本能⇒共認機能⇒観念機能
30274 人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/05/07 PM04 【印刷用へ
闘争(能力)適応であれ共生(取引)適応であれ、種レベルで見られる現象は、当然、個レベルでも見られます。それは当然のことであって、もともと新適応態として登場した個体が増殖して種になった訳ですから、種としての共生(取引)適応は個体としての共生(取引)適応でもあります。従って、集団を単位としているか、個体を単位としているかが(市場の)問題なのではありません。
また、もともと異種間の適応様式であった共生(取引)適応が、同類の個体間に発生したことが問題なのでもありません。共生(取引)適応が、一般的な適応様式である以上、それは異種間だけではなく同類の雌雄間にも、更には同類の個体間にも発現してきます。例えば、序列本能は、基本的には集団(統合)適応態ですが、共生(取引)適応の側面も併せ持っています。

生物の適応様式は極めて多様であり、かついくつもの適応様式が複雑にからみ合って新機能が生み出されています。つまり、生物はそれが有利でありさえすれば、どんな適応様式でも発現させてゆくのであり、又ある一つの「機能」には様々な適応様式が摂り込まれています。従って、概ねどのような適応様式があるのかを知り、ある「機能」が基本的にはどの適応様式に依っているのかを見ておくことは必要ですが、AかBかCかを細かく議論してもあまり得るところはありません。

それよりも、一般に生物がDNAレベルで適応様式を生み出しているのに対して、人類はDNAではなく共認内容や観念内容を組み換えて適応しているという点の方が、はるかに大きな違いであり、人類がなぜ共生(取引)適応態たる市場に(ほぼ全面的に)収束していったのかは、(生物レベルではなく)市場の成り立ちを考察してみないことには、明らかになりません。
その為にも、まずは人類を貫く外圧≒闘争圧力の中身を明らかにしてゆきましょう。
 
  List
  この記事は 29936 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_30274
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
231277 国家(EU)vs.市場 の闘争(ギリシャ経済崩壊)が、始まった。 猪飼野 10/05/07 AM09
227138 人類がDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応するのには何らかの必然がある 山上勝義 10/02/25 AM02
227129 【図解】人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している 山田孝治 10/02/24 PM10
227128 市場は、「私権の強制共認」に対して「騙しの共認」で適応した姿である 佐藤晴彦 10/02/24 PM10
227118 人類最大の武器 R 10/02/24 PM07
211654 本能で危機を察知するときには既に手遅れとなる 孫市 09/07/27 PM07
184694 外圧適応への執念は本能か 佐々木尊一 08/09/04 AM11
167828 市場と言う観念内容を組み替える時期に来ている。 長谷暢二 07/12/26 PM06
30578 認識を「知っていること」と「使えること」との間にあるもの 鈴木隆史 02/05/10 PM11
30525 市場は私権欠乏を充たす可能性を開いたが 冨田彰男 02/05/10 AM01
30445 私権の共認 高田敦 02/05/09 PM01
30439 トマトの進化 新大阪駅 02/05/09 PM00
30412 集団統合適応と共生取引適応は相乗収束する 山澤貴志 02/05/09 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp