西洋医療と東洋医療
298108 人間ドックなどの日本独自の検査ビジネスで病気がドンドン作られていく現実
 
宮田将司 ( 20代 鹿児島 会社員 ) 14/11/19 PM10 【印刷用へ
人間ドックや脳ドックなど日本にしかない検査ビジネスが存在し、それによって病気が作られているのは由々しき事態です。一つでも多くの事実を発信していく必要がある感じました。

以下、zeraniumのブログリンクより引用します。

***以下引用***
○トランス脂肪酸  
米国では製造販売が禁止。その別名は”キラーオイル”。戦後、50万人のアメリカ人が”殺された”。これはプラスチック化された人工油のことで、心臓病や糖尿病、発ガン、認知症などを起こす。欧州でもトランス脂肪酸を主成分とする「マーガリン」が世の中から姿を消した。

○殺虫剤ネオニコチノイド
EUではこの農薬は使用禁止に。ミツバチを大量死させた殺虫剤ネオニコチノイドは日本では「ブドウ」に使用されており、最悪でEU基準値の500倍が残留している。小児はブドウ一房で神経毒の急性中毒を起こす。

○老人骨折
1日1切れ以上のチーズを「食べると」、大腿骨骨折のリスクは4倍に急増。同じく牛乳では2・1倍、牛乳製ヨーグルトでは3・5倍、1日3杯以上のコーヒーでは3・2倍のリスクがある。

○加工デンプン
天然のデンプンと化学薬品を反応させて合成したもの。これは自然界には存在しない”化学合成物質”。日本人は平均で年に3キロも食べている! 専門家は「遺伝子組み換え食品よりも怖ろしい」と警告する。

○医療の9割は不要
「現代医療で必要なのは、全体の1割の救急救命医療のみ。それ以外の9割の医療は慢性病には無力。薬害で病気を悪化させ死なせている。医療の9割が地上から消えれば、人類は健康で幸福になれる」(R・メンデルソン医師)

○薬物療法
薬物療法・アロパシーはロスチャイルド家が発達させたドイツの医療制度。体に自然な治療法のすべてを禁止し、化学薬品や危険な外科手術などを強制した。

○臨床論文
科学性が認められる臨床試験は3分の1のみ。それ以外の3分の1は臨床試験すら行なっていない。残りの3分の1はカルテにない捏造データを使用。全体の5分の1は不正確な分量でごまかしている。(FDA:米食品医薬品局)

○人間ドック
他の国にはない日本独自の”奇習”。検診信者は全国で300万人。その目的は病人狩り。その内、94%は”異常”とされて病院送りになる。「高血圧は本当は気にする必要はない」とは、ドック学会理事長の本音。降圧剤など不要なのだ。

○CT検査
日本のがん患者の10人に1人は、CT(コンピューター断層撮影)によるX線被爆で発がんしている。被爆X線量はレントゲンの最低でも300倍。精密検査や3D撮影は被爆量が青天井となる。

○脳ドック
日本以外の国には存在しない検査ビジネス。脳動脈瘤を「すぐ破裂する」と過大の脅しとともに開頭手術を急かせる。結果、手術死、重症マヒ、水頭症など後遺症が多発する。

○がん判定のあいまいさ
現代医学にがん細胞の定義はない(近藤誠医師)。細胞病理医は朝に「がん」と断定した標本を、夕方には「がんでない」と言ったりする! 知らぬは告知される患者のみ。

○定期健診 
「発がん性の危険のある胸部X線検査を国が強制している。もし拒否すれば雇用主は罰金で、拒否した従業員は解雇。これらの健康診断に、予防効果は一切ない」(岡田正彦博士 元新潟大教授)

○子ども用風邪薬
PL配合顆粒薬 非ピリン系の総合風邪薬に添付されている文書には、以下の副作用が警告してある。「劇薬」「呼吸停止」「ショック」「中毒性皮膚壊死症候群」「肺炎」「突然死」「腎不全」「催奇形性(奇形を発生)」「筋肉融解(筋細胞内の成分が血中に流出)」

○ボラギノール 
テレビCMでおなじみの、痔の治療薬。成分は強力外科用麻酔薬リドカインで、ただの痛み止め。副作用はショック、不整脈、意識障害、悪性高熱。治療薬でもなんでもない。

○バンテリン
テレビの宣伝を見て気楽に使うのは怖い。成分は消炎鎮痛剤。安保徹博士(元新潟大)は「医者が薦めても絶対に断れ」と警告する。血流阻害で知覚を麻痺させるだけで、その後さまざまな病気の元凶となる。

○精神安定剤
米国でもっとも売れている精神安定剤「ジアゼパム」の適応症は不安、疲労、うつ状態、感情の激しい動揺、ふるえ、幻覚、骨格筋のけいれん。しかし同時に「副作用」も同じく不安、疲労、うつ状態、感情の激しい動揺、ふるえ、幻覚、骨格筋のけいれんだ。もはや笑うしかない。

○抗がん剤
もっとも多用されている抗がん剤のルーツは、化学兵器の「マスタードガス」。発がん死亡率は通常の41倍。肺がんは50倍。それを抗がん剤という薬に仕立てたのはロックフェラー財団。それを作り出した研究者はノーベル賞を受賞した。

○前立腺がん
日本人では悪性はわずか2%。残りの98%は良性(いわゆる「がんもどき」)。前立腺がんは菜食・小食で改善する病気なのだ。

○”ニセ”がん告知
早期胃がん(欧米では「異形上皮」とされ、がんではない)、大腸粘膜がん(同じく「異形成」で無治療が普通)、ポリープがん(やはり「高度異形成」)。日本人の患者は騙されている。

○乳がん
ただの乳腺症を”乳がん”とだまして乳房を切除する悪徳医が横行している。全摘は”証拠隠滅”のため。子宮がんも9割は良性”上皮内がん”なのに全摘されている。

○無治療のすすめ
「がん治療を受けた人の余命は3年、受けなかった人は12年6ヶ月。4倍以上長く生きる」(H・ジェームズ博士)  抗がん剤、放射線、手術でがん患者は”殺される”のだ。

○輸血発がん
輸血の42%はがん患者に行なわれている。輸血は臓器移植と同じ。免疫力を低下させるので発がん、再発を促す。喉頭がんでは輸血組は再発が4・6倍増になった。

○血液製剤吸血ビジネス
輸血同様に血液製剤も有害無益。1グラム700万円もする製品もある。副作用は肝炎などの感染症のほか、肺水腫、心不全、薬物ショックなどの死亡例。絶対に断るべきだ。

○安保理論
がんは低血流、低酸素、低体温で起きる。がん細胞はエネルギー源を酸素から解糖系に変えて生き延びる原始細胞だ。だからストレスを避け、血流、酸素、体温の改善で治っていく(安保徹博士)

○マクガバン報告
米国人は「高カロリー、高たんぱく、高脂肪、高精白、高砂糖」の”5高食”でがんになっている。食事の改善で、発がん、死亡率を約2割減らせる(米国議会上院栄養問題特別委員会5000ページからなる膨大な調査報告書 1977年)

○チャイナ・スタディ
摂取する動物たんぱくを、10%から20%に増やすと発がん率は11倍。5%を20%にすると約20倍に。動物たんぱくは、史上最悪の発がん物質である(2005年)。
***以上引用終わり***
 
  List
  この記事は 298045 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_298108
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp