アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
303234 天皇家を軸に情勢を見直す必要性 〜アメリカの圧力とみせながら、やっていることは天皇一派に都合のよいものばかり〜
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 15/04/20 PM09 【印刷用へ
最近の情勢を天皇を軸に見直す必要があるという記事です。

日本を守るのに右も左もない リンクより引用
///////////////////////////////////////////////////////////
アメリカの弱体化、欧米金貸し(ロスチャ・ロック)の弱体化と共に、旧勢力である王・貴族・軍の力が強まってきた。特に日本の天皇を軸に、これからの動きを読んでいく必要があると思われる。いままでの動きも、天皇家とその一族の側から見直していく必要があるのだろう。
注目すべき記事を上げてみる。

●「原子力村」の正体とは、実は「天皇家」とその親戚一同でした。
リンク
・有力政治家が名を連ねる地下式原発。
・東電の国有化が完了。
・東電の国有化で好きなだけ、地下式原発を作ることができる。
・この日本で原発を建てれば建てるほど、天皇家が儲かる仕組みになっている。

●安倍内閣の精神支柱、最大のバックは神社本庁
リンク
>祭政一致とは、神道の祭り主である天皇が親政も行ない、国政上、政府はそれを輔弼する(進言する)役割にとどめるという、大日本帝国憲法で明文化されていたものだが、神社本庁はそれを復活すべきだというのである。

●安倍晋三も岸信介もアメリカに利用されていたのではなく、実はアメリカに送り込まれた天皇のスパイだったのではないか。
リンク

●北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。
リンク

●米国が公式にイスラエルの核武装と南朝鮮のベトナム人慰安婦を承認、両国は犯罪国家に転落へ
リンク
>最近の日本には世界各国の要人が相次いで訪問している。英国女王の孫であるウィリアム王子、ヒトラーの娘と噂されるドイツのメルケル首相、オバマ大統領夫人のミシェル、元米国大統領で元国務長官ヒラリー(次期大統領?)の夫であるビル=クリントンなど。デンマークの皇太子もやってきている。これらは恐らく、21世紀の世界システムの中で日本が中国やロシアと並ぶ超大国として覇権の一角を握ることを意味していると思われる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★こう見てくると、実はアメリカの圧力とみせながらやっていることは天皇一派に都合のよいものばかりだったということになる。特にリーマンショックでアメリカのロックフェラーが弱体化した以降はその傾向が強いと思われる。
・原発再稼動と原発輸出、核開発
・軍備増強
・憲法改正と海外派兵
・神道の復活と情報統制
・敵役としての北朝鮮は、アメリカが育てたものではなく天皇家の親戚!究極のマッチポンプ
・今年にはいっての世界要人の日本詣で、従軍慰安婦の論調の変化、何か天皇を中心に回り始めている。

以上の動きは、一言で言えば、戦前の大日本帝国的体制への回帰であり、天皇一族への財産集中であり、アベノミクスや消費税増税や大企業優遇もその路線上にあると考えられる。軍備増強は、系列企業の儲けとともに、海外への貸付金取立て(特にアメリカ) 及び国内統制のためなのではないか。このように見ると、表向きの行動とは裏腹に、利権に塗れて、国民の生活という視点は全くなさそうに思われる。
また、彼らが原発や核開発、軍備増強に執着するのはなぜか?この現代において、異様さも感じます。利権以外に何か理由があるのでしょうか?
/////////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_303234
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
303487 日本にある金(きん)をめぐるエピソード 2題 松下晃典 15/04/28 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp