共同体社会の実現
30282 超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/05/07 PM06 【印刷用へ
その基本的な答え=実現基盤は、既に実現論4_1_07実現論4_1_08『人類500万年のパラダイム転換』に示されている。生存圧力から同類圧力への大転換が、それである。(注:同類圧力とは、人々の課題共認や規範共認や評価共認が生み出す共認圧力であるが、その最先端は常に同類闘争の圧力へと収束してゆく。)
人類は、既に物的な生存圧力から脱却した以上、生存圧力を背景とする同類闘争(掠奪闘争や私権闘争)から、同類圧力を背景とする同類闘争へと脱皮するしかない。その新しい同類闘争こそ、この社会統合板で1〜2ヶ月前に明らかにされた新しい潮流、即ち人々の外向収束(社会収束)⇒認識収束が生み出す認識闘争(評価競争)である。
つまり人類は今、史上はじめて、人類本来の共認機能に基づく共認闘争によって掠奪闘争や私権闘争を止揚し、社会を再統合し直す段階に来たと云えるだろう。

それでは次に、その認識闘争の場が、どのようにして国家と市場を超えてゆくのかを見てみよう。その為には、いったん国家と市場の成り立ちとその統合限界を押さえ直しておく必要がある。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_30282
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
246891 サル社会に学ぶ共認原理 川井孝浩 11/03/09 AM03
『超国家・超市場論 第11回』 〜生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/01/21 PM02
『超国家・超市場論 第10回』 〜生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/01/11 AM01
241817 共認闘争の原動力は素直な本当の気持ち かつまた 10/12/06 PM03
240064 【図解】超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ 西村真治 10/10/29 PM08
240042 自然外圧の同類闘争と、同類圧力に基づく評価競争。実は他者否定と肯定視という、正反対の構造である。 匿名希望 10/10/29 PM03
224136 【図解】超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ 永峰正規 10/01/13 AM07
シリーズ 環境問題の核心=「国家と市場」 を超える可能性を考える? 「地球と気象・地震を考える」 09/11/19 PM10
219029 環境問題も認識闘争=評価競争が鍵 関谷啓太郎 09/11/06 PM00
217716 共認闘争へと収束していくという事とは ふき子 09/10/20 PM10
214194 今回の衆議院選挙は社会の再統合 岸良造 09/09/03 AM09
214191 民主党への政権交代の期待は可能性のある社会づくり 今井勝行 09/09/03 AM08
214183 政治は「社会統合の場」かどうか審判が必要になってきた 星埜洋 09/09/03 AM01
214137 ネットのクチコミは現実の動きを予想できるか?〜衆院選的中率80.33% 坂本日出夫 09/09/02 PM02
208698 私権闘争、私権圧力からの解放 西村真治 09/06/13 AM07
207968 【図解】超国家・超市場論4〜6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ 土屋範明 09/06/02 PM01
202787 【図解】生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ 大森義也 09/03/24 AM11
202753 人々は共認圧力を背景とした同類闘争の圧力に先端収束してゆく 匿名希望 09/03/23 PM08
202642 今、この瞬間が、大転換期であることを実感する。 八代至誠 09/03/21 PM11
202176 【幹図解】超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ 宮崎未帆 09/03/15 PM04
199926 【図解】超国家・超市場論6 生存圧力から同類圧力への大転換 向芳孝 09/02/17 AM08
199727 共認統合⇒私権統合⇒共認収束への推移を考える。 ざしきわらし 09/02/14 PM10
198493 日本における市場縮小と性幻想との関係 大西敏博 09/01/28 PM08
198470 事実認識があれば、次の打つ手を考えられる みに とまと 09/01/28 PM04
198457 日本の『パラダイム転換』は、巡航スピードに入ったか 持国天 09/01/28 PM00
194507 思考停止では「同類圧力を背景とする同類闘争」も機能しない ヨネ 08/12/10 AM11
194503 仕事場の環境が、大変革中。 猪飼野 08/12/10 AM09
194493 超国家・超市場論6【幹図解】  R 08/12/10 AM03
192476 健全なる楽観と活力溢れる認識闘争の時代 松岡隆 08/11/17 AM02
192399 顕在化した同類圧力下、適応できるか? 佐藤賢志 08/11/16 AM09
192350 08年ワシントンG20金融サミットは、共認闘争の開始を意味する! 川井孝浩 08/11/15 PM09
191114 【図解】超国家・超市場論5・6 おおさかじょん 08/10/31 AM08
182668 実現思考を使うには? 汚れなき男 08/08/03 PM08
181909 人類の課題は如何にして同類圧力を高めていくかにかかっている。 むはひふ 08/07/23 PM01
181828 実現基盤ってなに? 佐藤祥司 08/07/22 PM00
181732 最先端は、同類闘争圧力!! 角まゆみ 08/07/21 AM04
181718 認識闘争の場が、どのようにして国家と市場を超えていくのか?>まずは市場から崩壊していく? 久保田彰子 08/07/21 AM00
180752 “生存圧力の克服”という認識 福島健 08/07/07 PM00
176716 中華思想も、世界世論(共認圧力)を無視できない。 新井弘 08/05/17 PM06
176689 現在の同類圧力って 長谷川文 08/05/17 PM02
176479 やはり時代の活力源は同類闘争にしかない プリゴロ太 08/05/15 AM11
174876 「私権だけ・自分だけ」という思考からの解放 長谷川文 08/04/24 AM00
173431 共認闘争時代の闘争集団 坂本日出夫 08/04/03 PM02
173394 まず日本が共認統合社会を実現させることが世界のパラダイム転換の契機となる 星埜洋 08/04/02 PM08
173393 共認闘争のマスコミ支配から脱却して新しい社会が 今井勝行 08/04/02 PM08
171722 答えの鍵は、置かれてる外圧を把握すること。 田中瑠衣 08/03/01 AM10
171692 超国家・超市場論4〜6の幹図解 磯貝朋広 08/02/29 PM10
171034 意識転換するには、脳回路を変えるまでの繰り返しのダメ出し=期待圧力が必要 酒井俊弘 08/02/17 PM02
171030 同類圧力・・・・顕在化しているが、収束するための場が必要 井上宏 08/02/17 PM00
170975 【図解】生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ 山名宏明 08/02/16 PM04
170964 まだ、同類圧力(共認圧力)による同類闘争の時代に入った!と実感できないのは、なんで? 村上祥典 08/02/16 AM05
167759 騙しから信任の社会へ 匿名希望 07/12/25 PM05
166209 共認社会の生存圧力〜未来永劫生まれ続けるが、人類の共認に委ねられる。具体的には? 福田尚正 07/11/30 PM09
166066 マスコミによって答えが出せない状況を作り出されていた 西村真治 07/11/28 PM01
166035 事実が知りたい 斎藤一浩 07/11/27 PM11
166030 有史以来のパラダイム転換は3段階ある Silentservice 07/11/27 PM10
166026 初参加の感想 匿名希望 07/11/27 PM10
165988 共認闘争、敵はマスコミ 匿名希望 07/11/26 PM09
164475 信用創造に対する認識転換の可能性を考えてみました。 Silentservice 07/10/31 PM07
164335 課題(活力源)は観念でしか捉えられない 向芳孝 07/10/29 AM00
164332 共認闘争の次元で発信して初めて、輝き(力)となる コスモス 07/10/28 PM11
164331 【図解】超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ 八代至誠 07/10/28 PM11
164324 同類圧力に感応しないと生きてゆけない わっと 07/10/28 PM09
164294 掠奪闘争や私権闘争を止揚するには?・・・仕事場面にて。 大森義也 07/10/28 AM11
162802 外向収束は評価軸の探索? 鍛冶屋 07/10/05 PM07
161950 闘争(課題)ありきの、社会統合様式 田中瑠衣 07/09/23 PM08
157292 法を統合階級から”みんな”の手へ 匿名希望 07/07/21 AM00
148925 近代思想は被害者を強者に仕立てた 小林雅志 07/04/08 PM00
144616 耳障りのいい言葉で本質を見え難くさせている 二力 07/02/10 PM08
144586 旧観念、旧規範の壁を乗り越える認識闘争へ。 ちわわ 07/02/10 PM01
144573 同類闘争圧力が高まっていかないのは、なんでだろう? コータロー 07/02/10 AM11
144418 共認形成の手段としてのネットの活用は、立派な外圧適応 志水誠 07/02/08 PM09
143007 幻想共認を超える事実追求と本源充足 岡本誠 07/01/21 PM10
142227 同類圧力に勝利する為には観念機能を磨く事 新井重雄 07/01/13 PM04
142049 若者を燃えさせ、ネット界を活性化させ、「いじめ」を根絶してゆける“課題”ってなに? 越見源 07/01/11 PM10
139433 私権闘争を止揚する 坂本日出夫 06/12/06 PM08
139427 社会の再統合なしに活力の再生はない! 渡辺卓郎 06/12/06 PM07
139414 現在の同類闘争は認識競争そのもの 今井勝行 06/12/06 PM04
139411 最後は評価競争で勝敗が決する 星埜洋 06/12/06 PM03
131849 止揚と統合とはこういう事なのだと気がついた 山本豊 06/09/24 PM00
131847 生存圧力から、同類圧力に転換することで社会は再統合される 星埜洋 06/09/24 PM00
109103 序列統合は評価共認の一面にすぎない 西知子 06/04/16 AM01
97208 小泉政権は、私権闘争(力の原理)という古い基盤に依拠している 村田貞雄 05/09/12 AM01
90671 るいネットとなんで屋の役割 磯貝朋広 05/05/13 PM11
83872 今や社会統合はみんなの手に取り戻された! 匿名希望 05/01/11 AM11
30638 蜂の一刺し(認識圧力)の凄さを感じる 橋本正雄 02/05/11 PM09
30635 私権闘争が生み出す同類圧力から、社会不全が生み出す同類圧力への逆転 阿部紘 02/05/11 PM09
30533 同類圧力の顕在化、そして淘汰適応 ゲン 02/05/10 PM00
30484 科学技術進展の限界 熊澤敬輔 02/05/09 PM11
30471 統合共認と統合階級の矛盾 野田雄二 02/05/09 PM09
30470 武力支配の統合限界 石野潤 02/05/09 PM09
30458 やっぱり期待・応望! 匿名希望 02/05/09 PM02
30456 国家を超えた認識 匿名希望 02/05/09 PM02
30449 評価共認こそ、私権闘争に未来を見出せない人類に対する答えである。 匿名希望 02/05/09 PM01
30431 市場の限界から認識闘争へ 松尾茂実 02/05/09 AM02
30424 集団を超える評価指標の条件 本田真吾 02/05/09 AM01
30420 国家と統合軸 西谷文宏 02/05/09 AM01
30406 評価闘争が活力源となった酪農家 本田真吾 02/05/09 AM00
30397 共認統合 長谷川文 02/05/08 PM11
30388 国家という肥大集団をも統合する同類圧力とは? 新井重雄 02/05/08 PM11
30386 同類圧力に揺さぶられる国家や市場 村上祥典 02/05/08 PM11
30385 同類圧力を背景とする同類闘争へと脱皮 田原康夫 02/05/08 PM11
30378 不全を抱える人々への特効薬 平川要 02/05/08 PM10
30368 起業家を夢見る若者たち 志水満 02/05/08 PM09
30365 期待という側面 尾曲圭介 02/05/08 PM06
30348 圧力=活力 松下直城 02/05/08 PM01
30343 さなぎから成虫へ脱皮するように 高利 02/05/08 PM01
30330 私権時代を貫いていた(闘争)圧力とは何だったのか? 馬場真一 02/05/08 AM01
30304 新しい“家族”の可能性を模索する気運:意識の再統合の一例として 竹村誠一 02/05/07 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp