脳回路と駆動物質
301337 「折り紙」で数学力が育ちます!
 
谷光美紀 ( 子育て中♪ ) 15/02/19 PM01 【印刷用へ
昔遊びの復活。興味深いです。

ある美容院で、採用試験に折り紙を課すと聞いたことがあります。
なんでも、立体的に捉える力があるか、再現できるか?など、美容師に必要な力が一発で分かるのだそう。

美容師に限らず、折り紙は論理的思考力、空間把握力など幅広い思考力を養ってくれるようです。

こちらリンクより引用させていただきました。

----------------------------------------------
●折り紙と数学の証明のしくみは同じである

「折り紙は数学そのものです。折り紙をやっていれば自然と、数学に必要な力が養われますね」と言い切るのは、“折り紙博士”の川崎敏和先生だ。

 川崎先生は、自ら考案したバラが「カワサキローズ」の名で世界の折り紙愛好家に知れ渡る折り紙作家。九州大学大学院で「整数論」を学び、「変形折り鶴理論」の研究で博士号を得た正真正銘の“博士”である。

折り紙は古くから伝わる伝承遊び。子どもの頃、誰もが折り紙に興じた経験があるだろう。その折り紙に数学力を養う効果があるとは、にわかには信じがたい。

「数学と聞くと、みなさんは、すぐに計算や数式を思い浮かべると思います。特に数学が苦手だった人には、その傾向が強い。でも、計算は数学で何かを証明する際の技術で数学のごく一部なんです」

川崎先生によれば、計算問題がいくら早く解けても、それは「計算力」が高いだけのこと。ほんとうの数学力とは、「論理的思考力」だという。

「数学の本質は、ひとつひとつ論理を積み重ねて、ある命題を証明することにあります。途中をはぶいたり、曖昧にしたままでは決して先に進めません。折り工 程を積み重ねて、ひとつの造形を完成させる折り紙も同様なんです。とくに折り紙は、ひとつの工程でつまずいたら、絶対に作品を完成させることができませ ん。その点、数学よりシビアと言えます」

●折り紙の“論理展開”についていけますか?

 川崎先生によれば、「数学が苦手な人には二つのつまずきがある」。最初のつまずきは、論理展開についていけないこと。例えば、図形の証明や方程式の展開について説明されたとき、論理のつながりが理解できないわけだ。

 このつまずきは、懇切丁寧に論理の隙間を埋める説明をすれば克服できる。だが、多くの人はもう一度、一人で問題を解くことができない。ここに二つ目のつまずきがある。

「原因は目の前の説明にばかり気を取られて、結論に向かって現在どこまで到達しているか、またこれから何をすべきかがわかっていない。全体のことを忘れてしまうからです。要するに手順を覚えているだけで理解できていないのです」

 そのつまずきを克服するためには、「全体を俯瞰する力」を養うことだ。

「折り紙のひとつひとつの折り工程は、数学の“論理構成”と同じです。また常に完成形をイメージしながら折り進めていく折り紙にも、現時点がどの工程にあるか意識する、“全体を俯瞰する力”が必要になってくるのです」

 と、数学に不可欠な二つのものが折り紙を折ることで習得できるというわけだ。

さらにいえば、図形を組み合わせて書かれた折り図を読み取ることは、“図形慣れ”になる。高度な折り紙作品になれば折り図も立体的になり、それを読み取ることで“空間を把握する力”の育成にもつながるのだ。

-----------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 300884 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_301337
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
302329 「あやとり」って奥が深い@ 今村恵 15/03/22 PM10
301971 地頭力(全体を俯瞰する力)は、幼児期に育つ 飛鳥 15/03/11 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp