学者とマスコミが人類を破滅に導く
301985 震災から4年★進まない復興★余る予算★にもかかわらず地方に負担を求める政府
 
平野令 HP ( 壮年 泉州 建築設計 ) 15/03/11 PM11 【印刷用へ
272468『復興予算 休職中の役人の給料を支払い可能にする工作』にある通り、>被災者のために使うはずの復興予算をよりによって増税のシステム費用に回すとは許し難い国民への背信行為というほかない。企みは東京新聞の報道によって未然に発覚し、税務署改修やシステム構築予算は一般会計から出すことになったものの、予算を査定する財務省が先頭に立って流用に狡知をめぐらせているのだから、他省庁に歯止めがかかるはずがない。
内閣府は来年度の復興予算(概算要求)に沖縄の国道建設費を盛り込み、農水省は復興事業に職員の人件費や残業代を盛り込み、北海道開発局は休職中の職員の給料まで復興予算から支払っている。
霞が関ぐるみで国民にわからないように予算流用が可能な仕組みをつくりあげ<

5年分を当初2年間で18兆円も使っていたのが、流用がバレ「被災地以外には使わない」と方針転換した途端、その後の2年間では2兆円しか消化できていないことがわかった。
それもそのはず、予算化されているのは、実際には必要ないor実現できない“名ばかりの復興”事業ばかり、要するに不必要な予算なのだ。

にもかかわらず蔵相は、復興が予定通り進んでおらず、今後も予算が必要とした上で、地方にも負担を求めていく発言。狂っているとしか思えない。
国政を担うエリートたちの頭の中は、いったいどうなっているのだろう?

===以下、真実を探すブログリンクより引用===
東日本大震災の復興予算、計9兆円が使われず!5兆円は未だに国庫の中!竹下復興大臣「地方にも一部負担を」

東日本大震災の復興予算が未だに5兆円も使われずに放置状態となっていることが判明しました。
報道記事によると、2013年度までの3年間に計上した東日本大震災の復興予算計約25兆円のうち、約5兆円が使われず、国庫に残ったままになっていたとのことです。また、約3兆円の復興予算が「不用」と判断されていました。

原因は人手不足等で作業が遅れていることで、復興作業が遅れていることを示していると言えるでしょう。ただ、国が自治体などに支出した「執行済み」の約20兆円についても、少なくとも約4兆円は実際には使われていなかった事から、予算の使い道にも疑問の声が相次いでいます。

政府は「国だけの負担では厳しい」として、これからこの復興予算を地方でも負担してもらう方針です。
 
  List
  この記事は 285419 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_301985
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
302196 アメリカの大罪、媚びるばかりの統合階級は国民を陥れる 匿名希望 15/03/18 PM07
302186 東日本大震災の被災者、7割が経済的に困っていることが判明!半数近くが「生きているのつらい」と回答!年収200万円以下の世帯も41.5%に! 立川久 15/03/18 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp