学者とマスコミが人類を破滅に導く
298896 ウクライナのザポリージャ原発(ヨーロッパ最大)で事故が発生 Thu.2014.12.04
 
孫市 ( 38 宮城 会社員 ) 14/12/06 PM09 【印刷用へ
カレイドスコープ(リンク)からの引用です。
--------------------------------------------------


ウクライナのザポリージャ州Enerhodarにある原子力発電所(ヨーロッパ最大の原子力発電所。世界では3番目に大きな原子力発電所)で、先週の水曜日、事故が発生していた。
--------------------------------------------------
「ウクライナの原子力発電所で事故が起こった」とウクライナのアルセニー・ヤツェニュク首相

(ハフィントン・ポスト 現地時間 12/03/2014 6:26 am)

(ロイター)
ウクライナのアルセニー・ヤツェニュク首相は、水曜日、南東ウクライナのザポリージャ(Zaporizhye)原子力発電所(NPP)で事故が起こったことを受け、エネルギー相に記者会見を開くよう求めた。

「ザポリージャ(Zaporizhye)原子力発電所で事故が発生したことが判明した」とヤツェニュク首相は、新任のエネルギー相、Volodymyr Demchyshynに、いつ、問題が解決されて、どんな手順でウクライナ中に、通常の電力を復元できるのかを明らかにするために。

インターファクス通信・ウクライナは、「問題は、No 3ブロック(1000メガワットの原子炉)で起こった。結果として、出力不足を招き、ウクライナの電力危機を悪化させた」と報じている。
「そのブロックの原子炉は、12月5日には正常な状態に戻るだろう」とインターファックスは付け加えた。
--------------------------------------------------------

ウクライナのエネルギー相: 「原発のアクシデントについては心配無用」

(ロイター 現地時間 Wed Dec 3, 2014 10:30am)

(上のハフィントン・ポストの記事の続き)

1986年にウクライナのチェルノブイリ原発で起こった爆発と火災(世界最悪の核事故)は、人為的ミスによって引き起こされ、
一連の爆発は、放射性ダストの雲を北西ヨーロッパ全域に渦巻くように運んだ。

フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は、金曜日の事故後、異常な数値の放射能は検知されていないと語った。また、原発近くの人口や環境に、まったく危険性はないと伝えた。

「キエフにあるフランス大使館の屋根に、二つのセンサーを設置しているが、何ら異常なシグナルは出ていない」と、IRSNの中央・東ヨーロッパ担当のミシェル・チョウハ氏はロイター語った。

インターファックス通信は、(トラブルが起こった)1000メガワットの原子炉は、今回、影響を受けた原子炉建屋の中に格納されている、と報じている。

オーストリアの首都・ウィーンにある国際原子力機関(IAEA)は、この事故についての緊急コメントは特にない、ということである。


--------------------------------------------------------

事故は金曜日に起こったが、5日後の水曜日に公表

いちばん早く情報が出るのが、ロイターのツイッターです。

また、ウクライナ・・・・それも、原発事故が起きたのは、なんと先週の金曜日。昨日、水曜日まで公表しなかったわけです。


ウクライナの首相は「問題ない」と言っていますが、信用に値しません。

ウクライナで原発事故の模様。 風向きは10600メートル以上の風は、今朝から日本に向かってます。偏西風です。

ウクライナと日本の距離 8181km GPVの偏西風のスピードをおおよそ 65キロとすると約126時間。約5日。
時速100キロだとしても 3日はかかります。家に引きこもる準備が必要かもしれません。原発事故はたいしたことないという報道がありますが、信じないように。

しばらくは経過観察。
 
  List
  この記事は 298124 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_298896
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
298897 ウクライナ原発事故の影響?九州の線量が上がっています Thu.2014.12.04 孫市 14/12/06 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp