私権社会の婚姻制
300884 積み木ってすごい
 
喜多雅子 ( 40代 大阪 母親 ) 15/02/04 PM09 【印刷用へ
我が息子は、数学の図形が大嫌い。
問題みたとたん拒否反応をしめしている。なんでこんな簡単なものが分からないのか不思議に思い、幼いころのことを思い起こしてみた。そういえば、積み木とか工作みたいなことはほとんどやらなかった。
ブロック遊びも自分で好きなように創作してみるより、絵の通りに作っていることが多かったと思います。
パズドラはできるんだけどなぁ。これとどこが違うのか。


------------------------------------------------------------------
子どもが夢中で学ぶ! 年齢別で見る積木の遊び方 リンクより引用 

究極的な遊びは「積木」と「ボール遊び」

「玩具には『主食』と『おやつ』がある」というのは和久さんの持論だ。「おやつ」とはスイッチひとつで動いたり光ったりするものや、その時の流行のキャラクターなどをモデルにした玩具であり、複雑な構造のため壊れることもある玩具のことを指す。

一方の「主食」となる玩具は、「おやつ」のような華やかさはないものの、認識する・考える・創造するなどという根源的な学びを与えてくれるものだという。こうした「主食」の玩具には、シンプルなだけに想像力が必要になる。そしてその想像力を縦横無尽に働かせるためには一定の規則が不可欠であり、その代表が「積木」と「ボール遊び」だ。


もう一つの「積木」はさらに奥が深い。積木は○△□などと様々な形があるが、積木の基本となる寸法(基尺)は定められているため、いろいろな種類の積木を重ねていっても、同じ高さや長さのブロックを作ることができる。また、積み方もどの方向が正しいとは決まっていないため、尽きることのない自由な発想を生み出してくれる。

左右の高さを同じにするためには? 崩さないように高く積み上げるには? などと、子どもたちは無意識に大きさやバランスに注意しているため、いつの間にか数量や形体に対する認識が深まる。積木遊びを原数学活動という学者もいて、思考は数学的な理解から始まるともいわれている。


パターン遊びを発展させてお城作りへ リンクより引用

「実際、何を作ったらいいのだろう」と悩んでしまった時の遊びとして、和久さんは「お城作り」をおススメしてくれた。構造は複雑そうに見えるが、実はこの遊び、基本は「パターン遊び」なのだ。パターン遊びは、8個の立方体を使って点対象のパターンを組み合わせて遊ぶというもの。積木の量・形を増やして、構造的にパターンを積み上げていくとお城ができる。

まず、中心となる柱を立てる。それからは点対称、線対称の位置に積木を置いていけばいい。「ママが1個置いたら反対に置いてみようね」などと声をかえてあげると、子どももイメージしやすいだろう。城の土台は、立方体や直方体など積みやすいものを用いるといい。

-------------------------------------------------------------------


昔ながらの何気ない遊びって、体の様々な機能を生かしているんことを再確認!
うちは既に手遅れですが、小さいお子さんのいる家庭は、キャラクター玩具などに安易に飛びつかず、積み木でじっくり遊んでみてはどうでしょう。
 
  List
  この記事は 287944 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_300884
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
301337 「折り紙」で数学力が育ちます! 谷光美紀 15/02/19 PM01
301242 積み木の効用@〜「倒れる」を学ぶことが、後の「創造」をはぐくむ〜 樫村志穂美 15/02/16 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp