共認運動をどう実現してゆくか?
29834 超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/05/01 PM07 【印刷用へ
全ての生物は、環境(外圧)に対する適応態として存在する。そして環境(外圧)が変化すると新しい環境(外圧)に適応すべく新しい最先端の可能性へと収束し、やがて新しい機能が生み出されると、古い諸機能は新しい環境に適応し得る最先端機能の下に収束することによって、全体が再統合される。

一般に生物にとって最大の外圧⇒課題は、敵生物との外敵闘争であり、従って闘争機能の進化を中心とする闘争能力の機能進化が、先端機能=統合機能の進化の主軸となる。
その他にも、この闘争(能力)適応から発展した集団(統合)適応という様式があり、これもごく一般的な適応様式である。例えば哺乳類etcに顕著な序列本能も闘争圧力に対応した集団(統合)適応の進化形であり、また、霊長類に固有の共認機能も、この集団(統合)適応の進化形である。
しかし、生物の適応様式は実に多様で、例えば共生(取引)適応という様式も、比較的よく見られる適応様式である。(注:共生とは相互利用の関係であり、異種間の取引関係であるとも云える。)

社会統合の問題を考える上で、『統合様式とは、何よりもまず、外圧(≒闘争圧力)に対する適応様式である』という大前提を決して忘れてはならない。
例えば、国家は闘争系の集団(統合)適応の原理に基づいた存在であるのに対して、市場はその闘争からの抜け道としての共生(取引)原理に基づいた存在であり、両者は適応原理という最も深い所で根本的に異なった存在であることを、(傍観者たる学者からの受け売りの様な、底の浅い概念を使ってあれこれ考える以前に)しっかりと認識しておく必要がある。

また、最近の議論の中心になっている『評価指標』を考える際にも、『闘争圧力に対する適応様式=統合様式』という視点が不可欠で、その認識を欠けば、「そもそも評価指標とは何なのか」訳が分からなくなる。
例えば、哺乳類でも霊長類でも、評価指標となっているのは上記の「力or能力」を判断する認識機能そのもの(云わば、モノサシが本能や共認内容として肉体的に備わっている)であり、人類の私権時代も同様に「力の序列」を制度化・観念化した身分(肩書き)というモノサシが使われている。

更には、次代の認識闘争・評価闘争の指標として想定される投稿資格(or評価ポイント)も明らかに能力序列の指標であり、それも含めて、全ては能力序列という統合原理に基づいていることが分かる。
それに対して、お金という評価指標だけが異なっているが、それはお金の母胎を成す取引or交換という方法が、闘争(能力)適応や集団(統合)適応とは異なる、共生(取引)適応(この取引関係は、闘争関係からの抜け道である)の原理に基づいたものだからである。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_29834
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
288089 生物も会社組織も国家も市場も同じ「外圧適応態として、可能性に収束し、統合される」 鈴木茜 14/03/07 PM08
247150 略奪集団は力の原理(= 集団統合適応)と性原理(共生取引適応)の対立構造を持つ 志水満 11/03/14 PM05
246918 生物は、外圧適応原理(本質闘争能力適応と共生取引適応)としては常に全体が統合されている。これは人類集団も同じ。 志水満 11/03/09 PM11
242184 国家は闘争系の集団(統合)適応の原理に基づいた存在 →管・仙石民主党の「裏取引(抜け道)」では統合できない center_axis 10/12/14 AM02
239197 共生取引適応だけでは生存できない だるま 10/10/10 PM10
237045 闘争(能力)適応と共生(取引)適応の違いを、「進化」の軸で見る。 永峰正規 10/08/31 AM01
237010 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応 コータロー 10/08/30 PM00
236851 評価指標の転換可能性 KITUNE 10/08/27 PM04
231385 新しい機能と古い機能 中村淳子 10/05/09 AM00
231288 状況認識を広げ・深めることで、今よりも答えに近づける! ば〜ちぃ♪ 10/05/07 PM04
228507 次の社会に抜け道はありえない。 やまと 10/03/18 AM11
227229 人類の共生(取引)適応の発現はどこから? だるま 10/02/26 PM06
227149 共生適応の「市場」は、その原理から自己規制が出来ない。 猪飼野 10/02/25 PM00
225889 生物一般の共生(取引)適応と市場の共生(取引)原理の違い。 長谷暢二 10/02/05 PM06
225880 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応 関谷啓太郎 10/02/05 PM02
224947 【幹図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 みのり 10/01/23 PM07
224498 人々を充足させる能力主義 小西良明 10/01/17 PM05
224478 現在を総括し、闘争圧力に適応した新たな統合様式の確立が不可欠。 ちわわ 10/01/17 PM00
224458 共生取引適応の何が問題か 山田真寛 10/01/17 AM02
222027 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応 小林雅志 09/12/16 AM09
シリーズ 環境問題の核心=「国家と市場」 を超える可能性を考える? 「地球と気象・地震を考える」 09/10/07 AM08
213575 適応するのか 抜け道をゆくのか が決定的に違う 匿名希望 09/08/25 PM06
213232 金融危機はお金が評価されすぎた結果による。 今井勝行 09/08/20 AM00
210059 統合様式=適合様式 匿名希望 09/07/03 PM09
210005 【図解】超国家・超市場論2 闘争適応と共生適応 新川啓一 09/07/03 AM00
209974 これからは『投稿ポイントor投稿資格』という評価指標が活力源 向芳孝 09/07/02 PM06
209934 集団(統合)適応 と 共生(取引)適応の根本的な違い りんいちろう 09/07/02 AM01
206721 「まず、市場(景気)の回復!」では、国家はガタガタのままである 西村真治 09/05/17 AM01
206681 外圧に対する適応様式の王道とは 金木洋平 09/05/16 PM08
206679 世界共認のイメージ 斎藤一浩 09/05/16 PM07
206646 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 川井孝浩 09/05/16 AM09
206538 国家と市場の違いがよく理解できました。 越見太士 09/05/14 PM10
206348 共認社会とは、外圧を直視する時代 星埜洋 09/05/12 PM03
206124 今後の市場の枠組みは国家によって決まる? 田村正道 09/05/09 PM03
206120 市場におけるお金の意味 岸良造 09/05/09 PM00
206109 金の力によるごまかしも終わりになる 山本豊 09/05/09 AM03
206094 【図解】共生(取引)適応の指標であるお金は、闘争(能力)適応の為の指標とはなり得ない 佐藤晴彦 09/05/08 PM10
204901 「評価指標」は統合のための状況認識 鈴木康夫 09/04/22 AM01
204862 構造がわからないからといって(現象)事実を否定してはならん かなめんた 09/04/21 PM07
204836 市場は国家の安定なしには存在出来ない 熊澤敬輔 09/04/21 AM11
204798 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 本田真吾 09/04/20 PM08
204662 お金は、「力or能力」を判断する評価指標とは異なっている? 匿名希望 09/04/18 PM08
204653 市場は外圧に適応しているのか? 雪竹恭一 09/04/18 PM05
204588 超集団において「評価指標」が必用となる理由 西谷文宏 09/04/17 PM07
204065 統合機能を有しない評価指標に、振り回されてきた・・・ 谷光美紀 09/04/10 PM08
204049 資本主義国家は市場で統合されているわけではない 佐々木尊一 09/04/10 PM05
203043 婚姻制も外圧に対する適応様式である R 09/03/28 PM01
202657 大前提に立ち返り考えなくては答えはでない 浅野信夫 09/03/22 AM03
201049 【幹図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応 谷光美紀 09/02/27 PM11
200504 国家の変質⇒新たな統合機構へ わっと 09/02/24 PM08
200292 【図解】闘争(能力)適応と共生(取引)適応 コスモス 09/02/22 PM08
200284 『お金という評価指標だけが異なっている』とは? 大森義也 09/02/22 PM05
198861 市場原理と序列原理は相反するもの 渡邊真也 09/02/02 PM09
198803 金融危機は、抜け道である市場の限界を示した 斎藤一浩 09/02/01 PM08
198733 抜け道である市場が支配していた? ざしきわらし 09/01/31 PM10
195392 もともと原理が違うのだから市場に社会は統合する力はない 匿名希望 08/12/21 AM10
195325 みんなが評価した仕事にお金が払われている? ユミ 08/12/20 PM08
195185 図解初体験 funnybunny 08/12/18 PM11
194887 評価指標とは常に、外圧に向かう闘争能力によって規定される 宮本昇 08/12/15 AM02
192739 市場という抜け道は当然、本道ではない √177√ 08/11/20 AM02
192734 お金だけ? 匿名希望 08/11/20 AM01
192725 お金という物差しはただの抜け道だったとは! 匿名希望 08/11/19 PM11
192716 お金より言葉 ビッグバンアタック 08/11/19 PM09
192712 これからの評価軸 匿名希望 08/11/19 PM09
192600 国家と市場の関係 林大喜 08/11/18 PM06
“彼ら”の制度的ゴールであり真の意味での世界支配の始まりである「新世界通貨」 「晴耕雨読」 08/11/09 PM06
191433 国家と市場を包含した統合様式 川井孝浩 08/11/04 PM02
191391 複層社会を統合するための評価指標は何か? 国道12号 08/11/03 PM09
191279 取引は集団を破壊する可能性を持っている 山田翔吾 08/11/02 AM01
191264 人間であるべきか、人であるべきか? (´・∀・`) 08/11/01 PM11
191257 「お金」は、統合適応様式とは別軸に存在していた。 樋口卓也 08/11/01 PM10
190414 市場社会は幻想の世界 神家佳秀 08/10/23 AM01
190161 問題に立ち向かうこと。 いけがみ 08/10/20 PM01
189070 突破口は、最先端機能である観念機能にかかっている。 匿名希望 08/10/06 PM10
189068 外圧と統合 禿靖彦 08/10/06 PM09
189057 国家と闘争 エウロパ 08/10/06 PM07
187998 新たな闘争適応様式の確立は日本にかかっている。 かなめんた 08/09/28 PM10
187282 外圧に適応できる力を身につけよう☆ jiashi 08/09/25 AM11
187268 我々は覚悟を持って国家を諦められるか? 金澤良 08/09/25 AM06
187219 【図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? ひろいち 08/09/24 PM09
187096 現代の評価指標は同化能力の再生がカギになる base 08/09/24 AM09
184988 評価指標さえはっきりすれば、社会は統合されていく☆+゜ 山田純子 08/09/07 AM02
184422 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 末廣大地 08/09/01 PM10
184416 お金は、社会統合の評価指標(統合機能)とはなりえない! 福田尚正 08/09/01 PM08
184316 金持ちが評価高いわけではない タカブリッジ 08/08/30 PM11
183260 「お金」に代わる評価指標が「投稿資格」となるのはなんで? 越見源 08/08/13 PM11
179326 根本的な適応原理が異なる市場に国家が浸食されている 渡辺卓郎 08/06/17 PM04
179310 『市場拡大』が適応可能性にならないのはなぜか?! 吉川功祐 08/06/17 AM03
179166 市場とお金に代わる評価指標 山田徹 08/06/14 PM04
179101 市場が戦争を起こすのも パンダマン 08/06/13 PM02
178729 集団は何かしらの序列原理で必然的に統合される。 むはひふ 08/06/08 PM08
178724 「市場は社会を統合する機能を持たない」理由がやっとわかってきました 西村典綱 08/06/08 PM07
178719 認識を獲得するにも国語能力は重要! たっぴ 08/06/08 PM06
178713 本能や共認は、力・能力を認識する機能であり評価指標でもある 麻丘東出 08/06/08 PM04
178024 闘争適応と集団適応の外圧状況の違い とみー 08/05/31 PM08
177669 国家間の統合に対するスタンス シャドウスピア 08/05/28 AM09
177624 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 小島貴愛 08/05/27 PM10
177615 闘争(能力)適応と共生(取引)適応のちがいは? 前田一成 08/05/27 PM09
177614 国家と市場の関係は共生関係そのもの ハリケーンミキサー 08/05/27 PM08
177612 逃げちゃダメだ りメンバーカカロット 08/05/27 PM08
176230 共生(取引)適応では、統合できない。 中村英起 08/05/12 AM10
176114 生物の共生(取引)適応と人類の共生(取引)適応 近藤文人 08/05/10 PM09
176110 市場・・・歪んだ共生“取引”適応 こうた 08/05/10 PM07
176057 苫米地英人著 『洗脳支配』を購入してきました。 Silentservice 08/05/09 PM11
176054 金貸しはどこへ? 斎藤裕一 08/05/09 PM10
175976 「超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応」を読んで 菅野敬子 08/05/08 PM11
174224 圧力適応と共生適応の統合 笠原光 08/04/16 AM06
174127 同種間の共生(取引)適応だから統合されない 志水満 08/04/14 PM00
174002 国家と市場の関係、そして両者の限界 STP 08/04/12 PM01
173972 統合(=適応)するとは、外圧(闘争関係)に正面から適応してゆく可能性を見出すこと。 彗星 08/04/11 PM10
173971 市場=同種間の共生(取引)適応は、自然の摂理からの抜け道 越見源 08/04/11 PM10
173815 抜け道 長谷川文 08/04/09 PM10
172750 統合機能を持たない市場が評価指標を握ることの危うさ 野田雄二 08/03/20 PM00
170559 圧力の違いに規定される共生適応の支配度〜一般生物と人類の違い 大森義也 08/02/09 AM00
170554 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応 山名宏明 08/02/08 PM10
170201 現在の外圧とは、金貸し市場を守ることではない 村上祥典 08/02/02 PM03
170188 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応の違いという切り口で選挙を構造認識 小澤紀夫 08/02/02 AM10
170131 評価指標 菅野敬子 08/02/01 PM01
170107 集団適応の進化形 ぶぶ 08/01/31 PM10
170076 国家と市場の違いは「私権闘争圧力」に対する適応原理の違い 田中瑠衣 08/01/31 PM04
168671 共生になるには、闘争という過程を踏む 関谷啓太郎 08/01/08 PM03
165540 社会不全の原因は統合様式と外圧のズレ 磯貝朋広 07/11/19 PM00
163934 真の外圧を捉えねば(小手先となり)再統合できない 津田大照 07/10/21 PM08
163914 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 宮本昇 07/10/21 PM01
163533 共生原理は、国家を滅ぼす 中村英起 07/10/15 PM10
163529 「闘争適応」と「共生適応」の意味 向芳孝 07/10/15 PM09
163516 地方財政破綻と共生(取引)適応 八代至誠 07/10/15 PM06
163508 何であれ民営化という騙し わっと 07/10/15 PM03
163499 「共生(取引)適応=市場」は何も解決せず、ただただ問題を生み出すのみ。 大森義也 07/10/15 AM02
163396 「外圧=内圧」に向かうために必要なこと 大森義也 07/10/13 PM09
163188 「共生」が胡散臭いのはなんで? 田中直人 07/10/10 PM08
163164 抜け道は所詮抜け道。 玉川泰行 07/10/10 PM03
162456 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 福田尚正 07/09/30 PM08
162454 刻々と変化する時代の評価指標を見極めなければ組織も人も淘汰される 福島健 07/09/30 PM07
162293 身分とお金の評価指標としての違い? STP 07/09/28 PM10
161987 底の浅い概念に振り回されないっ!! 谷光美紀 07/09/24 PM02
161980 市場という共生適応と生物の共生適応の違い 加藤弘行 07/09/24 AM10
161918 お金に縛られて統合不全に陥っている企業。 ちわわ 07/09/23 PM03
160712 国家・市場ともに社会統合圧力の先端機能ではない 匿名希望 07/09/08 AM00
160703 【幹図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 磯貝朋広 07/09/07 PM10
160696 外圧を捉えないと、答えは出ない 田中瑠衣 07/09/07 PM09
160681 私権圧力に共生適応しているのが市場 小林雅志 07/09/07 PM05
160676 淘汰されるのは・・・? 鍛冶屋 07/09/07 PM04
159661 自己中は生物の摂理に反している 小松由布樹 07/08/24 PM10
157057 お金が持つ2つの評価指標 2U 07/07/17 PM10
新世界通貨 「晴耕雨読」 07/07/04 PM00
新世界通貨 「晴耕雨読」 07/07/04 PM00
154879 市場が共生適応と言えるのはなんで? 下城浩一 07/06/21 AM11
154846 共生原理(市場)の行方 07/06/20 PM11
151999 外圧に適応できてるか否か、常にそこに立ち戻ってしか進化できない。 谷光美紀 07/05/19 AM02
151996 序列はみんなの評価で決まる めぐみ☆ 07/05/19 AM01
151273 適応様式の次元でマスコミは道を誤っている1(近代思想) 07/05/09 PM11
149492 外圧に対峙しない限り新しい機能は生まれない 石川笑美 07/04/15 PM08
148941 アメリカはすでに国家機能を失っている 本田真吾 07/04/08 PM06
148029 市場は外圧適応の進化の流れに逆行する。 永峰正規 07/03/26 AM01
148020 「市場」の発現元とは? 小林雅志 07/03/25 PM10
147936 市場拡大前提で市場どうする!?・・・・なんら答えはでない 塩貝弘一郎 07/03/24 PM08
145786 国家と市場は共生関係、ではマスコミは? 宮本昇 07/02/25 AM00
145686 共認動物にとって「評価指標」は外圧適応機能進化の加速装置 303 07/02/24 AM03
145685 【能力序列】って絶対に必要なものなんだ!! 倉橋利弘 07/02/24 AM02
143545 市場に身を委ねて統合課題は担えない 二力 07/01/28 AM02
143004 統合のための最先端機能を獲得する 北川和秀 07/01/21 PM09
138183 何故、武力(集団統合)は市場(共生取引統合)に負けたのか 野田雄二 06/11/22 PM07
137201 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応 STP 06/11/11 PM10
137177 統合様式とは、何よりもまず外圧(≒闘争圧力)に対する適用様式 越見源 06/11/11 PM08
137158 アメリカの金融支配が弱まっている 不見天 06/11/11 PM05
137155 国家はどう変わるか? 斎藤裕一 06/11/11 PM05
136498 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 赤澤功 06/11/04 PM07
134319 市場の中でのネット社会への期待 木橋哲夫 06/10/14 PM11
134263 「再チャレンジ!」とその矛盾 峯川満章 06/10/14 PM06
134261 市場は共生(取引)適応を越えて国家を蝕む寄生物 匿名希望 06/10/14 PM06
134216 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応 是永恒久 06/10/14 AM10
134190 共生(取引)適応の市場は、暴走する適応様式である。 新井弘 06/10/14 AM02
133850 何のために社会を統合するのか? 山田純子 06/10/11 PM01
133155 【図解】国家と市場の成立構造の違い 橋口健一 06/10/05 AM02
133103 「超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応」 図解 浅見昌良 06/10/04 PM08
133093 共生(取引)適応の定め〜共生生物はそれ自体では生き残れない〜 HAYABUSA 06/10/04 PM07
133085 生物の適応原理は社会の閉塞状況を端的にあぶり出してくれます。 原田昭雄 06/10/04 PM04
133061 統合に向かわないのは絶滅種 新川啓一 06/10/04 PM00
132657 【図解】超国家・超市場論2 闘争(能力)適応と共生(取引)適応 山田真寛 06/09/30 PM10
130548 集団を超えた同類闘争を統合できないから共生(取引)適応。今のネット世界も同じでは? 冨田彰男 06/09/11 AM00
130500 『闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応』の図解化 大森義也 06/09/10 PM00
130406 外圧に対する適応様式という視点でみると、お金の本質が見えてくる 佐藤晴彦 06/09/09 AM11
130404 闘争(能力)適応と共生(取引)適応の関係図解 星埜洋 06/09/09 AM11
130402 評価指標(価値)の位置鮮明になりました。 岸良造 06/09/09 AM10
129996 私権時代の人類は外圧適応態とはほぼ遠い存在だ 磯貝朋広 06/09/04 PM11
129988 市場は単独では成立しない 橋口健一 06/09/04 PM09
129958 市場はとにかく寄生しなければ、それ自体では存在出来ない。 匿名希望 06/09/04 AM11
121640 忘れてはならない大前提 匿名希望 06/06/16 PM06
114556 集団適応?それとも共生適応? 藤澤仁 06/05/18 PM11
114140 大前提を決して忘れてはならない 匿名希望 06/05/17 AM00
110327 新しい指標は・・・ 匿名希望 06/04/26 PM11
109795 ODAは共生取引なのか? 尾曲圭介 06/04/24 PM11
109335 下からの圧力 base 06/04/20 PM01
109329 生きる意味の問われる現代においての統合先 555-666 06/04/20 PM01
109311 闘争能力、共生能力 32 06/04/20 AM09
109262 国家と共生原理 匿名希望 06/04/19 PM00
104435 「市場における共生適応」について質問 走馬灯 06/01/22 PM10
104390 国家がうまく機能しなくなっているのは 宮島明子 06/01/21 PM10
102013 みんなが生きる場をみんなで作り上げていく! 山田純子 05/12/04 PM10
96536 社会自体が共生(取引)原理と化してしまっている恐ろしさ 澤根和治 05/08/28 PM00
95868 統合という機能が、集団適応としての終着点であり、原点でもある 篠田悟 05/08/11 PM09
94708 市場における闘争ってあるのか? 磯貝朋広 05/07/17 PM10
93931 形骸化した評価と共認された評価 蝦夷穴 05/07/04 PM11
92900 漠然と市場経済は、世界を統合すると感じていたのは? 岸良造 05/06/18 AM10
92867 抜け道をくぐってきた結果、見えてきたもの 大森義也 05/06/17 PM08
92557 抜け道思考からの脱却 柳瀬尚弘 05/06/12 PM05
92486 外圧適応態であるための構造認識 吉川功祐 05/06/11 PM01
92481 抜け道思考からの脱却 柳瀬尚弘 05/06/11 AM06
92214 統合様式とは外圧対する適応様式 峯川満章 05/06/07 AM00
92089 市場原理の導入は望ましいか 坂本日出夫 05/06/04 PM11
92064 統合原理から外れた国家機構は何の役にも立たない 小林雅志 05/06/04 PM10
90832 国家に共生する市場のように、集団に共生(取引)適応している人 竹村誠一 05/05/16 AM01
88561 タブーとしての性市場 小林有吾 05/04/08 PM10
87440 「変われなければ滅亡しかない」という当り前の認識 松下直城 05/03/16 AM11
87203 もっと視野を広く持ちたいなら… 綾木順子 05/03/11 PM11
82861 場の転換。新市場こそ社会共認の場か? 山田真寛 04/12/20 AM01
30286 企業は市場内の闘争圧力適応体 山田真寛 02/05/07 PM09
30273 貧困の圧力は何であったのか? 津田大照 02/05/07 PM03
30270 解脱の圧力 匿名希望 02/05/07 PM01
30252 市場のはじまりって? アイスクリーム 02/05/07 PM00
30235 二つの適応様式 鈴木隆史 02/05/07 AM03
30185 市場の圧力源がおかしい 鈴木康夫 02/05/06 PM10
30165 共生原理と支配、被支配との関係 丸一浩 02/05/06 PM08
30162 お金の可能性 石橋直樹 02/05/06 PM07
30078 市場が外圧となってしまったのか 高利 02/05/05 PM02
30077 取引・交換は、豊かさの追求を大衆化するのための手段ではなかったか? 田村正道 02/05/05 PM02
30071 認識を課題化。 一力広明 02/05/05 AM01
30051 市場の共生原理適応とは 今井勝行 02/05/04 PM06
30021 市場=共生(取引)原理とは 安冨啓之 02/05/03 PM07
29980 取引関係・市場について 山田渉 02/05/03 AM00
29963 集団(統合)適応と共生(取引)適応は調和する 冨田彰男 02/05/02 PM11
29949 共生(取引)適応とは、外圧低下によって可能な適応原理である 村田貞雄 02/05/02 PM10
29943 市場の関係=共生関係? 野田雄二 02/05/02 PM09
29937 闘争と共生の関係についてです。 笠原光 02/05/02 PM08
29936 「共生適応」を生み出した闘争圧力の中身 吉国幹雄 02/05/02 PM05
29924 協働のために必要な要素 〜共生と闘争〜 林昭光 02/05/02 AM03
29920 農村社会の結と市場について 馬場康一郎 02/05/02 AM01
29917 解脱需要から認識需要へ 本田真吾 02/05/02 AM01
29913 「認識」ヒエラルキーから始まる再生 西谷文宏 02/05/02 AM01
29909 市場の共生原理は平等の原理と捉えていいのか? 坂本和久 02/05/02 AM00
29905 進化論の可能性 斎藤幸雄 02/05/02 AM00
29868 共生の捉え方 山本豊 02/05/01 PM11
29864 共生適応についての感想 大森義也 02/05/01 PM10
29863 闘争圧力と適応様式 馬場真一 02/05/01 PM10
29858 観念による認識闘争における能力序列 長谷暢二 02/05/01 PM10
29846 統合原理と共生原理って 笠原光 02/05/01 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp