歴史データ
298080 惣村が現在の村落の原型
 
高梨俊寛 ( 52 島根 プランナー ) 14/11/19 AM03 【印刷用へ
現在に見られる村落は鎌倉末期に発生した惣村が原型となっています。
それまでの血縁関係による集団から、大宝律令により、村落は一旦消滅し、この惣村により再統合されることになります。

以下 黒田裕樹の歴史講座リンクより

鎌倉時代末期から室町時代にかけて、畿内(きない)やその周辺地域では、荘園領主や守護、あるいは盗賊(とうぞく)に対する自衛のために地域的な村落(そんらく)が自然発生し、やがてそれらは農民たちによる自治的あるいは自立的な組織となりました。このような村を惣(そう)あるいは惣村(そうそん)といいます。

惣村では、結合の中心となった宮座(みやざ)と呼ばれる神社の氏子(うじこ)組織による村の神社の祭礼や、農業における共同作業、あるいは戦乱に対する自衛などを通して、村民たちの結合への意識を高めていきました。このような惣村を構成する村民を惣百姓(そうびゃくしょう)といいます。

惣村は村民の代表者で構成される寄合(よりあい)の協議に基づいて、乙名(長=おとな)、沙汰人(さたにん)、年寄(としより)などと呼ばれた村の指導者によって運営されました。また、村民は村の規則である惣掟(そうおきて、別名を村法=そんぽう)を定めたり、村内の秩序を維持するために村民自身が警察権を行使したりすることもありました。ちなみに後者のことを地下検断(じげけんだん、別名を自検断=じけんだん)といいます。

やがて惣村では、薪炭(しんたん、たきぎやすみなどの燃料のこと)や肥料用の草木(そうもく)を育てるためなど、農業生産に必要な山や野原などの共同利用地である入会地(いりあいち)を確保したり、灌漑用水(かんがいようすい)を管理したりするようになりました。

また、それまでは守護や地頭が請負(うけお)っていた年貢(ねんぐ)を、惣全体でひとまとめにして請負うという地下請(じげうけ、別名を村請=むらうけ、または百姓請(ひゃくしょううけ)も広がっていきました。
 
  List
  この記事は 297676 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_298080
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp