否定脳(旧観念)からの脱却
299974 大人は無能を自覚し、子どもたちに学ぼう
 
今村恵 ( 32 大阪 母 ) 15/01/07 PM03 【印刷用へ
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」294733を読み、自分は豊かさが実現され私権圧力がとっくに衰弱している中で生まれたというのに、頭の中は旧い邪魔な私権観念に塗れていること、日常キャッチする不整合感も未知への探究心や追求力も自分より子どもたちの方がよっぽど優れていることに気づきました。

気づいてからは、自分の無能さを自覚し、子どもの発想や着眼点に学び、一緒に追求を楽しんでいます。むしろ、安易に自分の知っている答えを与えてしまうことが子どもの力を奪う害なんだと日々実感しています。

先日、論語を音読していた小2の娘が、
「論語って、なんで“子曰く”ばっかりなの?どういう意味?」
と聞いてきました。

つい、それはね・・・と言ってしまいがちですが、答えを言ってしまっては「へえそうなんだ」で終わってしまいます。

「なんでだろうね?どういう意味だと思った?」
と問いかけ、でてきた答えに対してまた問いかけたり矛盾をついたりすると、自らたくさんの仮説を考え、結果的に
@“子”とは、論語を書いた人が尊敬している、親か師匠のような存在だろう
A師匠が日ごろ言っていた、みんなの役に立つ言葉を忘れないように、他の人に伝えるために論語を書いたのだろう
という仮説を導きました。

(※師匠と弟子という具体的な関係を表す言葉はわからなかったのですが、自分の好きな“聖闘士星矢”の“カミュ”と“氷河”みたいな関係じゃ?とひらめいたのです。)

お互い、きっとそうに違いない!という気持ちですごくすっきりして、さらに娘は
「もっと何回も読んで、書いている内容もわかるようになりたい。なんで書こうと思ったのかも知りたい」
と、ますますやる気になって読んでいます。

好奇心のかたまりである子どもは、自分なりに未知なものを追求してそれを親と共有しようとします。

本来、子どもの感じるたくさんの不整合感(疑問や好奇心)は、乳児→幼児→学童と大きくなるごとにその対象世界を拡げてゆき、まわりの家族や仲間と追求充足を繰り返すことで観念力も追求力も磨かれていくはずですが、まわりとの充分な追求充足がないと、思考停止して簡単に答えをほしがるようになってしまいます。

秩序が崩壊している現代で、子どもたちが真っ当にのびのび追求して答えを出せる大人になっていけるかどうかは、旧観念に染まった今の大人たちが、“教える教育”によって子どもたちの不整合感を出来合いの私権観念で簡単に中途半端に整合して、追求停止させてしまっていることを自覚し、まず大人が今まで疑いなく蓄積した常識や知識を立ち止まって問い直し、自分が発想しなかった子どもたちからの疑問に感謝して一緒に追求してゆく姿勢に転換できるかにかかっていると痛感します。
 
  List
  この記事は 294733 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_299974
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
子どものお仕事も、お役立ち名人になること♪ 「感謝の心を育むには」 15/06/23 AM08
子どもは、親を広い対象と繋いでくれる 「男と女の職場話」 15/01/23 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp