学者とマスコミが人類を破滅に導く
302339 日本のエネルギーは原発に頼らずとも100%自給できる〜経産省が封印したがっている事実〜
 
紀伊谷高那 ( 29 大阪 会社員 ) 15/03/23 AM08 【印刷用へ
311以降、日本のエネルギー供給源については、様々な議論がされている。
直後は非常に熱気を帯びていた議論も時間が経つにつれ、今や「原発」か「自然エネルギー」かの是非について触れる議論はタブー視されつつ状況ではないでしょうか。

その片腹で、政府(自民党)を中心に水面下で原発再稼動の動きが加速してきました。

いまや、『日本のエネルギー供給は「原発」なしではまかなえない』とまで思い込まされるほどのマスコミを使った政府のプロパガンダ政策。

これが、事実に基づく政策でないことは、徐々に明らかになりつつありますが、一方で政府自身がその検証をし、「自然エネルギーのみで自給できる」という結果を出し、それらを公表しないようにしている様子が下記の記事に紹介されています。

記事の本文には、元データが添付されており、非常に信憑性の高い情報でもあります。

これが事実であれば、政府や官僚は、もはや国民や国家という統合者として不適格であることは明らかで、公表されれば、多くの大衆が反旗を翻すことも容易に想像できます。

彼らは、もはや自分第一の自己利益優先の市場の亡者でしかない。
こういった事実が広く、大衆で共有されることが、社会や自身を守っていくこと上でもっとも重要であると同時に、こうした情報が大衆で広がり事実追求の気運が高まっていくことを期待していきたい。


『経産省が封印したがった「再生可能エネルギーの導入見込み量の推計」』
リンク)より引用
**********************************************************
河野太郎氏は自民党の中にいながらもとても良い活動をしてくれていますが、今回の働きには本当に関心しました。経産省の圧力により公表が控えられていた、環境省による「再生可能エネルギーの導入見込量・効果影響の推計」というドキュメントの公開をしてくれたのです。

原発・火力発電から再生可能エネルギーへのシフトに関しては、経産省が「現実味がない」「日本経済に悪影響を与える」と否定的な立場を崩していませんが、この資料を見る限り、非常に現実的であるどころか、「二酸化炭素排出量の大幅削減」「エネルギー自給率100%」の達成への一番の近道にすら思えます。

ファイルは28MBの重さなので、結論だけ知りたい人のために、重要な数字を含むページのみを貼り付けておきます。

まず最も重要なのは、稼働率も含めた発電量の見積もりです。低中高の三つのシナリオで書かれていますが、中のシナリオだと、2030年で28%、2050年で55%を再生可能エネルギーだけで賄うことが「現実的」だとしています(年間需要を 10,000億kWh と仮定した場合)。今後、省エネと少子化で需要が減れば、この率はもっと高くなります。

次に重要なのが、エネルギー自給率の上昇により減少する産油国への資金流出です。やはり中位の資産で、2030年までに約19兆円の資金流失の減少が見込まれます。

そして産油国に流出するはずだったお金は、設備投資などの形で GNP を押し上げ、雇用も生み出すことになるのを示したのが下のページです。

米国の原発が「経済的理由」で次々に停止していること、フランスのアレバ社が存続が危ぶまれるほどの損失を去年計上したことなどを見ても、原発が経済的に成り立たないことが明確になりつつあります。「核のリサイクル計画」も既に破綻しています。原発は今や「ババ抜きのババ」なのです。

第二次世界大戦では、敗戦が濃厚になってからも軍部がそれを認めず、そのために何万人もの日本人が落とすべきではなかった命を落としました。日本の原発政策もすでに行き詰まり状態にあります。原発政策の失敗を認め「勇気ある撤退」をすべきだと思います。

**********************************************************
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_302339
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp