アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
303236 日本人の冨を収奪するには武器は要らないと、米国支配層は考えて来たに違いない。
 
持国天 ( 古希 ) 15/04/20 PM10 【印刷用へ
市場拡大頼みのインフレ移行を大義名分に、破れかぶれの金融・財政政策(アベノミクス)が断行されている。まさに今幻と先行き地獄が日本の財政である。政権側の様々な思惑の最大公約数が、デフレ退治とインフレシフトと株高となる。

黒田日銀の金融政策の下で、大衆の年金積立金の35兆円を官製相場の株価底上げに投入してきた。年金機構の資金が相場高騰の材料とされ、更に郵貯・簡保・農協資金と大衆のお金が政権の思惑で株式と債権市場に次々に投入される。そして日本資金は金貸し勢力の懐に流れ込んでいく。消費税や株式と債券市場がポンプとなって庶民の蓄財が広い裾野から掻き集められ、欺瞞観念(アベノミクス)を介して世界を牛耳る一握りの金貸し勢力へと吸い上げられていく。

政治家も新聞記者も経済学者も真実を伝える志は萎え失い、敗戦から70年を経るのに未だに国富の収奪を許していく事実と、アベノミクスのカラクリを多くの日本人は知らない。このまま従米政権が継続すれば、アベノミクスの三本の矢のカラクリの下、日本庶民の蓄財は米国に根城をおく金貸し勢力に吸い上げられていく。若者に血を流さす戦争もせずに、21世紀に入った今も米国は日本人の冨を自在に収奪し続けて行く。日本人の冨を収奪するには武器は要らないと、米国支配層は考えて来たに違いない。膨大な国富が米国に吸い上げられ続けてきた事実を知らなければならない。
 
  List
  この記事は 302862 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_303236
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
303378 国が通貨発行権を取り戻した 斎藤一浩 15/04/25 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp