学者とマスコミが人類を破滅に導く
301987 首相との会食に喜々として応じる、メディア幹部の腐敗ぶり
 
谷光美紀 15/03/12 AM00 【印刷用へ
確かに、「筆が鈍ることはない」って聞いたことがあるかも・・・。
なんとも、情けない。

昨年の記事ですが、こちらリンクより引用させていただきます。
----------------------------------------------------
総選挙直後の16日夜、安倍首相は全国紙やテレビの解説委員ら会食した。首相の会合はマスコミトップを含め、既に就任後数十回にわたっている。

 官邸側がこうしたメディア籠絡作戦をとるのは、ある意味当然のことかもしれない。情けないのは、この誘いに喜々として応じるメディア幹部である。彼らは会合への参加を勲章のように思っているらしい。

 権力との癒着といった批判は、彼らには「蛙の面に小便」。「首相の話を聞くのは取材として必要。これで政権批判の筆が鈍ることはない」などと宣う。
 官邸は「筆を鈍らせる」ために、そしてそれが抜群の効果を発揮していることを熟知しているからこそ、高価な飯を食わせているにもかかわらずである。

 事実、トップらが会食したテレビ局は、官邸の要請があれば直ちに首相が好む番組に出演させる。また解説者らは、時事通信の田崎氏のようにテレビの露出度を高くして、安倍自民の言い分をそのまま垂れ流し世論を誘導する。

 彼らは組織内でも大きな顔で出世街道を走る。うまくいけばトップに上り詰める。ナベツネ以下のマスコミトップの多くはこのパターンである。となればその多くはこれを狙っていよう。
  
  実は、記者クラブに属する政治部記者らのほとんどすべては、若いうちから官邸からのカネを平気でもらっている。財源は官房機密費の一部。むろん官邸が記者を飼い慣らすためのものだ。これでは権力を監視すべきジャーナリズム精神が育つわけがない。

 佐藤首相の外遊に同行したNHKの官邸キャップの話は迫力だ。秘書官から「ご苦労様」と、現金の入った封筒を差し出されたのだ。
 驚いた同氏が突き返すと、秘書官が「そんなことをしたら仕事ができなくなるよ.あなたの先輩もみんな受け取っているんだから」と言ったという。

 平成14年のフォーカス誌には、野中元官房長官の暴露記事が載った。タイトルは「官房機密費をもらった政治評論家の名前」で、当時かなり評判になった。
 記事によると、彼がバラ巻いた先として竹村健一、藤原弘達、細川隆一郎が各々200万円、三宅久之、早坂茂三らが各100万といった生々しい数値が並んでいた。

 要するに、昔から政治記者や政治評論家はカネその他の賄賂にどっぷり浸かっている。先の元官房長官の告白記事等が出ても、大マスコミは無視する。自身には不都合だし、個人的にも裏金がもらえなくなってしまうからだ。

 むろんこの悪弊は今も続いていよう。ましてメディア操縦の大好きな安倍政権のことだ。官邸は従来にも増して機密費等を盛大にバラ巻いているに違いない。

 ところで政権交代した民主党政権は、機密費をメディア対策に使わなかったという。だからカネのもらい癖が付いている記者クラブ等には大変に評判が悪かった。
  そこでマスコミは民主党を追い落とすべく、小沢氏はもちろん鳩山氏や菅氏等に対してもかなり悪し様に報道した。自民等の復権では彼らは祝杯をあげたはずだ。

 なお世界に冠たる悪弊である記者クラブは、日本と韓国にしか存在しない。日本が植えつけた韓国の記者クラブは、やはり権力が情報操作に利用するために温存されていたのだ。
 しかしこの韓国の記者クラブは国民等から当然の批判を浴びて、平成15年に廃止されている。
  
  以上のとおりわが国の大マスコミは、良心を麻痺させ魂を権力に売り渡している。だから「(カネをもらっても)政権批判の筆が鈍ることはない」などと、あり得ないことを平気で言える。まさに腐敗の極みである。

 こんな連中が「政治とカネ」問題を含め、新聞・テレビで日々もっともらしいことを言っている。さらには、上から目線で我々国民にお説教を垂れる。
  これが大マスコミの真の姿である。フザケルナと言っておこう。
---------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 300828 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_301987
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
302023 メルケル首相の訪日の目的がドイツ大手紙で紹介されていた〜日本の報道記事との比較は重要 惻隠之心 15/03/13 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp