西洋医療と東洋医療
302887 「それ」をやめるだけで肉体的・精神的・能力的に向上する
 
岡本誠 ( 61 兵庫 経営管理 ) 15/04/09 PM10 【印刷用へ
ジャンクフードはドラッグと一緒。健康を害するだけでなく、最終的には脳を破壊してしまう。DARKNESブログより。リンク

――――――――(以下、引用)――――――――
フライドチキン、フライドポテト、ハンバーガー、ピザ、ケーキ、ポテトチップス。ジャンクフードの多くは「高脂肪分」がたっぷりの食品なのだが、こうした食品は、実はドラッグ同様の依存性があることはあまり知られていない。

人類は飢餓の時代が長かったので、高脂肪分の食品に強く反応するようにできている。次にいつ食べられるのか分からないので、高脂肪分の食事は生き延びるために必要だった。

だから、高脂肪分の食品が「好き」になるようにセッティングされていると言ってもいい。高脂肪分の食品を食べると、人間は「強い快楽」を感じるのである。

飽食の時代となった現代では、この高脂肪分の食事を取り続けることができるようになった。そして、この高脂肪分の食事が命取りとなっている。

こうした高脂肪分の代表であるジャンクフードは、食べ続けると健康を害する食品であることはよく知られているが、それ以外にも「性格を変えてしまう」という事実もある。

●ジャンクフードもまた脳に大きなダメージを与える

ドラッグは脳を破壊するが、ジャンクフードもまた脳を破壊していく。ドラッグは性格を悪い方向に変容させていくが、ジャンクフードもまた性格を悪い方向に変容させていく。

ドラッグが脳に大きなダメージを与えるのと同様に、ジャンクフードもまた脳に大きなダメージを与えていく。

人間の性格は「脳の働き」が作り出しているものだが、脳がダメージを受けるということは、性格が悪い方向に変容しても不思議ではないということでもある。

ジャンクフードを食べ続けると、認知症になりやすいという学説が発表されている。記憶を定着させるために必要なインスリンの供給が阻害される。そうすると、記憶障害になっていき、最終的に認知症に至る。

重要なのは、認知症にならなくても、インスリンの供給が阻害された時点で脳内環境が変わっているのだから、それによって性格も変わっていっても何ら不思議ではないということだ。

脳の働きが阻害されて性格が変わるのだから、ドラッグの依存者の性格が悪い方向に変わるのと同じように、ジャンクフードを食べ続けた人間も悪い方向に変わりやすい。

ジャンクフードを食べ続けると、落ち着きをなくしてひとつのことに集中できなくなるとも言われている。それは、高脂肪分が腸内環境を乱して正常ではなくなってしまうからだと言われている。

また、ジャンクフードが好きな中年男性は、鬱病になりやすいという研究結果も出ている。これはフィンランドの栄養学者が13年に渡り2000人の食生活を記録した調査で分かった。

ジャンクフードの蔓延と、鬱病患者の増加は、関連性がある可能性も高い。

●積もり積もって最後には「脳の破壊」に結びつく

ジャンクフードを食べ過ぎると、糖尿病のみならず、心臓病で死ぬリスクも56%も高まると言われている。ジャンクフードを食べることによって、人間の身体の正常性が奪われる。

ジャンクフードを食べ続けてきた母親から生まれた子供は、アレルギー反応がでることも多いとも言われている。不妊もまたジャンクフードが影響していると言われている。

要するに、ジャンクフードは身体のあちこちに問題を引き起こす。そして、体内のあちこちにいくつものダメージが蓄積され、それが積もり積もって最後には「脳の破壊」に結びついていく。

人間にはそれぞれの体質や抵抗力が違うので、ジャンクフードを食べ続けると100%ダメージを受けるというわけではない。しかし、リスクを高めるというのは間違いない。

ジャンクフードを食べて即死するわけではない。それは「ただちに影響はない」が、いずれ悪影響を引き起こす。

それでもジャンクフードが止められないのは、まさにドラッグと同じ「依存症」がそこに生まれているからだ。

依存症というのは、ドラッグを見ても分かる通り、自分の意思に関係なく、精神的にも肉体的にもそれを求めてしまう状態になっていることを指す。

ふと、それが自分を破壊するものであることに気付いても、それは止められない。どうしても、それが欲しくなってたまらなくなる。脳が快楽を求めている。

その快楽への飢餓感を満たせば満たすほど、さらに状況は悪化する。そして、ますます記憶障害やイライラが募っていく。

記憶力を高めたいのでどうしたらいいのか、というのは現代人なら誰でも思うことだが、記憶術を試すとか、何かのサプリメントを飲むという前に、「ジャンクフードを一切断つ」という決断の方が長期的には優れているということが分かる。

●もしジャンクフードをやめることさえできれば……

しかし、多くの人はそれが難しい。なぜなら、現代人は朝から晩までこのジャンクフードの誘惑にさらされており、それが「安い価格」で手に入るからである。

朝から晩まで、あらゆる種類のジャンクフードがテレビで宣伝されているのを私たちは無意識に見る。

もともと依存性が高い食品を、これでもか、これでもかと宣伝するわけだから、現代人が「ジャンクフードを食べたい」という欲望を抑えられないのは仕方がない。

社会も、そして企業も、誰も消費者の健康など考えていない。それを売って金を稼ぐことを考えている。それによって消費者の健康が害したとしても、それは単に「自己責任」という言葉で片付けられる。

つまり、依存性の高い食品を販売して、実際に私たちが依存症になったら「依存してしまったお前が悪い」ということなのである。

ジャンクフードは、ドラッグだ。食べ過ぎると、健康に問題が出るばかりか、最終的には脳もダメージを受けていく。自分が食べれば自分に問題が発生し、子供が食べれば子供に問題が発生する。

それが分かっていても、多くの人はジャンクフードがやめられない。それは「ドラッグ」だからだ。

しかし、逆に言えば、もしジャンクフードをやめることさえできれば、長期的に見て私たちは多くの問題を回避することが可能になるということだ。

さらに、ジャンクフードをやめられない多くの人よりも、肉体的にも、精神的にも、そして能力的にも、ひとつ「上」の人間になるというオマケまで付く。

何か特別なことをしなくても、ただ「やめる」だけで健康も体力も記憶力も手に入るのだから、これは検討に値すべきことではないだろうか。

ただし、「やめられれば」の話だが……。
――――――――(引用おわり)――――――――
 
  List
  この記事は 290530 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_302887
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp