本能⇒共認機能⇒観念機能
304140 人間の健康を考えない「食品産業」と「電子産業」
 
大神零 ( 30代 鹿児島 会社員 ) 15/05/19 PM07 【印刷用へ
以下、zeraniumのブログ(リンク)より引用します。

***以下引用***
まず日本人にとってもっとも深刻な問題は、水銀という重金属が脳に多く蓄積されていることです。それに加えて不適切な食生活と、ハイテクノロジーの影響があります。あなた方はハイテクと呼び、私たちはハイテクによる人類の奴隷化と呼んでいますが、あなた方はハイテクの奴隷であるだけでなく犠牲者でもあります。
携帯電話やパソコンという電子機器ですが、特に携帯電話は常に手で操作するものです。それも耳や口や目に近づけて使用するので体に触れており、それは特に手のチャクラに触れます。手は携帯だけでなく、他の電子機器にも触れます。以前は電気機器でしたが今は電子機器です。

その結果、あなた方は携帯などの電子機器に触れることで、電磁波だけでなく化学物質にも触れています。つまりあなた方の体は電磁波だけでなく、この化学物質も体内に吸収しています。それは電磁波と同様、非常に危険なものです。電磁波はあなた方の生命エネルギーをブロックし、メンタル(精神、心理)や神経系、ホルモン系などに障害をもたらします。そして化学物質はあなた方の細胞の機能や、細胞システムのプログラムを変化させ、血管に詰まりを引き起こす危険なものです。

現在、市場に出回っている新製品は化学物質そのものです。特に危険な部位はキーボードではなく液体の部分であり、つまり液晶画面です。銀行などではATMの画面に触れますが、その液晶画面が一番良くありません。なぜなら電磁波と化学的な衝撃波を同時に受けるからです。

なぜ指が痺れたり痛くなったりするのでしょうか? なぜ指の関節に問題が生じてくるのでしょうか? そうしたほとんどのケースは電磁波か化学物質、あるいはその両方による作用です。携帯などに触れた後、手を洗うなどの適切な対処をしないならば、触れた機器の化学物質を毛穴を通して細胞から吸収することになります。
吸収された化学物質は関節に溜まっていきます。
それは目には見えず、つまりレントゲンにも映りません。ですから病院へ行っても、不具合の説明はできません。携帯やパソコンなどの電子機器を手で操作すればするほど、あなた方の体内には放射性物質や、電子機器を構成している化学物質が蓄積されていきます。あなた方にはそういうことを知らされることはありませんが、それはとても危険なことです。

■薬剤にまで水銀が使用されている
水銀は代表的な重金属ですが、あなた方は知らないうちにこの水銀を食品から摂取しています。たとえば日本人が好んで食べるマグロですが、これは多くの水銀を含むことで知られています。製薬会社の製品にも水銀が使用されており、これを政府は黙認しています。ワクチンや風邪薬で失明した人がいますが、それはこうした重金属によるものです、危険なのは食品添加物だけではなく、水銀はそうしたものよりも更に危険なものです。なぜなら水銀はさまざまな臓器に蓄積し、やがて脳にまで移行するからです。

次に、アルミニウムの問題があります。
アルミニウムは缶詰や缶ジュース、調理用の鍋だけではなく、なぜか医薬品や食品添加物などにまで使用されており、それが体内に吸収されると、脳を中心に動脈や静脈を詰まらせることになります。水銀やアルミニウムだけでなく、そのような有害ミネラルが体内に蓄積されると、いずれ人格まで変わってしまいます。
またコンビニ弁当などに使用されているプラスティック容器ですが、これも非常に危険なものです。このプラスティック容器を電子レンジで加熱すると、その食べ物と一緒に摂取される大量の添加物以上に危険なものは、ダイオキシンによる弊害です。

あなた方の現実を見てみると、特に若者たちが頻繁に自販機の飲み物を飲んでいます。若者だけではありませんが、気分が絶えず変わるのはなぜでしょうか? 昨日は機嫌が良かったと思えば、今日は不機嫌で、突然、攻撃的になったり、急に落ち込んだり、大人しくなったりします。
それはアルミニウムや水銀などの有害ミネラル、そして多量の糖分の摂取によるものであり、これらが脳に影響を与えているからです。それらを摂取し続けることにより、松果体や脳下垂体が人としての機能を失い、人間はロボット化していきます。なかでも有害ミネラルはメンタルに直接影響するので、一番やっかいなものです。

あなた方の産業やテクノロジーは、人間の健康に配慮したものではありません。
危険なのは電磁波だけではなく、化学物質が及ぼす弊害を深刻に受け止める必要があります。その危険な化学物質で製品が作られているのです。化学物質に触れると、それは手のひらのチャクラや手の指を通して、あなた方の細胞に直接入っていきます。また携帯で話している時、電磁波だけでなく携帯に使用されている化学物質を口から吸い込んでいるのです。
携帯やスマホは、一つのバッテリーだということを意識してください。
バッテリーは化学反応を起こします。それで電磁波だけでなく、バッテリーの化学反応を起こしている部分を、口から肺へそして血液へと吸い込んでいるのです。携帯で話が長引くにつれ、体の一番敏感な部分である目や耳、喉に影響を与え、ブロックがかかるようになります。これは電磁波だけではなく、電子機器に使われている化学物質によるものです。

自分の健康を守るために、そうしたことを認識してほしいと思います。
あなた方の食品産業や電子産業のあり方は、人類が健全な歩みをするためには適切なものではありません。あなた方はエコやエコポイントについては興味を持ちますが、健康に無害な製品を作ろうという考えはありません。そこにはエコは存在しません。
あなた方がエコシステムと呼んでいるものは、エコという名目で国民の消費を促すように誘導する、社会的コントロールシステムの一環でしかありません。それは政府が大企業に経済的支援を行なう代償として、税金という形で巨額の見返りを確保するためなのです。
***以上引用終わり***
 
  List
  この記事は 303774 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_304140
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
304144 病気は、霊的意識の低下と化学汚染された肉食が原因 大神零 15/05/19 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp