学者とマスコミはグルで頭脳支配
3033 個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
 
岩井裕介 ( 29 山口 再開発プランナー ) 01/04/10 AM03 【印刷用へ
個人主義<=>全体主義
利己主義<=>利他主義
の図式についていくつか疑問があります。

まず、上段の全体主義についてですが、個人の生き方のひとつのありかたとして用いている方が多いようですが、全体主義というのは社会統合上の概念です。
また、個人主義についても同様に社会統合上の意味で用いているのか、単なる個人の生き方の表明であるのか混乱しているように思います。

全体主義というのを具体的に言えば、大戦下の日本の軍国主義、イタリア・ドイツのファシズム、ロシア・中国共産主義、その他発展途上国に見られる軍事政権などを指すのが一般的です。もっと端的に言えば、後進国(資本主義的な意味での後発国)の戦時下の体制を言います。

この社会統合上の意味においては、個人主義も全体主義も、ともに近代的な個人という概念が法的基盤となり、民主主義が成立した後の国家体制の違いにすぎません。つまり、
強者=戦勝国=先進国(=英米)=民主主義が発達=個人主義
弱者=敗戦国=後進国=民主主義が未発達=全体主義
という図式になるのですが、重要なことは、実際にやっていることはほとんど変わらないということです。その証拠に英米でも国家規模の思想統制(アカ狩り)や外国人排除は行われてきました。

全体主義というと、前近代的でなんとなく悪いイメージがつきまといますが、社会統合上の意味においては個人主義も同じ穴のムジナなんです。
別の言い方をすれば、全体主義という言葉は、強者による弱者へのレッテル貼りに過ぎないというのが正しい認識だと思います。
この場合の強者・弱者というのは、侵略競争上の力、軍事力、資本競争力という意味です。

ですからこれとは別に、個人の生き方の議論をするならば、全体主義という言葉は不適切で、「集団」あるいは「共同体」という概念をつかうべきだと思います。それと個の関係を考えるということです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_3033
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
102679 「共同体」の力学 みっつん 05/12/15 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp