政治:右傾化の潮流
303545 政権の意に沿わぬ発言をすると、必ず仕事を失ってしまう時代になりました。(三枝成彰氏)
 
太刀川省治 ( 55 大阪 建築士 ) 15/04/30 PM10 【印刷用へ
三枝成彰氏(作曲家、音楽プロデューサー、キャスター)がfacebookで訥々と書いている文章。政治に関する発言に圧力が確かに存在し、常に監視され、仕事を奪われる。現在の政権に対する諦観がにじみ出ています。


三枝成彰facebook 4月9日
リンク
********************************

なにか、きなくさくなりました。

フェイスブックでこういうふうに発言することですら、
管理されているんでしょう。
「戦争反対」「憲法改正反対」とか「原発反対」とかなど発言すると、
必ず仕事を失ってしまう時代になりました。

さて、

戦後、我々は「憲法9条」で困ったことがあったでしょうか。
平和を維持するということで、困ったことがあったでしょうか。
もちろん、世界の一等国にはなれない。常任理事国にはなれない。
でも豊かな生活が送れたと思います。
なぜそれがいけないんでしょうか。
という疑問を皆さん持たなければいけないんじゃないか。

ドイツはフランスと二回喧嘩したことを教訓とし、
近隣の国と仲良くすることを義務付けてきたのに、
なぜ日本は戦前のような国を作ろうとするのか、
私には理解ができない。

おそらくこの文を書いただけで、仕事をいくつか失うでしょう。
全部検閲しているからです。
その中で週間文春で連載をしている伊集院静さんの
「それがどうした」に、報道ステーションの古賀氏の降板について書いた記事がありました。
『日本人は大きい代償を払うようになる。払うのは私たちの子どもであり、孫であり、日本人という民族だ』
古賀氏が自由に話せる時代がなくなれば、この国はもうおしまいだと思う。
伊集院さんは大変勇気のある人だ。

反戦ではなく逃避した作家・谷崎潤一郎と永井荷風、
私も、この2人のような生き方になるんだなぁと思う。
政治的発言もなく、自分のやりたいことをひたすらやるしかないのか、
つまりいろんな発言をすることで自分の首を絞めることになる。
こういう国になってしまったことをつくづく感じ悲しい。
本当に、みなさんどうするんでしょうか。

せめて、「憲法改正」「原発」のことは、選挙に行くことで決する必要がある。
選挙に行って、どちらかに決するのが民主主義だと思う。
選挙に行かないでずるずると国会で決まっていくのはおかしいと思う。
報道ステーションは私がこれまで楽しみにしていた番組だったが、
今回のことで見るのをやめようと思った。
もう見たい報道番組がなくなった。

紙媒体で毎回読んでいるのは、「紙の爆弾」「週刊現代」「日刊ゲンダイ」「東京新聞」「週刊ポスト」。
この4誌は必須。
ちなみに、袋とじがない雑誌はうそが多いし、エロと風俗の広告がない雑誌は信用できない。
そして、エロ雑誌を読もう。
それは権力を恐れない人が作っているからである。
********************************
 
  List
  この記事は 303311 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_303545
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp