アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
304030 米国 州政府が州防衛軍を再結成!
 
花山薫 ( 兵庫 会社員 ) 15/05/16 AM09 【印刷用へ
米国崩壊寸前。連邦軍vs州防衛軍?

日本や世界や宇宙の動向からの引用リンク

アメリカの14の州では州防衛軍を再結成し、オバマの連邦軍に対抗する準備をしているそうです。
14の州の中にもちろんテキサス州が含まれます。テキサス州はオバマの不法移民の大量受け入れにより、何万人もの不法移民が流入し、散々な目にあっていますから、オバマ政権に批判的になるのは止むを得ないでしょう。それにしても14もの州が州防衛軍を再結成しているのですから。。。再び市民戦争がおこるのでしょうか。
ただ、これらの州はイスラエルとは仲良くしたいようですので、オバマも州知事も結局は米国民或いは州民のために動いているのではないことが分かります。

リンク
(概要)
5月8日付け
patriot
アメリカの14の州の州知事は、オバマの連邦部隊に対抗するために民兵組織としての州防衛軍の再結成を行っています。

オバマ政権に批判的な州政府の反乱を恐れているオバマは、これらの州の国家警備隊(州軍)の国有化を行いました。
→ ジョージア、アラバマ、カンザス、ミネソタ、バージニア、ルイジアナ、サウスカロライナ、他

アラバマ、ジョージア、ルイジアナ、サウスカロライナ、テネシー、テキサス、バージニアは今でも国家警備隊を州政府の指揮下に置いています。彼らは米政府の指揮下にある連邦部隊と戦うために立ち上がろうとしています。
アメリカでは国家警備隊が州防衛軍に加わることを禁止する法律はありません。
アメリカの市民戦争でも、民兵が連邦政府の命令を無視し州政府の命令に従ったというジレンマが起きました。
オバマは州防衛軍を再結成させた州知事に激怒しています。

州防衛軍は州と連邦法によって公認されており、各州知事の指揮下で行動します。
州防衛軍は州の国家警備隊とは区別されます。州防衛軍は連邦政府の軍隊にはなれません。 
オバマは州防衛軍を恐れています。なぜならオバマは彼らを支配することができないからです。米軍兵士の多くが海外の戦場に派遣された中で、複数の州で、州知事が直接指揮できる州防衛軍が活発化しています。
(VN: 2002年~2003年に作成された以下の地図をご覧ください。この地図は、9.11テロ事件後に使用されたものですが、彼らのプロパガンダと偽情報が満載です。しかし彼らの計画は失敗に終わりました。この事件はイスラム教徒とは全く関係がなかったのです。犯人は、自分達をハザール人と名乗っているが、ハザール人の中のトルコ人とモンゴル人です。現在、彼らはイスラエルとサウジアラビアを支配しています。

州防衛軍の再結成を主導しているのが、ミネソタのポウレントリー知事とテキサスのペリー知事です。彼らは、「オバマはアメリカを破壊しているアメリカの敵であり、アメリカの最重要の同盟国であるイスラエルと距離を置いている。」とオバマを非難しています。またテキサス州知事は、オバマはテキサス全域に何万人もの不法移民を流入させテキサスを不当に扱っている、とオバマを非難しました。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_304030
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
313457 アメリカの内戦に備えるためにテキサスに国連部隊が集結 花山薫 16/03/23 PM11
305064 Facebook ・Twitter・PhotoShare・ Instagramも限界〜次の変化のテーマは「どんな人たちと、なんの為に集まるのか」 志水満 15/06/18 AM10
305061 誰のために仕事をするのか〜霞ヶ関官僚の劣化が止まらなければ日本人全員が損をする 志水満 15/06/18 AM08
304833 我々日本国民はすでに遺伝子組み換え食品を山ほど食べている 志水満 15/06/10 PM09
304822 『日本が世界地図から消滅しないための戦略』その3 志水満 15/06/10 PM05
304821 『日本が世界地図から消滅しないための戦略』その2 志水満 15/06/10 PM03
304820 『日本が世界地図から消滅しないための戦略』その1 志水満 15/06/10 PM03
304817 TPPが食を崩壊させる? 日本が一番警戒すべきこと 惻隠之心 15/06/10 PM00
304465 米国支配下の日本 ・・・日米共同防衛も 向芳孝 15/05/30 AM02
304362 極めて深刻な事態(イラク州都陥落)(NEVADAブログ) 匿名希望 15/05/26 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp