学者とマスコミが人類を破滅に導く
303132 東電・廃炉責任者が悲観的な見通しを語るも、NHKは国内では報道せず
 
惻隠之心 ( 59 大阪 会社員 ) 15/04/17 PM07 【印刷用へ
東電・福島第一廃炉推進カンパニー社長・増田尚宏氏が廃炉作業の見通しについて悲観的かつきわめてストレートに語っている。
正しい決定ができないと・・・・
NHKはこのインタビューを海外に報道したのに、国内では全く報道していません。
これは許されない。

以下引用です
東電・廃炉責任者が悲観的な見通しを語るも、NHKは国内では報道せず(NHK:阿修羅)
リンク
NHKが、東電・福島第一廃炉推進カンパニー社長・増田尚宏氏に、廃炉作業の見通しについて
 インタビューしています。
「東電・廃炉推進トップが語る」 (NHKワールドニュース 2015/3/31)
リンク
以下、増田氏の回答を引用します。
(Masuda)
 We have no idea about the debris. We don’t know its shape or strength.
 We have to remove it remotely from 30 meters above, but we don’t have that kind of technology yet,
 it simply doesn’t exist.

溶融燃料についてはわからない。形状や強度は不明。
30メータ上方から遠隔操作で取り除く必要があるが、そういった種類の技術は持っておらず、存在しない。

(Masuda)
 We still don’t know whether it’s possible to fill the reactor containers with water.
 We’ve found some cracks and holes in the three damaged container vessels,
 but we don’t know if we found them all.
 If it turns out there are other holes, we might have to look for some other way to remove the debris.

格納容器を水棺にするのが可能かどうかまだわからない。壊れた格納容器3基にヒビ割れや穴をいくつかを
見つけたが、それで全部かどうかわからない。
ほかにもあれば、がれきを取り除く他の方法を見つけなければならない。

(NHK)
 The government wants that work to begin in 2020.
 I asked Masuda how confident he is that he hit the target. His answer was surprisingly candid.

政府は廃炉作業を2020年に始める意向だ。増田氏にそれについてどれだけ確信があるか尋ねた。
 彼の回答は驚くほど率直だった。

(Masuda)
 It’s a very big challenge. Honestly speaking, I cannot say it’s possible.
 But also I do not wish to say it’s impossible.

それは非常に大きなチャレンジだ。正直に言って、私はそれが可能だと言えない。
でも不可能だとも言いたくない。

(NHK)
 I also asked Masuda what he needs most for the operation to succeed.

増田氏に、成功させるためには何が一番必要かと聞いた。

(Masuda)
 That’s hard to say. but probably experience.
 How much radiation exposure can people tolerate?
 What kind of information do the residents in the area need?There is no textbook to teach us what to do.
 I have to make decisions every step of the way.
 And I must be honest with you I cannot promise that I will always make the right decision.

言うのは難しいが、おそらく経験だろう。
どのくらいの被ばく線量なら許容されるのか?周辺住民ににはどんな情報が必要なのか?
どうすればよいか教えてくれる教科書はない。
 私は、ステップごとに決定を下さなければならない。
 正直に申し上げて、私が正しい決定をするということは約束できない。

(引用ここまで)
増田氏は、極めて悲観的な見通しを語っています。

NHKはこのインタビューを海外に報道したのに、国内では全く報道していません。
国内の視聴者の受信料で番組を制作しているのに、都合の悪い情報は国内には一切報道しない。
NHKは、東電の広報かと言いたい。極めて悪質な、ふざけた会社です。
 
  List
  この記事は 302203 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_303132
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
303344 安倍首相のお膝元で原発反対決議 匿名希望 15/04/24 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp