私権社会の婚姻制
301607 ネクタイを買いにきた少年に、結び方から面接のコツまで教えてあげた店員さん
 
喜多雅子 ( 40代 大阪 母親 ) 15/02/27 PM11 【印刷用へ
困っている人を助け、その人に立場になってあれこれ考えてあげられる、そんな心温まる話がFacebookで話題になっています。

ネクタイの締め方教えるくらい、接客なら当たりやろと思っていましたが、その先がありました。
私は週1回、小学生が通学するのを見守る「見守り隊」というのをやっていますが、いつも表情がこわばっている子がいます。
そんな子に「おはよう」「いってらっしゃい」だけの声かけだけど、それだけでも気持ちをやわらげてあげられる気がするお話です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

リンクより引用

【神対応】「面接なんでネクタイ下さい」と10代の青年が来店 → 「結び方」から「面接のコツ」まで温かい接客でもてなしたお店に拍手喝采

一見殺伐としたこの世の中……「店員にバカにされた」「客に土下座を強要された」なんて、“嫌な店員” ・ “嫌な客” が世の中にあふれているように感じられることもある。けれども実際には、 “良い店員” ・ “良いお客” さんだって、ちゃ〜んと存在しているのは、みなさんもご存じのはずだ。

ということで今回は、「これぞ接客の鑑や!」と大きな話題となっているエピソードをご紹介したい。「これから就職の面接があるので、ネクタイを買いたいのですが……」とお店にやってきた青年に対して、ある店員さんが神対応を行ったのだ。

・ワンタッチ式のネクタイを買いにきたものの……
“良い話” として、ネットを中心に話題となっているこのエピソードの舞台は、米ノースカロライナ州の総合ディスカウントショップ「ターゲット」。

お客さんは、これから仕事の面接に向かう途中だという10代の青年だ。なんでも面接用に、ワンタッチで着用可能な “クリップ式のネクタイ” を買いにきたのだとか。しかし、そのお店ではクリップ式のネクタイは取り扱っておらず、“普通に結ぶタイプのネクタイ” しかないという……。

・店員さんが差し伸べた救いの手
きっとこの青年は、ネクタイを結んだことがないのか、はたまた結ぶのが上手じゃないのか、面接の前に急いでクリップ式ネクタイを買いにきたのだろう。でも、目的の物がなければ別の店に行かなければならない……と、ここで店員さんがナイスな助け舟を出した。なんと、青年にネクタイの結び方を教え始めたのだ! 

「売り上げ貢献のためだろ」と言われればソレまでのこと。しかし、「あ〜、ウチの店には〜、そういったネクタイは置いていないんで〜」なんて、接客業を舐めているとしか思えない “塩対応” をかましてくるお店だって、この世に山ほどある。

・面接のコツまで教えてくれる
この店員さんが教えてくれたのは、ネクタイのことだけではない。青年のシャツをズボンの中に入れてあげたり、握手の仕方、面接のコツなど “人生の先輩” としてアドバイスもくれたのだとか。うぅ……緊張しがちな面接を、こんな風に後押ししてくれる人がいるってスゴくありがたい!

そして、この青年が店を去るときには、「頑張ってね!」と温かい言葉で送り出し、彼が去った後も「面接が上手くいくと良いねえ」と話し合う店員たちの姿も目撃されている。

・まさかの再会
この話は、同じく「ターゲット」に買い物に来ていたオードリー・シェップス=マークさんが、上記のやり取りを目撃した内容を自身のFacebook上に掲載したもの。すると、多くの人の心を感動で撃ち抜き、5万以上もの「いいね!」が寄せられたものである。

一躍 “話題の人” となったこの青年だったが、当初はどこの誰だか不明だったという。すると米メディアABC11が青年の正体を突き止め、なんと店員さんとの再会をセッティングしたのだった。

・アドバイスのおかげで落ち着いていられた
青年の名はヤシール・ムーアさん。この店員さんと再会すると、抱き合って、改めて感謝の意を表していた。面接前は緊張していたが、アドバイスのおかげで、平静さと自信を取り戻すことができたと彼は話している。そして、面接も大成功。第1次・2次を突破して、今は第3次面接の詳細連絡待ちなのだとか。

店員と客との関係は、ほとんどの場合、一度だけのもの。しかし、その一度の出会いに、相手の人生を変える可能性が存分に秘められているようだ。「袖振り合うも多生の縁」「一期一会」なんて言葉があるように、昔の人も一度きりの出会いの大切さを知っていたのだろう。
 
  List
  この記事は 235323 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_301607
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp