだ。

(略)

●誠実さを突き詰めれば、それは自ずと高品質に

こうした騙しが横行する世界で、日本の企業は誠実さを武器にして戦ってきた。現在、日本の輸出企業の多くは、誠実さが評価されているが故に世界的企業となっているのだ。

自らの製品に誠実さを突き詰めれば、それは自ずと高品質になっていく。

日本製品の多くは高品質を志向しているが、多くの日本人は、それが正しい姿勢であると知っている。逆に、自分が儲かるためだけの、消費者を騙してモノを売るようなビジネスを嫌悪して遠ざける。

「真っ当な製品を作り、改善を続けて良いものにする」というのは、日本人や日本企業の文化の中に脈々と受け継がれている伝統であるとも言える。

私たちが日本人であれば、誰に言われることなくそれを目指すことになるはずだ。

なぜなら、それが正しい道であると誰に言われることもなく分かっているので、自然とそれをしなければならないと無意識の段階で思うからだ。

逆に言えば、「真っ当な製品を作り、改善を続けて良いものにする」という日本人の血に逆らわずに愚直に進む企業や個人が成功しやすいと言える。

こうした文化の中に育っていない民族は「高品質を目指して、とことん改善する」というのは一種の苦行かもしれないが、日本人にとってはそれは苦行でも何でもない。当たり前のことだから、呼吸するようにそれをする。

だから、日本人が何かを成功させようと思ったら、「真っ当な製品を作り、改善を続けて良いものにする」を追求していけばいいということが分かるはずだ。

そして、この「絶え間ない改善」は、実は中国や韓国のパクリに対する自然な対抗措置にもなる。


●それは世界中の誰よりも日本人が一番得意としている

「絶え間ない改善」が行われるということは、ある時点の製品がパクられても、本家はさらに改善されてさらに良いものになっているということだ。

あらゆる部分が改善されていくと、パクリがどんなに巧妙であっても、気が付けば本家の劣化製品となって競争力を失う。それが何度も何度も繰り返されれば、結局、消費者が選ぶのは最初から本家本元のものになる。

パクられても、徹底的な改善が行われ続けているのであれば、いずれはその姿勢がパクリを駆逐することになっていく。ある時点まで到達すると、パクることさえも不可能な領域に入っていく。

改善に次ぐ改善、改良に次ぐ改良。それは非常に手間と時間と知恵が必要な作業でもある。言うのは簡単だが、行うのはとても難しい。地道で忍耐の必要な仕事だ。

しかし、それは世界中の誰よりも日本人が一番得意としており、現に日本企業はその「絶え間ない改善」によって世界で評価を得るようになっている。

日本人は昔からそうだったし、今もそれは変わっていない。日本にはいろんな分野で「職人」がいるが、職人とは「絶え間ない改善」をひたすら続けて高品質を生み出せる人を言う。

「ひたすら改善を繰り返して勝つ」というのは、日本人の持って生まれた天賦の才能と言うこともできる。

だとすれば、私たちが個人的にも成功するためには、自分の人生の中に「絶え間ない改善」を取り入れることであるというのが分かってくるはずだ。

私たちは日本人として生まれ、知らずしてこの「ひたすら改善を繰り返して勝つ」という才能を持っている。あとは、それをどこまで深く突き詰めることができるかにかかっている。
〜〜〜〜〜〜(引用おわり)〜〜〜〜〜〜〜
 
  List
  この記事は 302676 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_304172
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
304562 社員のストレス診断を企業に義務付ける、労働安全衛生法の改正。 持国天 15/06/02 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp