法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
299675 2014衆議院選 不正選挙まとめ
 
匿名希望 14/12/29 PM09 【印刷用へ
年末の衆議院選挙は自民党の圧勝ということになっています。
しかし、巷の情報では今回も不正選挙の疑いが数多く報告されています。
ここ数回の国会議員選挙を通じて、数多くの不正疑惑が報告されており、状況証拠だけでも「クロ」の可能性が高いと考えています。
直近の不正選挙関連記事をまとめてみました。皆さんはどうお考えですか?

●上天草市選挙の怪:衆院選投票率50%(無効票2000票)、市長選投票率76%、同じ投票所で衆院選だけ投票しなかった人が26%もいる?
リンク
衆院選と同日行われた市長選。同じ投票所で、衆院選だけ投票しなかった人が26%もいる?
いるわけない。衆院選は、低投票率を偽装した不正選挙。票がどっさりと捨てられている!?


●次世代の党への不正選挙の実態が激写された! リンク
選挙管理委員会の担当員によって田母神候補や他の次世代の党のメンバーの名前の書かれた用紙がたくさん取り扱われていた。それをこの参観人が実写した。
ところが、目の前で取り扱われたものとは異なり、ずっと向こう側の棚にすでに枚数の決まった(つまり、結果の決まった)数だけのカウント済みの用紙が入れられていた。
ところが、その中に、今目の前で収集された用紙が入れられることはなかった。


●次世代の党、0時1500票が最終では381票に!舐めてるのか! リンク
0時の開票速報で伏見区の「次世代の党」は1500表と発表されています。
それが、最終的に381票に成っっていた。まるで、誰も、開票速報を見ていない、何をしてもわからない、と思っているのか。


●【不正選挙】日本全国開票ミス=あちこちで辻褄の合わない結果が発生している リンク
岡山市、票確定3時間20分遅れ 衆院選開票 県内で集計ミス相次ぐ
韮崎市、富士吉田市、笛吹市 投票者多く発表、二重にカウント…ミス相次
養父市、投票箱に用紙残ったまま…
高松市で投票用紙117票不明


●【不正選挙の状況】入り口(開票作業)から出口(集計・出口調査)まで押さえられている リンク
そもそも麻生太郎の「アソウヒューマニティセンター」が出口調査を担当して、安倍晋三一族が大株主の「ムサシ」の集計機で票を数え、竹中平蔵が代表をつとめる「パソナ」が実際の開票作業を担当するという入り口から出口までを押さえてている現在の状況ではなかなか証拠もでにくい。


●有権者の観覧を事実上禁止する開票所。許されるのは記者クラブだけ リンク
有権者が投じた票が正しく処理されているか。それを確認するのは当然の権利だ。公職選挙法(第69条)によれば、開票の参観を求めることができる。
職員は「ロープの内側に入らないで下さい。入れるのは報道機関(記者クラブ)だけです」と、事務的に告げた。さも当然のような口調だった。
ここの住民ではない記者クラブ員は入れて、税金を払い選挙権のある住民が入れない。記者クラブが権力の一角を占めていることは、疑いようのない事実だ。事実上、記者クラブ以外の観覧を認めないというのであれば、不正選挙はやり放題となる。あまりに理不尽だ。


●テレビ東京の緊急1000人アンケート「安倍政権いつまで続いてほしいか」⇒「すぐに終わってほしい」がダントツ1位 リンク
自民圧勝のはずが、テレ東アンケートでは「安倍政権すぐに終わってほしい」が1位に! 選挙の結果と正反対に。さすが池上彰です。


●不正し放題 リンク
投票用紙には、鉛筆で書くようになっている。
→ 鉛筆では、いくらでも、消して書き換えられる。
投票用紙を受け取るときに、身分証明書が必要ない。
→ これでは、誰かが、票を、購入などして、別人が投票してもまったくわからない。
投票箱を公表していない。
→ 自分の票が、きちんと、書いたとおりにカウントされているのかどうか、わからない。


●米大統領選挙での不正の有無を巡っての裁判で、不正プログラミングを作成したCPUプログラマーが証言。調査官曰く「自動票数計算機を信じる人がいたら、脳みそを検査してもらったほうが良い」 リンク
2004年12/13米国オハイオ州で、大統領選挙の不正の有無を争点に裁判が行なわれた。
証言に立ったのは元NASA勤務のCPUプログラマー、クリントン・ユーゲン・カーティス氏。
「2000年10月、下院議員トム・フィーニー氏のために不正選挙用試作プログラムを作った。
そのプログラムを彼ら(ブッシュ側)は大統領選挙に使った。
実際の投票はどうであれ、結果は51:49になるようにプログラミングされていた。
このプログラミングの不正を選挙管理委員会や州管理委員会が見つけるのは絶対に不可能であり、其れ(不正)を証明するにはプログラムの「ソースコード」を入手して、実際の得票数と比較する以外に不可能である。」と証言した。
 
  List
  この記事は 299273 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_299675
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
301230 絶対に不正選挙出来ない選挙の投票と開票方法とは? 匿名希望 15/02/15 PM10
300523 2014衆院選の集計で不正、ミスが多発。ズサンすぎる。。。 匿名希望 15/01/24 PM03
300150 日本の政治家に足りないこと1位は?〜当事者が国家統合を担う参勤交代の可能性〜 宮田将司 15/01/12 PM01
300096 参政権という罠(選挙監視権→国民に決定権は与えられていない) 匿名希望 15/01/10 PM10
300095 【不正選挙】不正選挙の話題を広める方法 宮田一郎 15/01/10 PM10
299933 一番簡単確実な不正選挙の手口 若槻 宏明 15/01/06 AM08
299780 選挙後の自民の暴挙政策一覧と物価上昇する食品 匿名希望 15/01/01 PM03
299750 【不正選挙】衆院選で存在しない1000票を集計 仙台 宮田一郎 14/12/31 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp