脳回路と駆動物質
304171 未来からの不思議なメッセージ「予知夢」(2)
 
原てふ子 ( 東京 ) 15/05/20 PM07 【印刷用へ
予知夢を見る方法についてリンクより紹介します。

///////////////////////////////

過去の夢を見ないようにする

過去の夢とは、昔のトラウマ、数ヶ月前の出来事、昨日見たテレビ番組の内容など過去に実際あったことや、それらが断片的に出てくる夢です。普段多くの人が見ているのはこの過去の夢であることがほとんどといえるでしょう。
過去の夢を見ている時には、未来の夢(=予知夢)を見ることはできないといわれています。では、どうすれば過去の夢を見ないようにできるのでしょうか。
過去の夢を手放す唯一の方法・・・
それは‘今日から過去の夢と決別する”と決めることです。
強い意志を持って決別することを決め、そして次に過去の夢を見た時は「これは夢なんだ」と自覚し、そしてその夢の中で「こういう行動をとってみよう」「あの人にこう言おう」など自分の意思どおりに夢を操作すると決めておくのです。そうすることで、今まで夢に操作されていたけれど、自分が操作できるようになっていくでしょう。
これで、次第に過去のトラウマや気になっていたことと完全に決別することができます。
 
毎日見る夢をコントロールする

人は誰でも毎日夢を見ています。夢を見ていないというのは実は忘れているだけで、必ずなんらかの夢を見ているのです。そこであなたに実践して欲しいのが「夢日記」です。毎朝起きてすぐに、たった一行でもかまいません、夢の内容を毎日メモしてみてください。
それは、いつ頃の夢だったでしょうか?
誰とどんな場所にいましたか?
思い出せるだけ思い出し、夢日記につけておきましょう。そして、幼い頃の夢ばかりを見るとすれば、次は15歳、その次は22歳・・・と徐々に年齢を上げていき、まさに今の自分が出てくる夢を見られるように夢をコントロールします。一緒にいた人や場所の場合は、次は違う人と違う場所にいる夢を見ようと具体的に決めておいてください。
それを繰り返すと、不思議ですがだんだんと一昨日や昨日といった最近の自分の夢を見ることができるようになったり、思い描いた人や場所の夢を見る事ができるようになります。そうやって夢を自分でコントロールし「今夢を見ている」という自覚できるようになれば、予知夢を見るまであと一歩です!
 
夢の内容をノートに付ける

いわゆる夢日記を付けること。起きた時に見た夢を書き留めておくことで、「夢を見る」という自覚が生まれます。自分が積極的に夢を自身の助けとして見る準備があるのだと表明する姿勢。それが夢日記です。この習慣を続けていくことで、夢を受け取りやすくなります。
また、予知夢を見ることができるのかどうかを確かめるには、寝る前に「こんな夢を見たい」と夢日記に書いてそれを実現できればもう予知夢は見られるようになっているといえます。
予知夢なのか、それともほかの象徴夢や逆夢などかは記録をしていくうちに自分なりのルールというものが見えてくることでしょう。
生まれ持って予知夢を見やすい性質というのもありますが、霊を見る霊感能力とはまた別とされています。繰り返し潜在意識に働きかけることで可視化できる部分でもあるので、予知夢を見たい方は信じて取り組むことがポイントです。
 
トレーニングはとにかく続ける

このトレーニングはとても効果的ですが、その効果はトレーニングをとにかく諦めずに続けることで実感できるものなのです。過去型だった潜在意識を未来型に変えるには、少しは時間がかかります。地道にトレーニングを積むことで潜在意識を大きく変化させ、夢を自由にコントロールできるようになれば、未来予測をする予知夢も見られるようになるでしょう。
予知夢の特徴としては、過去の夢とは違ってかなり鮮明で印象的なはっきりとした夢であるということです。夢を自覚するトレーニングを積んでいれば、きっと直感的に分かることが多いでしょう。
 
まとめ

未来からの不思議なメッセージ「予知夢」を見るトレーニング方法
 
・過去の夢を見ないようにする
・毎日見る夢をコントロールする
・夢の内容をノートに付ける
・トレーニングはとにかく続ける

///////////////////////////////
 
  List
  この記事は 304168 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_304171
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp