歴史データ
298080 惣村が現在の村落の原型
 
高梨俊寛 ( 52 島根 プランナー ) 14/11/19 AM03 【印刷用へ
現在に見られる村落は鎌倉末期に発生した惣村が原型となっています。
それまでの血縁関係による集団から、大宝律令により、村落は一旦消滅し、この惣村により再統合されることになります。

以下 黒田裕樹の歴史講座リンクより

鎌倉時代末期から室町時代にかけて、畿内(きない)やその周辺地域では、荘園領主や守護、あるいは盗賊(とうぞく)に対する自衛のために地域的な村落(そんらく)が自然発生し、やがてそれらは農民たちによる自治的あるいは自立的な組織となりました。このような村を惣(そう)あるいは惣村(そうそん)といいます。

惣村では、結合の中心となった宮座(みやざ)と呼ばれる神社の氏子(うじこ)組織による村の神社の祭礼や、農業における共同作業、あるいは戦乱に対する自衛などを通して、村民たちの結合への意識を高めていきました。このような惣村を構成する村民を惣百姓(そうびゃくしょう)といいます。

惣村は村民の代表者で構成される寄合(よりあい)の協議に基づいて、乙名(長=おとな)、沙汰人(さたにん)、年寄(としより)などと呼ばれた村の指導者によって運営されました。また、村民は村の規則である惣掟(そうおきて、別名を村法=そんぽう)を定めたり、村内の秩序を維持するために村民自身が警察権を行使したりすることもありました。ちなみに後者のことを地下検断(じげけんだん、別名を自検断=じけんだん)といいます。

やがて惣村では、薪炭(しんたん、たきぎやすみなどの燃料のこと)や肥料用の草木(そうもく)を育てるためなど、農業生産に必要な山や野原などの共同利用地である入会地(いりあいち)を確保したり、灌漑用水(かんがいようすい)を管理したりするようになりました。

また、それまでは守護や地頭が請負(うけお)っていた年貢(ねんぐ)を、惣全体でひとまとめにして請負うという地下請(じげうけ、別名を村請=むらうけ、または百姓請(ひゃくしょううけ)も広がっていきました。
 
  List
  この記事は 297676 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_298080
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp