政治:右傾化の潮流
300095 【不正選挙】不正選挙の話題を広める方法
 
宮田一郎 ( 東京 ) 15/01/10 PM10 【印刷用へ
velvetmorning blog より転載。リンク

----------------------------------------------------
当ブログをお読みいただいている方なら、不正選挙のことは、当然ご存知のはずですよね。

でも、身の回りの家族や同僚、友達に、この話題をなかなか出来ないという方も多いのではないかと思います。
政治の話題を出すと嫌がる人が多いですからね、日本は。

そこで、当ブログは、万人にオススメ可能な不正選挙情報の広め方を考えました。


1、まず、竹中平蔵のパソナについて話すことから始めましょう。

最初のきっかけとして、竹中平蔵の朝まで生テレビの発言を取り上げましょう。

竹中平蔵が、元旦の『朝まで生テレビ』で、「日本人の正社員を無くせ」って言ってるの知ってる??」

これで全国のサラリーマンの皆さんへの掴みはOKです。

さらに続けます。

「「日本人はインド人並みの給料になる」とも言ってるんだよね。凄くない??

竹中平蔵は、現実的に『産業力競争会議』という政府機関のメンバーだから、これ、現実になる可能性があるんだよね。
実際、国が支出する労働移動支援助成金を2012年度の2億7000万円から、2014年度には一気に300億円に増額したのね。
そのほとんどが竹中平蔵のパソナに流れたんですよ。

雇用を流動化して、労働者を『商品』にして、派遣会社が手数料を取るビジネスモデルですよ。」
別の言い方をすると、『人身売買』

『調べてみたら、竹中平蔵が会長のパソナっていう人材派遣会社があるんだけど、選挙の出口調査や期日前投票の受付、選挙の開票作業から報告まで請け負ってるんだよね。
政府の支持率とかそういうの調べてるのもこの会社。ほら、人材派遣会社でしょ。

よく、朝日新聞とかNHKの調査とか共同の調査とかって統計やアンケート見るでしょ。ああいうのも、竹中平蔵が会長のパソナとか、関連のランスタッド、それから麻生太郎の弟がやってる麻生ヒューマニーセンターなんかが委託しされて統計出してるんだって。

朝日新聞社とかNHKが調べたのかと思ったら、ほとんどの場合が違うんだよね、竹中平蔵のパソナなわけ。

ようするに、竹中平蔵のパソナが、自由にアンケートや出口調査を操作出来るんだよね。
人材派遣会社(パソナ)が嘘の報告したら、委託した大元は、そのまま受け取っちゃうでしょ。

で、支持率何パーセントとか民意はこうですと放送したり新聞が書いたりしてる。

しかも、期日前投票の受付までやってる。

期日前投票といえば、小泉内閣の時に、期日前投票の法律を変えたんだけど

それまで期日前投票は2重に封筒に入れて上に署名する手続きが取られていて、不正が出来ないようになっていたのね。
憲法には『投票の秘密』っていう条文があるから、誰が投票したのか特定出来ないように、期日前投票の投票箱を当日の投票に混ぜる条項が付いていたのね。

それを小泉政権の時に、2重に封筒に入れて上に署名するという手続きを無くして、当日投票と同じように書いて投票箱に入れるように法律を改正したのね。簡略化とかいって。

普通に投票箱に期日前投票が入っていたら、鍵開ければ見れるし、鉛筆で書いてあるから書き換え可能でしょ。

その上で、期日前投票の投票箱を当日の投票に混ぜる条項をそのままにしたわけ。
これ、期日前の投票で不正があるのをバレないようにするためだよね。

だって、期日前投票だけ別に開票したら、不正がバレるでしょ。

その期日前投票の法律改正を行ったのが2003年で、パソナの竹中平蔵も内閣の一員として法案に関わっているのね。

当時何があったのか?というと、ブッシュ政権が、大量破壊兵器があると嘘ついてイラクを空爆したでしょ。
で、明らかな憲法違反なんだけど、無理矢理自衛隊を戦争に従軍させたのね。

で、そういうのに反対してた人たちが議員さんの中にも沢山居たのだけど、不正選挙で無理矢理落選させたわけ。

小泉・竹中が登場する前の2000年の選挙と比べると、今回の衆院選では1600万票くらい減ってるのね。そういうのに反対する票が。
リンク 

だから、この頃からテレビで開票が始まる前の午後8時に当選確実が出て、覆らなくなったの。

午後8時って、まだ全然開票作業してないですよ。
ふつう午後9時くらいから始まるはず。

でも、当選確実が出て、そのまま当選しちゃう。例外は、ほとんど無い。

それまでは、当確が出ても、やっぱり違いましたとかあったじゃない??
各社横並びじゃ無かったし。
でも、現在は、そういうのほとんど見ないでしょ。

期日前投票が見れるようになって、完璧に選挙が操作出来るようになったんだと思うのね。

なんでそんなこと出来るの??

国政選挙の80%を株式会社ムサシという会社が仕切っていて、残りの20%もグローリーという会社がやっていて、実質的に2社が選挙におけるほとんど全て、紙から投票箱から選挙カーから仕分け機、受付の機会から係数機にいたるまでを独占してるのね。

だから、やろうと思えば何でも出来る仕組みになっているんですよ、この国。

今回の衆院選は、700億かかったのだけど、竹中平蔵のパソナに300億払ってるから、1000億かな。
これ、全て国民の税金ですよ。
国民の税金使って、自分たちの首を締めているっていう、ものすごく笑えない話。

不正選挙させないためには、期日前投票の方法を元に戻して、当日投票は、その場で投票して、その場で数える。

複数の監視カメラで監視して、その場で実況中継する必要があると思うよ。

絶対に不正選挙出来ない選挙の投票と開票方法とは?
リンク 
------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 299675 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_300095
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
300212 「法の支配」は幻想にすぎない。司法も【米国隷属】なのだ。 15/01/14 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp